王将社長射殺事件、遺留物DNAが暴力団関係者のものと一致


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

悲惨な事件に進展がみられました

王将社長射殺事件、遺留物DNAが暴力団関係者のものと一致

餃子で有名な王将フードサービスの社長が射殺された事件で
現場付近で見つかった遺留物から採取されたDNAの型が、
九州の暴力団関係者のものと一致したことが判明しました
また、現場周辺で確認された不審な軽乗用車も九州地方の暴力団関係者の所有であることが分かりました

 

・王将社長射殺事件

2013年(平成25年)12月19日早朝、京都市山科区の王将本社前に
大東社長が自身で運転していた自動車付近に倒れているところを発見されました
社長は病院に発送されましたが死亡が確認されました
何者かに銃で撃たれ、殺害されたと見られています

・進展

事件前には犯行後の逃走に使われたとみられるバイクと、
九州のナンバープレートをつけた車が現場付近を走っていた事が判明しています
これらの車両は併走する姿が防犯カメラに映っていたそうです
今回、現場付近で見つかった遺留物から採取されたDNAの型が、
九州の暴力団関係者のものと一致したそうです

・しかし・・・

現場付近で見つかった遺留物から採取されたDNAの型が九州の暴力団関係者のものと一致したことが
分かりましたが、遺留物は暴力団関係者の犯行への関与を直接結びつける証拠とはならないそうです
警察は今後、暴力団のある九州の警察本部と協力し慎重に捜査を進める方針とのことです

人一人の命が奪われたこの事件は、日本で銃が使用された恐ろしい事件でもあります
犯人の動機は何なのでしょう?
捜査の進展と犯人の逮捕が待たれます

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ