悪ノ大罪 悪食娘コンチータ  悪ノP(mothy)


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今回の本は、悪ノPさんの「大罪シリーズ」二番目に位置する物語です

「悪食娘コンチータ」

akuno20130921_02

 

 

 

 

・グーラ病登場

今回、「悪ノ娘」でも出て来た謎の病である「グーラ病」が登場です
感染経路から症状、治療方法まで明確に描写されています
治療方法と書きましたが・・・これといった方法、実はありません
「異物が魅力的な食べ物に思えて食べてしまい死亡」という病である事は分かりますが・・・
明確な治し方はアビスIRでも分からないようです
唯一の方法は、十年間、常に胃袋を食べ物で満たして異物が入る余地を与えない事、だそうです

・今回のアビスIR

なんと男です
でも赤い猫を肩に乗せています、そこは変わりません
大罪の器「グラスオブコンチータ」を巡り
彼(彼女?)は今回も暗躍します

・謎の双子

「アルテ」と「ポロ」という双子が登場します
いつの間にかそこにいます
・・・本当です
本当にいつの間にかコンチータ嬢の傍に仕えています
楽曲を知ってはいますが、双子の描写はあまりなかったので・・・
この性格とこの活躍は意外でもあり
また、ツボにはまりました

・これがコンチータ嬢です

なんと、生まれたままの姿から登場です
赤ん坊なので当然ですね
・・・「ムラムラジャコタスポポポ」じゃなくて良かったですね
本当に

コンチータ嬢は次にはふっくらとした姿で登場します
そんな彼女どうやって表紙のスレンダーな姿になったのか・・・
これ以上はネタバレになるので控えますが
こんなとんでもない方法のダイエットがあったら・・・
あなたなら、どうします?

・終わりに

双子について触れましたが
この二人、実は大罪シリーズのキーパーソンだったりします
この二人にも注目して読み進めてください

ではまた

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ