天使と悪魔 ダン・ブラウン 角川文庫


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

天使と悪魔 ダン・ブラウン

映画化もされたロバート・ラングドン教授シリーズの第一弾です

・舞台はバチカン

舞台はバチカンです
根競べ・・・もとい、コンクラーベを巡る殺人事件が起きます
次々に殺される次期教皇候補者たち
その殺され方に法則を見出したラングドン教授は
犯人に迫ります

200301000482

・イルミナティ

今回の犯人とされている秘密組織の名前です
今回は、「キリスト教と対立する組織」という事で
出て来ますが・・・
果たして本当にその組織の仕業なのでしょうか?
この作者ダン・ブラウン氏は本当に読者の誘導がうまいです

・反物質

今回の中心は殺人事件だけではありません
研究所から盗み出された「反物質」も物語の中心です
何故、大騒ぎになるかと言うと・・・
現実の物質と接触した途端に一気に反応してしまうためです
簡単に言うと、大爆発を起こします
その規模は、わずかな量にもかかわらず下手な核兵器レベルなので・・・

反物質の行方も含めて終盤で謎は一気に解けます
とても良い終わり方で謎も一気に解けるため
ある種の爽快感を出してくれます

映画を全く知らないと言う方も、ぜひ本書を手に取ってみてください
推理物としてもとても面白いので

ではまた

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ