怪人二十面相: 乱歩奇譚 (光文社文庫)

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

以前紹介した「人間椅子」の続編が出ました

怪人二十面相: 乱歩奇譚 (光文社文庫)

今回、小林少年がさらに動きます
そのせいで友人の羽柴少年はどえらい苦労をする事に・・・

91jqinuounl

 

・怪人二十面相

正体不明の怪人物・・・・・・ではありますが
完全に原作とは異なっています
この作品では、「法の裁きを免れた罪人を断罪する人物」として
出現しています

・あの人物が・・・

アニメを御覧の方はもうご存知かもしれませんが・・・
ネタバレになるので伏せますけど
ある人物が今回の事件の中心とだけ言わせていただきます
明智さんと近い人物です

序盤で出てくる二十面相とは別人ですが・・・
序盤の二十面相の場合は・・・
まぁ、あんな目に遭ったらブチキレても当然ですね
報復された犯人も自業自得です

・ハイライト

ソウカイヤのシックスゲイツ並みの身体能力の持ち主でなくても
分かりますが・・・
非ニンジャである一般人が時計塔のような高い場所から落ちたら
どうなるか・・・・・・・です
パラシュートも救命用特大クッションも無しです
・・・答えは言わずもがなですね

ここ(時計塔の上の方)に小林少年も並ぶことになるわけですが
彼は超人というわけではなく、パラシュートもなく
そしてニンジャというわけでもありません

落っこちたらどうなるかは・・・言わずもがなです(本日二度目)

果たして羽柴少年は小林少年を救い出せるか・・・
目が離せません

原作を御存知の方もアニメでこれを知ったと言う方も
ぜひ本書を手に取ってみてください

ではまた

前作「人間椅子」レビューはこちら

 

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ