すしいち5


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

すしいち5

御前試合についに決着です

51y-qelfadl-_ac_ul320_sr228320_

 

 

・鰯

当時、鰯は下魚として知られたマグロをさらに下回る下魚で・・・
文字通り「掃いて捨てるほど」獲れたそうです
食用の他、家畜の飼料や燃料、さらに肥料(干鰯)にされていたそうです

鰯が嫌いではないエビシャコとしては、肥料に回すという発想が
色々な意味ですごいと思いました・・・
なお、小骨が多い事でも有名な鰯ですが
エビシャコは大小問わず骨ごとバリバリいっています
カルシウムの摂取と歯の鍛練です

・激怒

さて、鰯を出された飛鳥様・・・御立腹のあまり何と刀を抜いてしまいます
これ・・・かなりまずいです
誰がと言うと、飛鳥様が
殿中で刀を抜いて斬りかかればどうなるか・・・
忠臣蔵松の廊下の一件が示しています
大名クラスですら切腹&お家断絶は免れない、まさに御法度なのです
江戸城内においての抜刀刃傷沙汰は厳禁で、
刀を抜くことが許されたのは将軍のみでした

・抜くと・・・

では、飛鳥様の場合はどうなのかと言うと・・・
情報に照らし合わせれば切腹です
と、言うのは、江戸城内では抜刀についてはかなり厳しく
完全に抜かなかったとしても「鯉口三寸」出しただけで切腹でした
しかも上様の御前で、上様主催の御膳試合を血で汚そうとしたのですから・・・

これだけやってお咎めなしで済んだのは奇蹟に近いでしょう

・ワサビ

エビシャコの親類がいる伊豆のお話が載っていました
天城のワサビのお話です
今でもかなり有名な天城山のワサビですが・・・
江戸時代も有名で、江戸前寿司にも珍重されていたそうです

・猪

最後に猪について
当時は「山くじら」と呼ばれていたようです
鯛介さんが寿司ネタとして握っていました

どういう事か独自に調べたところ・・・
江戸時代は肉食が避けられていたため、
「猪」を「山で獲れるクジラ」と言って食べていたそうです
江戸にも「山くじら」を食べさせてくれるお店があったそうです

なお、エビシャコ個人は猪肉が好きなので
天城に立ち寄る機会を得た方には
是非とも猪肉を味わって頂きたいと思っています

ではまた

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ