機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles

Exif_JPEG_PICTURE

 

今回は一年戦争を一般の軍人で戦い抜くと言うコンセプトのゲームが
元になっている物語です

・さて・・・

元のゲームでは、女性の仲間がジオン・連邦を問わず何人かいて
良い成績を上げると好感度が上昇すると言う
恋愛ゲームのような要素があるそうですが・・・
この小説では、特に誰とゴールインしたとかいうお話はありませんでした
恋愛というより、敵味方を越えた「絆」の物語です

・屍食鬼隊(グール隊)

前回レビューした「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で」でも出ていた
キシリア閣下の配下部隊が出ます、別の部隊ですが
その名は「屍食鬼隊(グール隊)」
若者たちで構成されていますが、いつも通り論理や道徳が欠如しています
そして邪魔だと思えば友軍であるジオン軍にも平気で牙を剥いたり
武器やMSを略奪したりします
その上、仲間を盾にしたり、盾にしようとして暴れたら躊躇なくMSのコクピットを叩き潰して
無理矢理盾にしたりと、身内相手にも容赦ありません

キシリア閣下、部下の教育はきちんとしてください

・怒らせてはいけない・・・

ジオンで、かなりの腕前を魅せる女性パイロットが出ます
ジェーン・コンティ大尉です
ズゴックを駆ってジムの部隊を撃破するという戦果を上げます

ズゴックのクローでジムの腹部(コックピット)をぶち抜くという

その腕前を見た味方の面々は「味方で良かった」
誰もが思い、つぶやいたのでした・・・

所々ギャグや「絆」という熱い場面を挟んであり、
読み応えのある小説でした
ガンダムファンなら、迷わず買って読破して
損はないでしょう

ではまた


 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ