フードファイター喰いしん坊! 真剣勝負編


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

フードファイター喰いしん坊! 真剣勝負編

 

気になったので過去作を取り寄せてみました
時系列的には以前取り上げた「空念の挑戦編」と「秘密兵器編」の間のお話です

 

61LG6oagn3L._SX305_BO1,204,203,200_

 

 

・それ犯罪ですから

熊田から帳簿を奪い取って勝負を仕掛け・・・次に敗北したにもかかわらず
手品を悪用して帳簿を奪い取った坂多に
TFFのメンバーが追い付き捕らえます
メンバーの一人がわざと引っかかり、他のメンバーを呼び寄せて
捕縛するという、いわゆる「おとり捜査」をしたわけです
メンバーは「わび状」と「土下座写真」を強制しようとしますが・・・
(エビシャコとしては警察に突き出した方がいいと思うのですけど)
その場に居合わせた主人公・満太郎は
「堂々と大食いでやりゃあいいじゃねぇか!!」と一喝します
満太郎さん
あなたまさか何事もそれ言えば許されるとか思ってませんよね?
法を犯した以上は法の裁きが必要ではないかと思うのですが・・・
「土下座写真」は不要だとしても

あと、エビシャコとしては、熊田は最初に帳簿を取られた時点で相手の挑発に乗らず
警察を呼ぶべきだったと思います
それにですね・・・一度でも盗みをやった輩は、また盗みを繰り返しますから
最初の目的が何であれ、次第に「盗み」という行為そのものを
目的として行うようになっていくのですよ
もうこうなると「盗み」という麻薬に中毒してしまった患者も同じで
末期状態まで行ったら施設に入って治療する以外ありません
刑務所に入れても出たらまた盗みを働くのですから
「鬼平犯科帳」でも足を洗う決意をした女スリが、
結局また人様の財布をスってしまい、一度は目こぼしした鬼平も
やむなく彼女をムショ送りにしたお話があるほど有名な心理です

絶対に盗み(万引き含む)はいけません

 

・だから、それ犯罪!

店に坂多のマジックの師匠が駆け付け、坂多を一喝します
そして、坂多の妻と子供たちも駆けつけて
坂多は涙を流し去っていきました

坂多は免許証では20歳となっていましたが、実際は42歳で・・・・・・・・・
ちょっと待ちましょうか
免許証偽造は有印公文書偽造・有印公文書行使という立派な犯罪です!
これだけでも裁判で有罪判決確定したようなものです
しっかり証人(TFFメンバー&熊田&師匠)もいるので言い逃れできません

で、坂多は改心したかと言うとそうではないんですよ
一応OKFFからは脱会したのですが、娘のOKFF選手の桃子には
「お父ちゃんを辱めた」などと逆恨みもいいところの嘘情報吹き込んでいて・・・

1355760927279
あげく、次巻の「秘密兵器編」では
自分が熊田にペテンしかけて返り討ちにされた挙句に汚い手段で帳簿を奪うという
どう見積もっても犯罪行為を一方的にしでかしたのにかかわらず
熊田VS桃子の戦いのさなかに「そいつが自分に恥をかかせた」などと言って
桃子の闘士に火をつける始末・・・
(なお、熊田は帳簿を取られたことへの復讐すらしていません

1342716883873
・・・やっぱりこういう輩に情けは無用です
刑務所にぶち込んでおくべきでしたね

 

 

・あの~・・・主人公さん?

 
TFFメンバーとその場で大食い勝負をし、制した満太郎は
「甘えを捨てろ」と一喝
チームでなく個々人が野試合をして実力をつけてOKFFに挑むことを勧め・・・
TFFメンバーは互いをライバルと認識し、バラバラに活動を開始します

ところで、よく考えてみてください
今までチームワークで連携して事を成し遂げてきた部隊が
いきなり各自バラバラになって勝手に行動して
それで強敵に勝てるでしょうか?
エビシャコはそうは思えません
というか、敵にとってはこの上なく有難い状況でしょう・・・
で、エビシャコの予測通り彼ら各個撃破されました
TFFの選手がOKFFの「喰いワン」に参加する事は当然OKFFに警戒されていましたから
妨害に遭ったりOKFF選手に撃破されたりで・・・

満太郎はこの展開を読んだ上でわざと発破かけたのでしょうか?
結果として彼らは脱落し一人も生存者は出ませんでした
喰いワンの競争相手は満太郎さんの一言で減ったわけです
これが計算づくだとしたら、満太郎さんはとんでもない策士です
イメージが180度くらい変わります

 

・今回の「邪道喰い」

「邪道喰い」ファンの皆様、お待たせしました
今回はなんと、「邪道喰い」のオンパレードです

1384877725245
余りにも多いので、特に際立ったものだけ触れます

イチゴショートケーキでは・・・実行者は「高丘桃子」
どういうものかというと、まずイチゴをジュースにして飲み干し
次にサランラップに10個包み水を足して・・・
大きな団子状にして食べる、というものでした

かつ丼では・・・実行者はOKFFに金で釣られて喰いワンに参加した4人
ハンター錠二を仕留めるため、複数ある部門からわざわざ かつ丼を選んだのですが・・・
はっきり言って、相手が悪すぎました
そもそも素人4人が太刀打ちできる人じゃないですし
踏んできた場数も違います
4人で一つを食べるとかいうのならともかく、一人一つずつがルールなので
必然的に個々人の実力で立ち向かう事になります
で、4人のプレッシャーをものともせず己のペースで食べ続けるハンター錠二に
逆に圧倒された彼らは
かつ丼に水を注いで流し込むという方法に出ます
シンプルですね

 

 

・妨害工作

OKFFは工作員を使ったり金を握らせた対抗選手を送り込んだりと
満太郎とハンター錠二を排除しようとします
際立ったのが2回戦目の「ピザ」でした
普通にピザの大食いではなく・・・「芋煮会」の大鍋の直径ほどはある
大きなピザです
もちろん一人一枚ではなく、一人1ピースという安心仕様です
まぁそれでも宅配ピザ50枚ほどに相当するわけですが
で、これにわざわざ選手たちの位置を指定し・・・
満太郎とハンター錠二にはピーマンの代わりにタイ産の青唐辛子を仕込んでいました
ピザを1/3食べるだけで喉が焼けて3日は物が通らないという代物だそうです
OKFF会長が取り寄せたそうですが・・・
そんなもの用意できるなら、激辛王決定戦でも開くべきではないかと
あと会場で売りに出せば絶対確実に売れるでしょう、多少高くしても

この後の「失策」といい、OKFF会長は目先に釣られ過ぎて失敗するタイプではないかと
思えてなりません・・・

ではまた

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ