深圳市土砂崩れ 67時間ぶり男性救出


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

中国で起きた大事故の続報が入って参りました

深圳市土砂崩れ 67時間ぶり男性救出

23日朝、中国広東省深圳市で起きた大規模な土砂崩れの現場で
約67時間ぶりに土中に埋まっていた男性1人が救出されました
現場で生存者が救出されたのは初めてだそうです

・救助

救助されたのは重慶市から出稼ぎに来ていた田沢明さん(21)で、
骨折や皮膚の壊死はあるものの、意識はしっかりしていたそうです
救助されるまでの間、周囲にあったヒマワリの種などを食べて
飢えをしのいでいたとの事です
崩れた建物の隙間であったため空気を確保できたという点も幸いしました

・土砂

今回崩れたのは、現場に蓄積されていた廃棄された土砂であり、
元々あった山肌などは崩れていないそうです
「人災だ」と非難する声は日に日に強まっています
また、この現場では地域住人が危険性を何度も訴えていましたが
取り上げて貰えなかったという情報もあり、
危険性は以前から指摘されていたという事が窺えます

・難航

救助作業は、現場の土砂の性質から難航しています
行方不明者は91人に上ると報じられており、
依然として70人以上が行方不明のままだそうです

被災者の生存率が大幅に低下するとされる72時間は過ぎており、
行方不明者の家族からは進まない救助に焦りと苛立ちが強まっているとの事です

一刻も早い行方不明者全員の救助が急がれます

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ