漫画家の水木しげるさん死去、93歳


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

昭和の偉人が、また一人、世を去りました

20151130aaaa無題

漫画家の水木しげるさん死去、93歳

「ゲゲゲの鬼太郎」「のんのんばぁとオレ」などの作品で知られる
漫画家の水木しげる(本名・武良茂)さんが
30日午前7時18分に東京都内の病院で多臓器不全のため死去されました
93歳でした
水木しげるさんは1922年生まれの鳥取県境港市出身
1943年に召集され現パプアニューギニアのラバウルへ出征し、従軍中に米軍の空襲で左腕を失いました
1946年に復員し、紙芝居作家を経て1958年「ロケットマン」で漫画家デビューされました

・「ゲゲゲの鬼太郎」

水木しげる先生の代表作とも言うべき作品です
何度もアニメ化されており
妖怪を扱う人気漫画として有名ですね

同じく妖怪を取り扱った作品「のんのんばぁとオレ」はドラマ化もされました
当ブログでも扱いましたので、よろしければ記事を御覧ください↓
記事はこちらです(クリックで飛びます)

・戦争体験

妖怪を扱った作品で有名な水木しげる先生ですが、自身の戦争体験を取り扱った作品もあります
「総員玉砕せよ!」「コミック昭和史」「水木しげるのラバウル戦記」など、
戦争を告発する作品でも名作を残されました

余談ですが、「のんのんばぁとオレ」には子供達が軍隊ごっこをしているシーン等があり
戦前の子供達がどんな生き方をしていたのかが描かれています

・水木しげるロード

水木しげる先生が幼少期を過ごした鳥取県境港市では
1993年に「水木しげるロード」が完成しました
鬼太郎や妖怪のブロンズ像を並べたものです
また、2003年には「水木しげる記念館」が建てられました

2010年には妻の武良布枝さんが書いた自伝「ゲゲゲの女房」がNHK連続テレビ小説として放映されました
1991年に紫綬褒章、2003年には旭日小綬章を受章された10年文化功労者でもあります

エビシャコ自身、「ゲゲゲの鬼太郎」には幼少時より慣れ親しんできました
水木しげる先生の描かれる世界観が好きでした
今頃、十万億土で妖怪たちと幸せに暮らしていると信じて
この場を借りて、お悔やみを申し上げます
どうか、安らかに

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ