ツタンカーメンのひげ、新事実

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

この事件に続報です

 

 

ツタンカーメンのひげ、新事実

修復作業により判明した新事実です
ツタンカーメン王の黄金のマスクのひげが折れたのは、2014年8月のことです
エポキシ系接着剤を使ってこれを接着していたことが発覚したため、
2015年末に専門家が再度接着剤を取り除き、代わりに蜜ろうを使う方法で修復が行われました

・実は・・・

ツタンカーメン王のひげ問題は、王の墓が発見された1922年にさかのぼるそうです
修復後のマスク公開と同時に開かれた記者会見で、
修復チームを指揮したドイツの専門家クリスチャン・エックマン氏は
「分析の結果、マスクは発見当時、すでにひげが取れた状態で、
そのまま1946年まで修復されていなかったことがわかりました」と述べました
つまり、ヒゲは発見された時すでに折れていたという事です・・・

なお、エックマン氏は黄金のマスクの主な素材であるガラスや金属の保存の専門家で、
これまでにもペピ1世の像2体やホルス神の黄金の頭部像など、
エジプトの考古品を複数、修復・保存した経験がある方です

・なお・・・

マスクにはひげがついていますが、実際のツタンカーメン王が同じ形のひげを
たくわえていたわけではないそうです
古代エジプトでは、偽物のひげは、冥界の神オシリスと
エジプト王が同一であることを示す重要なシンボルと考えられていたおり、
ツタンカーメン王のように、先端が上を向いた偽物のひげを付けることは、神性を表していたそうです

・発見

エジプト考古相のマムドゥフ・アル・ダマティ氏は
「作業中、二つの発見がありました。一つ目は、ひげの内部に管が入っていて、
これであごに取り付けていたということ。
二つ目は、1946年の修復の際に軟質はんだが使われていたということです」
と語りました

ひげが取れた事は悲劇でしたが、これのおかげで新事実が発見されたようなものです
何が幸いするか、本当にわかりませんね

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ