ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 3著:ブラッドレー・ボンド+フィリップ・N・モーゼズ エンターブレイン

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上3

あのベストセラーの3巻目です
今回もニンジャスレイヤー=サンがニンジャと戦って殺します

 

61gao8lpjjl-_ac_ul320_sr228320_

 

・ダークニンジャ

ニンジャスレイヤーの妻子の直接の仇であり、
ある意味元凶と呼べなくもない人物であり、
ソウカイヤのボス・ラオモト=カンの右腕的な存在の彼が
復活を果たします
ラオモト=カンの右腕でありながら、ソウカイヤのニンジャの幹部
シックスゲイツに所属しておらず、身内のニンジャ達ですら
その正体を掴み切れていない彼へ
彼の事を快く思わない他のニンジャが刺客を送ります

巻き込まれた一般サラリーマンは容赦なく死にます
合掌! ナムアミダブツ!

今回、彼をサポートする謎のニンジャも登場します

・ゾンビ?

死者から蘇生したという、異色のニンジャが登場します
ですが、理性と知能を保っている人がいる反面、
そうでない輩もいて・・・
巻き込まれた人々は容赦なく殺されます
ナミアミダブツ!

・オハギを積む

「オハギを積む」
現実世界で言う所の「賄賂を渡す」みたいなニュアンスだと思われます
「ネオサイタマ炎上1」で出たとおり、
この世界の「オハギ」は、麻薬のような中毒性のある物があるようで・・・
オハギ中毒なるものもあるそうです
中毒になるほど美味しいのか、それとも麻薬のようなモノなのか・・・
どっちでしょうね?

 

・物語は佳境へ

次巻でいよいよ、ニンジャスレイヤーとラオモト=カンの対決です
ラオモト=カンの実力も明らかになるようです

果たして物語がどう転がって行くのか
目が離せません

ではまた

 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ