悪ノ大罪 五番目のピエロ  悪ノP( mothy)


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今回も悪ノPさんの大罪シリーズの一冊について取り上げます
前回紹介した「眠らせ姫からの贈り物」の続編でもあり
舞台裏でもある物語です

「五番目のピエロ」

 

work_1-05_11

 

 

・お母さん

孤児院で少年レミーを引き取る「一番目のサンタクロース」ですが・・・
こんな一面があったのかと驚きました
元の楽曲を聞いた当初は、てっきり・・・
言い方は悪いのですが「使える駒の一つ」程度にしか思っていない物と
勝手に推測していました
ところが、その予測は覆されました
彼女、かなり真剣に愛情を注いでいます
実の親子と言われても、おかしくないくらいです

・5番目のピエロ

引き取られた少年レミー、彼が今回の物語のキーパーソンです
「悪食娘」で出た双子の片割れの転生だそうです
が、それ以外は普通の暗殺者の少年です
彼が娼婦を襲って回っていた理由も
明らかになります

・ペールノエル

今回、この組織に本格的にスポットが当たります
「一番目のサタクロース」がわざわざ組織を立ち上げて
一体何がしたかったのか・・・・
それも明らかになっていきます

・決闘

物語の最後の方で、ついにエルルカとアビスIRとの間で
決着が着く決闘が始まります
かなり見ごたえのある戦いが繰り広げられると同時に
アビスがかなり本気でレミーを愛している事が垣間見られます
本当に、今回の彼女には驚かされます

・終わりに

「リンチャン」も出るので、彼女が好きと言う方は必見です

今回でエルルカとアビスIR、そしてグーミリアには
かなり大きな動きがあります
古代の魔導王国崩壊の一因である出来事も
詳細が明らかになります

大罪シリーズが好きと言う方もこの本から入るという方も
ぜひ、手に取ってのめり込んで下さい

ではまた

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ