トンネルの天井モルタル落下 千葉・君津


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

あわや大惨事の大事故が起きました

トンネルの天井モルタル落下 千葉・君津

23日午前8時10分頃、千葉県君津市広岡の国道410号の全長91・3メートルの
トンネル「松丘隧道」で、天井部分のモルタルがはがれ落下しました
落下した部分は長さ約20メートル、幅約5メートル、厚さ約10センチで
重さは約23・5トンでした

 

・思い出されるのは

今回のモルタル落下で連想されるのは、9名の方が巻き込まれ亡くなられた、
2012年12月に中央自動車道の山梨県の笹子トンネルで天井板が崩落した事故でした
今回は幸い、巻き込まれた人や車はおらず、死傷者はいないとの事です

・対策は・・・

13年2月に実施した安全点検で松丘隧道の老朽化が明らかになったため、
14年6月から古いモルタルを削るなどの工事をしていたそうです
そして、落下したモルタルは1カ月ほど前に吹き付けたばかりだったとの事です

23日は、午前0時から午前5時頃まで通行止めにした上で
モルタルの上にコンクリートパネルをつけるための基礎工事をしていたそうです
午前5時30分頃に通行止めを一部解除して片側通行にしましたが、
午前8時10分頃、交通整理人がモルタルの落下に気付きました
「大きな音がした」との目撃情報もあるそうです

県は事故原因を調べているとの事ですが、
一歩間違えれば大惨事につながっていました
今度こそしっかりと原因を突き止めた上で
再発を完全に防いでほしいですね

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ