カフェイン中毒死  カフェインが血中濃度、致死量

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

みなさん、カフェイン入りのエナジードリンクは好きですか?
エビシャコは味が好きでたまに飲んでいます
ですが、やはり飲みすぎは要注意のようです

カフェイン中毒死  カフェイン血中濃度、致死量

21日、「エナジードリンク」と呼ばれるカフェインを含む清涼飲料水を大量に摂取した
九州の男性が死亡した問題で、福岡大(福岡市)は解剖の結果、
カフェインの血中濃度が致死量に達していたことが分かったと発表しました

 

・中毒死

男性は20代前半で、ガソリンスタンドで深夜から早朝まで勤務していました
眠気覚ましとして1年以上前からカフェイン150ミリグラム程度を含む
エナジードリンクを飲んでいました
亡くなる約1週間前から家族に体調不良を訴え、吐くこともあったそうですが
昨年のある日、午前11時半ごろ大量に嘔吐し寝込んでいたそうです
その日の午後4時ごろ、家族によって意識を失った状態で見つかり、死亡が確認されました

・カフェイン

解剖の結果、男性の血液1ミリリットルから致死濃度(79~567マイクログラム)に当たる
182マイクログラムのカフェインを検出しました
胃からもカフェイン錠剤の粉末が見つかった事で、福岡大は中毒死と結論づけました

・致死量

血中濃度から推定される経口摂取による致死量は3000ミリグラム(3グラム)程度だそうです
血中濃度が半分に下がるのは3~6時間後で、短期間に大量摂取すると頭痛やめまい、嘔吐などの中毒症状が表れます
カフェイン錠はビタミン剤などと同じ「第3類医薬品」などとして市販されており、
1錠でコーヒー2杯に相当する100ミリグラムを含んでいる物もありますが
より多くのカフェインを含む商品もあります

・初の死亡例

厚生労働省によると、過去10年間にカフェイン中毒による死亡例はないそうです
久保教授は「自分の知る限り国内初の死亡例。
エナジードリンクを大量に飲んだり、カフェイン錠を併用したりすると、
知らないうちに血中濃度が高くなり中毒になる可能性がある。
アルコールと同時に摂取すると、カフェインを分解する能力が低下し危険だ。
注意してほしい」と話されました

アメリカではレッドブルの飲み過ぎで心臓が破裂したという事例が報告されています

カフェインにも致死量が存在しており、
致死量は3000ミリグラム(3グラム)ということです
この記事を御覧の皆様、カフェインの摂取には十分気を付けてください

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ