すしいち 6


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

生きています

まずは、更新が滞った理由の説明から入ります
実は先月末にパソコンが故障しました
幸いHDDは無事でしたがOSが故障してしまい・・・
データを自力で排出できない状態でした
やむなく近所の家電量販店に持ち込み、
パソコンの買い替えとデータの抽出を依頼しました
幸いなことに、バックアップ用にHDD(1TB)を買ったばかりだったので
それを使うことができました

今回、ようやく全てのデータが救出されました
本当によかったです
これからは毎日重要なデータはバックアップするつもりです

 

すしいち 6

 

鯛さん一行は下田へ来ました
下田に縁あるエビシャコとしては
うれしい限りです
61mf0-gimdl

 

 

 

・下田へ

主人公鯛さん一行は下田へ来ました
ここ、当時はアメリカが領事館を置いていたのですよ
訪れた鯛さん一行へ、下田奉行から
総領事ハリスに寿司を握ってほしいという依頼が来ます

 

・もう一人の「唐人お吉」

市場で仕入れを行っている鯛さん一行へ、「おサヨ」という少女が声をかけ
ハリスの好みを教えてくれます
彼、貝類が嫌いらしいです
アワビとサザエがダメというのは・・・
食わず嫌いでしょうか?
そういえば西洋の人は同じ軟体動物のタコ「デビルフィッシュ」と呼んで
忌避すると聞いていますが・・・

失礼、脱線しかけましたね
さて、そんなおサヨさんへ
いきなり「唐人」と叫んで竹の棒で殴りかかるおバカさんが出ます

08b593d2
はい、そこの命知らず
シャコパンチで凸凹(でこぼこ)にしてあげますからそこに立ちましょうね
もちろん、凸凹になるのは顔面の方です
20111210195849a73

失礼、少々取り乱しました・・・深呼吸、深呼吸・・・

続き行きます・・・彼女の災難はここでは終わらず・・・
他の人々が石などの物を投げつける始末です
はい、死にたがりの皆さま!
あなたたち全員そこに一列に並んでくださいね
ん~よく見たら趣味のあまりよろしくない着物ですね
でも、もう関係ないですね
もっと趣味が悪くなるのですから
顔面の形の方が

1298996477714

失礼、また取り乱しました・・・平常心、平常心・・・

続けますね

「お吉みたいに町から出て行け」という声を背に
お小夜さんをかばいつつ鯛さんたちは退散します

・・・・・・・・・ん? 「お吉みたいに」ですって?
ほぉ・・・あなたたちでしたか
お吉姉様を追い出したおバカさんは

aed46e91

 

 

・ハリス

失礼、またまた少し取り乱しました
平常心、平常心・・・
お小夜さんはお吉姉様の次にハリスへ
世話役として任命されたそうです

で、当のハリスは少々お太りで体調も芳しくない模様・・・
・・・「まず痩せろ!」と他の読者から突っ込まれるのも
時間の問題ですね
なお、一緒にいる通訳のヒュースケンさんはこの後の
1861年1月14日、攘夷派の薩摩藩士たちに襲撃されて死亡します

・・・エビシャコは何も指示も依頼もしていませんよ
本当ですよ
信じてください

1470923784005

 

 

・ギンダイ

 

話題を変えましょう(あさっての方を見ながら)
「ギンダイ」とは金目鯛のことです

kinnmedai1

↑こんな魚で、なんと深海魚なんですよ
煮つけが美味しいです
とくに目玉は幼いころからのエビシャコの大好物だったりします
「すしいち!」の当時(江戸末期)は「ぎんでい」「ぎんだい」と呼ばれ
どぎつい色で食べる人は少ない雑魚扱いだったそうです
・・・もったいない・・・
なお、鯛さんたちはお小夜さんが出した煮つけを絶賛していました
さすが主人公&寿司の天才児です
味がわかります

ではまた

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ