フードファイター喰いしん坊! 甲府武者修行編


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

フードファイター喰いしん坊! 甲府武者修行編

今回も「邪道喰い」が出ました

 

wg19954

 

 

・うな重

 

リザーブ選手(決戦に出る選手に万一があった時のための控え)決定戦の
うな重大食いで出ました、「邪道喰い」
実行者は「桂三四郎」

どういうものかというと、うな重のうなぎだけを食べて・・・
残ったご飯に水をかけてすすり食う・・・というものでした
1470919284009
というか・・・
それ、うな重ですから!
ひつまぶしじゃないんですよ!?
まぁ、ひつまぶしであってもアウトですけど

ひつまぶしは、まずしゃもじで4等分して
一膳目は普通に食べて、二膳目に薬味を乗せて
三膳目にお茶漬けにするのがひつまぶしの正しい食べ方だそうです
四膳目は一番お気に入りの食べ方でいいそうです

ちなみにこの「邪道喰い」は「邪道喰い」推進派のはずの当のOKFF会長も不快に感じ
即時クビを命じるほどご立腹に・・・
まぁ、見た目汚いですからね・・・

 

・精進料理

 

精進料理は胃に優しい・・・という事で
主人公・満太郎は以前に知り合った大食い僧侶の空念のお寺にお世話になります
美味しそうな精進料理の数々が出ますが・・・
量がすごいです
5日分の御飯が宿泊2日目の昼になくなったという勢いで・・・
逆に胃を悪くしそうなんですけど・・・
それより、この量を顔色一つ変えずに出す上に
満太郎の心の迷いまで吹っ切ってくれる住職さんは
本当に良い人です

ライバルのハンター錠二も同じく精進料理で胃を休めつつ
本番に備えて胃の拡張を行っています
ちなみにこちらは一回に一人前を10セット・・・

常人が真似したら絶対に胃を壊しますね

・決戦のお題は「太巻き」
今回の邪道喰い実行者は以前どら焼きでもやらかした「高丘桃子」
太巻きを2本まとめてラップに包み、おにぎりにして食べるというものです
さらに、この食べ方はジョッキに太巻きを入れて水を注ぎ
一気に飲み干すというやり方に進化します

進化しない方がまだましでした

 

・完全に自滅

 

ですが・・・
テレビ局と連携して視聴率狙い最初から桃子は捨て駒にしているOKFF会長は
勝負中に「演出」を行います
4人のテーブルの間に壁がせり上がり、相手を見えなくしたうえで
「おかわり」を用意された札を上げて主張するようにルール変更したことで
誰がどれだけ食べているのか、「おかわり」下のは誰かがまったく分からなくなりました
これによりOKFFの高丘桃子は焦って邪道喰いをして自滅します
そもそも、この演出自体が彼女にすら伏せられていたことでした
が、会長としてはもう一人のOKFF選手西山清志に賭けていたため問題なしだそうで・・・
ですが、会長はさらに余計な事をします
会場の照明を落とし、残った選手にピンポイントでスポットライトが当たるようにしたのです
で・・・閉所恐怖症だった清志は太巻きを落として会場から逃走
失格となりました
1401799707361

・策施策に・・・

この結果に「なんやねん!」と激怒するOKFF会長ですが・・・
はっきり言わせていただきます

この人、バカじゃないかと

余計な事さえしなければ少なくとも桃子は長く戦いを続けられていましたし
変な演出もしなければ清志が逃亡する事もなかったでしょう
選手たちに罪はありません
OKFF全滅は全て会長の失策が招いた結果です
というか、会長自身が選手たちを潰したようなものです
味方にフレンドリーファイアを連発する上層部とか、
前線の兵士にはたまったものではありません

 

・甲府武者修行編

 

満太郎の回想話として表題の物語が途中まで入っています
甲府の大食い大会に出るお話です
「甲州牛のワイン煮」「甲州地鶏の焼き鳥」「ほうとう鍋」といった
甲府の名物が出ますが・・・

なお、エビシャコは皮とか軟骨とかレバーとか
そういった部位が好きです
特に軟骨の噛みごたえが大好きです

決着は次回に持ち越しのようなので、入手成功したらレビューしたいと思います

ではまた

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ