小林さんちのメイドラゴン 4


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

小林さんちのメイドラゴン 4

支配と破壊を主目的とする混沌勢においてですら最過激派と呼ばれる急先鋒に所属するドラゴンが襲来しますが・・・

 

 

・イルル

たぶん本名は「イルルヤンカシュ」様かと・・・
ヒッタイト神話におけるかなりの実力者です
が・・・・・・世界を破壊するために来てトール様と戦うものの、
街への被害を恐れて本気を出せない&街を守りながら戦うトール様は
攻撃が直撃しても「痛い」だけという結果・・・
この時点で実力差を読んで退却していればまだ良かったのですが
真の姿で街ごと攻撃しようとした瞬間に
(食べ物に釣られて)エルマさんが街に結界を張ったため
街への被害を気にする必要のなくなったトール様に一撃でKOされて
どこかに投棄されました・・・

ちなみに、死なないように加減してもらったおかげで生き延びた彼女は
その後もしぶとく小林さんたちに干渉してきます
が・・・

・新たな「調和勢」クレメネ

調和勢屠龍派のドラゴンで、トール様にやられた傷の癒えないイルル様を襲います
そこへ、度々のスキンシップ(?)でそれなりにイルル様と親交(?)していた
小林さんが到着
イルル様を抱えて逃げますが・・・
追いかけてきたクレメネさんの攻撃で負傷


クレメネさんはトール様のお父様やエルマさんみたいに「掟」を重視しておらず
むしろ「形骸化したルール」と軽視しています
が・・・
・・・やっちまいましたね、クレメネさん・・・


当然の事ながら、小林さんに怪我させたことが後から来たトール様の逆鱗にもろに触れてしまい
クレメネさんは命は助かったものの全身の骨をその場で砕かれた上に記憶を抜かれて別の世界に捨てられるハメに・・・

あと、彼はとっさにこちらに来ている同じ調和勢の実力者エルマさんに助力を請おうとしていましたが・・・
「この世界には干渉してはいけない」というルールを軽視した発言している上に
小林さんに怪我させた以上、彼女が来たとしても加勢してくれる可能性はゼロでしょう
むしろ、「掟を軽視した」「小林さんを傷つけた」ということで
その場で「調和勢の面汚し」として粛清されていたのではないかと・・・
つまり、来たのがトール様だったことがかえって幸運だったということです

・居候が増えました

クレメネさんから庇ってもらった事ですっかり小林さんに懐いたイルル様は
小林さんちの居候一味に参加する事に
ちなみに、彼女の人間形態は
身長はカンナちゃん(人間で言うと10歳くらいの少女)と同じくらいですが
胸がルコア様と並ぶレベルで大きいという・・・
俗にいう「ロリ巨乳」です
これでもトール様と同い年だそうで
さらに、能力の一つに「対象の性別を変える」なんてものもあります
これで小林さんを一時的に男性にしたこともあります
つまり、彼女が望めば小林さんとの間に子を為すことも可能なのです(オイ

なお、その後しばらく小林さんは彼女に襲われることになったそうで・・・(=人=)
トール様から「レクチャー」された知識やルールも拍車をかけてしまったようです

(=人=)ナムアミダブツ!

ではまた

1巻レビューはこちら

2巻レビューはこちら

3巻レビューはこちら

 

保存

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ