辺獄のシュヴェスタ 4


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

 

辺獄のシュヴェスタ 4

 

新キャラも増えていよいよ面白くなってきました
作中ではもうすぐ冬です

resize_image-php

 

 

 

・冬

エラ達よりも前に修道院の秘密に気付いていたコルドゥラ一行は
何故失敗したのかがより明らかになります
それは、冬越しの失敗でした
修道院の森で秋のうちに蓄えを貯めても、5人が生存できるのに十分な量の
食糧を備蓄する事が出来なかったのです

 

・エーデルガルト

彼女の目的も今回明らかになります
それは・・・
知識を自分達に集約した上で、大衆を無知なままにする事です
そしてその状態で、医学知識などを利用して患者を治す等する事で
「奇蹟」を演出していき
教会への信仰を絶対のものにしつつその状態を永く続けていく、と
はっきり言います
人類の発展と進化に対して害悪でしかない危険すぎる行為です

似たような事を「スペルバインダー」という海外ドラマでやっていましたけど
発明と技術と知識を一部の人間が独占した結果、一般人は中世農村レベル止まりな上に
肝心の技術者たちの側でも技術や知識が失われる事態が起きていました
例えば、飛行艇があるのですが、新たに作る事はおろか修理すらままならない状態なのです

さらに言うと、この当時は活版印刷がようやく始まった時代なので
現代のようにネットもコンピュータも当然ないのです
その様な状態で知識を一か所に集めたらどういう事態になるかと言うと・・・
テロや災害で教会が吹っ飛ばされたら一気に知識も技術も失われます
エーデルガルト院長の事ですから、バックアップなど当然しないでしょうし、
漏洩の危険性を考えて許しはしないでしょう

 

・ジビレ

前巻でエラたちの協力者になったコルドゥラへ手を出した上に
エラの忠告を無視したため敵と認識され
逆にハメられてそれまでの功績と右腕を失う羽目になった彼女
生きていました
生きる気力を無くしている彼女に
エラは喝を入れます

 

・カボチャ

エラたちが入手に成功した「新しい野菜」です
大陸から伝わってきたばかりで、エラたちはどういう物なのかすら分かりません
ひとまずエラが毒味しますが・・・
このあたりのエラの反応が可愛すぎるので一見の価値ありです

 

 

・クリーム様

 

o0480074712215928162

すいませんヴァニラ・アイスさん、あなたの事じゃないのですよ

1425952264

↑かといってギニュー特戦隊パワー担当の人でもないです

クリームヒルト・レンツという新キャラです
愛称である「クリーム」で呼ばれる事を好んでいるようです
一見可愛らしい少女ですが・・・
エビシャコは初見で危険な香りを感じました
彼女もエラと同じくトップ5位以内を狙っているようですが・・・
彼女、かなりの策士です
あと記憶力にかなりの自信があります
そしてチェスがかなり強いです
彼女が今後どう絡んでくるか・・・ですが
クリーム様は恐らくエラ達の敵に回る予感しかしません

e381bee381a9e3818be29886e3839ee382aee382abe38080e9ad94e5a5b320-20e382b3e38394e383bc20340

↑こういう第二形態はさすがにないはずですが

 

ではまた


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ