「グアンタナモ基地」の現状


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

キューバとアメリカの間に存在する問題のお話です

「グアンタナモ基地」の現状

アメリカとキューバは長年国交を断絶してきましたが
去年、国交正常化交渉を開始すると表明しました
それから1年経ち、今年7月には国交は回復しました
ですが、キューバにある「グアンタナモ基地」の問題は手つかずのままだそうです

・グアンタナモ基地

グアンタナモ基地は、キューバの南東部にあるアメリカ海軍基地です
同時多発テロを受けて、2002年に「グアンタナモ収容所」が開設され、
それ以来、国際テロ組織「アルカイダ」や「タリバン」に関連しているとされる人々が
収容されています
このグアンタナモ収容所は、テロリストやその関係者の収容所としても有名ですが
軍による収容者への虐待の疑いや、拘束の法的な根拠が明確ではない事などで
内外から強く批判されています

・行方

アメリカのオバマ大統領は「私の閉鎖に向けた決意は揺らがない。アメリカとして、ふさわしくない。グアンタナモは閉鎖すべきだ」
と語り、収容所閉鎖に意欲を見せています
ですが、国内への移設案には「テロリストの奪還作戦の標的になりかねない」として
野党や共和党を中心に議会が強硬に反発しています
「基地として戦略的価値は低い」とされながら、収容所の収容者の行き先が
決まらないため、返還の議論になかなか進まないのが現状だそうです

後から開設された収容所のおかげで閉鎖が進まないと言うのは
なんとも言えません
収容所が無ければすぐに閉鎖が決まったかもしれませんね
キューバ側とも話し合い、閉鎖が進むといいですね

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ