鬼役 遺恨


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

鬼役 遺恨

今回も主人公が巻き込まれたり食中毒したりします

51KxmPFwr9L._SX345_BO1,204,203,200_

・食中毒

鯖の寿司に主人公が当たってしまいます
毒ではありません、食中毒です
ですが、主人公は料理人をかばい、壺に胃の中のものを吐き、
それを調べるように命じるだけに留めました

・・・エビシャコが思うにですね、料理人の不手際ではなく・・・
どう考えても持ってくるまでに時間かけすぎなせいではないかと
「すしいち!」でも触れていましたけど
本当に持ってくるまでの時間がかかり過ぎです
厨房で作って、長い廊下をすり足でゆっくり歩いて運び
さらに毒味して、遅行性の毒だった場合の事も考えて待機して・・・
当然、暖かい料理は冷めきってしまいます
夏場は生ものは腐って当たり前です
本当にどうにかならないんですかね、これ

・紫電に注目

私の愛機です、紫電改といいます

Kawanishi_N1K_Shiden
ゼロ戦の後継機として開発されたのですが交替は遅々として進まなかったようで・・・
あと、登場した時期があまりにも遅すぎまし(目覚ましビンタ!

げふ・・・失礼、こっちですね
紫電為五郎、加賀前田家お抱え力士の筆頭です
なんで江戸にいるかと言うと、御前試合に出るためと・・・
お抱え力士は「手木足軽」といって、藩邸の造園や荷運びなども行うそうです

・事件発生

その紫電改・・・紫電が事件を起こします
食事処(水茶屋)で酒が出ない事に腹を立て(水茶屋なのでお酒はありません)、
啖呵を切った食事処の看板娘「おしの」を張り倒し
(プロレスラーのファンサービスとかでなく、普通に攻撃です)
取り巻きの力士も大暴れ・・・
ちなみにこれ、全部主人公の矢背蔵人介の目の前で起きました
(エビシャコは用事で愛機から離れていただけなので、責任はないはずです)
1473613186499

(いたいです!)

その後、頭部を強打したことがもとで おしのは死亡
蔵人介は怒り、紫電の死罪を上に訴えますが・・・
その蔵人介へ紫電の取り巻きの手木足軽が襲撃
(何を考えているのか、刀で武装している主人公に徒手空拳で挑みかかって
全員髷を落とされます・・・
この人たちバカじゃないかと
仇討ちをしようと加賀藩邸の手木足軽の宿泊する長屋に切り込んだ
おしのの父・勘助も無残に殺されます

そして主人公の矢背蔵人介の怒りは頂点に・・・

・その後

加賀藩の萩尾調所は紫電の代わりに別の手木足軽・能登錦力丸(日本酒でありそうな名前ですが、欧州風の民宿が検索結果にヒット)の首を差し出し
そして矢背蔵人介に切腹を迫りますが・・・
当然、矢背蔵人介は断ります
そして調所は刺客として勘助を殺した介錯人・伊刈庄兵衛を差し向けますが
・・・いかんせん、実力差がありすぎました
あっさり返り討ちです
というかですね・・・忍びの集団戦法すらしのぎ切るほど強いんですよ主人公
一人で行ったら返り討ちに決まっているじゃないですか

そして、「無駄な殺生をした」と
矢背蔵人介の怒りはさらにボルテージが上がっていきます

・御前試合にて

そして御前試合が始まります
当然の事ながら紫電も出ます
そしてその場には上様と・・・上様の酒の毒味をするため
主人公の矢背蔵人介も同席しています
・・・ちょっとだけ主人公が羨ましくなったのはここだけの話です

献上酒の銘柄も気になるところですね、呑兵衛としてはぜひとも味わってみたいです

1248529105145
たぶん日本酒じゃないかと思いますよ(汗)

失礼、脱線しましたので紫電改を操縦しつつ戻ります

さて、紫電の実力は・・・本物でした
ガンガン勝ち進んでいきます
そして、上様の前で褒美を賜る段階で・・・主人公の策がさく裂します
花火を打ち上げさせて皆がそれに気を取られた一瞬の間に
紫電の傍を駆け抜けます
その一瞬で、紫電が切られました・・・「まわし」
皆が花火を見終わった頃には矢背蔵人介は何食わぬ顔で元の席に戻っており・・・
そして時間差で「まわし」が切れて・・・
結果 もろだし です!

1316963562714

相撲のルールでは、まわしが取れたら即反則負けだそうです・・・

それ以前に上様の前でモロだしはいかんです
この一件で紫電は加賀藩から放逐されます

・決着

怒りの紫電は矢背蔵人介の命を取るべく挑みますが・・・
これこそまさに矢背蔵人介の望んでいたことでした
そう、彼は紫電を許しておらず怒りも収まっていなかったのです

最初こそその巨体と勢いに圧倒された矢背蔵人介ですが
動きを見切り首に刀を突きさして紫電を仕留めます

というか・・・もう今回何度目になるか分かりませんけど
突っ込ませて下さい
だから、なんで刀相手に徒手空拳で向かっていくのかと
刀用意してとまでは言いませんけど、丸太か角材か持って行くだけでも
かなり違ったのではないかと思います

ではまた

 

(追記)エビシャコのおすすめする戦闘機「紫電改」は本当に良い戦闘機です

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ