冷凍チャーハン過熱 原料米にこだわり


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

突然ですが、チャーハンは好きですか?
私はエビチャーハンが好きです
エビシャコだけに・・・

冷凍チャーハン過熱 原料米にこだわり

20160227images
米の消費減少に歯止めがかからない現在ですが、
今、冷凍チャーハンに注目が集まっているそうです
製造技術が向上したため、外食店が出す本格的なチャーハンを
電子レンジで簡単に味わえるためだそうです

・ニチレイフーズ

冷凍食品メーカー・ニチレイフーズは3月、北海道産1等米を使った
「レンジでふっくらパラッと五目炒飯」(500グラム)を販売するそうです
また、定番商品の「本格炒め炒飯」(450グラム)も同月に刷新する予定で、
焼豚を20%増量し、米のぱらぱら感を引き出すために高温熱風といった独自製法を使うそうです
同社は「冷凍チャーハンは、外食店のような本格的な味を手軽に楽しめることが受けている。
高齢者からの需要も高く、今後も確実に拡大する市場」と強調しています

・他社も

味の素冷凍食品も今月、「具だくさん五目炒飯」の具材を焼豚、卵、野菜など7種に増やしました
マルハニチロやテーブルマークなども今春、相次いで冷凍チャーハンの商品刷新に踏み切るそうです

 

・米産地も注目

各社のこうした動きに、米産地も注目しています
チャーハンなど冷凍食品に使われる米は、農家が転作で作る加工用米が多いので、米農家は無視できないのです
15年産で約2400ヘクタールの加工用米を作付けた秋田県のJA秋田おばこは
「冷凍米飯向けの米は、加工用米の中でも取引価格が高い。
産地間の競争も激しい分野だが、需要が拡大すれば期待がある」と話しています

私個人としては、見かけなくなったエビチャーハンをまたロールアウトして欲しいと思っています
エビシャコだけに

冗談はさておき、コメの消費の減少についてはゆゆしき事態と思われます
以前に見たニュースでは、弁当の米が残飯として残されてしまう問題が取り上げられていました
米一粒残さず食べている私としては信じがたい事態でした

この記事を御覧のあなた、食べ物を粗末にしてはいけません
売られているお弁当の御飯もきちんと食べましょう

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ