すしいち2


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

 

すしいち2

前回も紹介したお寿司のコミックの続刊です
今回は将軍の食事を切り抜いてレビューします

 

61q2xzdxu9l

 

・御膳所

どういう場所かと言うと、
シンプルに言うと江戸城で将軍に食事を作る所です
主人公の鯛介は、ここで働いていたそうです

 

・毒見役

将軍に出す食事を毒見する役目です
奴隷か死刑囚がやりそうなイメージがあるかと思いますが・・・
「膳奉行」という、武士がやっていたそうです
つまり、名誉職でもあったわけですね

・将軍に出される食事

さて、御膳所で作られた食事は長い廊下を渡ったり(すり足で歩かなければいけません)
毒見役による毒の有無の吟味、そして異物混入が無いかを
調べられたりして・・・
ようやく将軍の所に運ばれるそうです

もう料理が冷めきっているだろうことは想像に難くありません・・・

・実際

興味が涌いたので個人的に調べました
豪華な食事を想像しがちですが、実際は質素だったそうです
基本は一汁二菜か三菜で、血縁の忌日が多かったので月の大半は精進料理だったそうです
ただし、良質の素材を使った質素ながら上質の料理であった、と

そして食べる時も大変でした
一膳ずつ出されるのですが、肴に一箸つけるとその肴は下げられ、
新しいものと交換されて・・・更に一箸つけると、また新しいものと交換
そして、三膳目は作法により手がつけられなかったそうです

誰もが憧れる職業である「征夷大将軍」ですが、
実際になるとかなり大変な事が食事からでも分かりますね

ではまた

 

保存

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ