円尾坂の仕立屋  悪ノP(mothy)


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今年最後の更新は
あの大罪シリーズの最新作です

円尾坂の仕立屋  悪ノP(mothy)

今回の舞台はエヴィリオス地方のはるか東、
「蛇国」と呼ばれる江戸時代の日本のような
文明の国の「鬼が島」が舞台です

 

thum09

 

・仕立て屋

仕立て屋の主である首藤禍世(スドウ・カヨ)が今回のキーパーソンです
楽曲を御存知の方は展開がすでに読めているかもしれませんが・・・
物語の冒頭で、彼女が凶行に走ったきっかけ・・・というか
心が壊れてしまった原因が語られます

・主役

今回のお話は、禍世が持っていた大罪の器「鋏」に宿る悪魔(?)と
前回の暴発でかなりアレな状態になっている
エルルカの会話と言う形で進みます
そして、エルルカも今回のお話で大きな変化を起こします

・桃太郎?

「鬼が島」という時点で、もうアレなわけですが・・・
外国との交易をしたり、異人館が建てられたりと
貿易の拠点みたいな感じの島です
かつての日本で言う所の、長崎の出島と言ったところでしょうか

ですが、何故か今回の対悪魔陣営のメンバーが
桃太郎&犬&猿&キジな感じです・・・
完全に桃太郎ですね
まさか、アレを混ぜて来るとは思いませんでした

今回のお話も、大罪シリーズファンを満足させてくれるお話であると
太鼓判を押します
詳細は是非、本書を手にして読み解いてください

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ