魂追い (角川ホラー文庫) 田辺 青蛙, 文倉 十

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今回は前回の妖怪ものの面白い小説、その続編を紹介します

「魂追い」

魂を捕まえる匠と妖鬼の少女の巡り合いです

41mmoi5jhbl-_sx357_bo1204203200_

 

 

 

・皐月

今回も活躍します
主人公ですから
今回、彼女にも大きな動きが出ます
巻き込まれて振り回されるのはいつも通りです

・魂追い

今回の物語の中核とも言うべき職業です
死んだ生物の魂を捕まえて売るという匠です
捕まえた魂は墨に溶かされたりして
作品の製作者の役に立つそうです

・縁

魂追いの少年です
今回、皐月と出会ったことにより
彼女と行動を共にする事になります
そして彼のために皐月は
奔走するハメになります
行動する前によく考えて欲しいと思った読者は
少なくないはずです・・・

・亜矢

トリックスターです
少女の亡霊ですが、とある出来事で
肉体をある意味得ることに成功しました
やらかします
悪戯レベルで済むこともしますが
かなり笑えないこともしでかします
この子のおかげで縁も皐月も
かなりの苦労を強いられる羽目に・・・
もう亡霊と言うより悪霊に近いかもしれません
というか、悪霊ですね・・・

・終わりに

今回、皐月たちは里を出て
旅をします
旅先でも出会いが別れがあり・・・
そしてかなり振り回されます

ホラー文庫ですが、怖くなく、むしろほっこりする物語です

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ