ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン 角川文庫


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン

こちらも映画化されているロバート・ラングドン教授シリーズです
映画化されたのはこちらが「天使と悪魔」よりも先ですが、
これは書籍では第二弾になっています

davinci1

・舞台はヨーロッパ

今度の舞台はフランスのルーヴル美術館から始まります
そこで起きた殺人事件の容疑者となってしまったラングドン教授が
身の潔白を明かすために真犯人を追いながら
謎を解いていきます

・謎

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品と、そこにちりばめられている謎が
今回のお話のキーです
お話を読みながら主人公と一緒に謎解きをするのが
楽しめる読み方と言えるでしょう

・犯人

ネタバレになるので控えますが、今回の犯人は一人とは限りません
意外な人物が真犯人であるとだけ言わせていただきます
確かにこの人物が真犯人なら、
全てのつじつまが合います
今回も読者誘導がありますので
うまく回避しつつ推理すると良いでしょう

・最後に・・・

物語の最後に、ラングドン教授はとある謎を解き明かしにかかります
キリスト教徒もそうでない人も、思わず「おお~」と思う事でしょう

この作品も前作と同じく、映画を知らない人も楽しめます
ぜひ手に取ってみてください

ではまた

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ