糖尿病の7歳、治療させず死亡


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

大変痛ましい事件が起きてしまいました

糖尿病の7歳、治療させず死亡

栃木県警は26日、今年の4月に体を触る行為を治療と称し、糖尿病だった栃木県宇都宮市の 7 歳の男児に
インスリンの注射を受けさせずに死亡させたとして、
殺人容疑で下野市の会社役員・近藤弘治容疑者( 60 )を逮捕したと発表しました
男児が1型糖尿病であるにも関わらず医師による治療など適切な措置を講じないまま放置、
「 悪霊を払う 」などと称して男児の足や腹を触るなどの行為を繰り返した事により
今年4月27日に糖尿病による衰弱で男児は死亡したそうです

・1 型糖尿病

膵臓のすい臓のランゲルハンス島β細胞が破壊され、インスリンが分泌されないという糖尿病です
インスリン注射が不可欠な病です
治療とかいうお話では無く、インスリン注射が無ければ生存できないのです

・悪霊を払う

近藤弘治容疑者は「 悪霊を払う 」と称して男児の足や腹を触るなどの行為を繰り返しました
それだけならここまで事態は悪化しなかったでしょうが
彼は男児へのインスリン注射をやめさせてしまいました
まだ彼がどういった考えでインスリン注射をやめさせたのかまでは判明していませんが
彼のこの行為は一人の命を奪ったのです

・200万円

近藤弘治容疑者は、男児の悪霊を祓った謝礼として両親から200万円以上を受け取っていたそうです
両親はどう思っていたのでしょうか?
普通は「おかしい」と思うべきですが・・・
彼等は金を支払い、我が子の生存に不可欠なインスリン投与も中止してしまいました

・両親は

保護責任者遺棄致死が適用されるため、県警はこちらの起訴も視野に入れているとの事です

宗教がらみだと思われますが
結果として男児の命は永遠に失われました
彼の未来も奪われました
これは殺人です

男児の冥福をこの場を借りて祈ります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ