リザレクション―モンスターメーカークロニクル 伏見健二  鈴木銀一郎 【小説・ノベル感想】【レビュー】【ネタバレ注意】


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

リザレクション―モンスターメーカークロニクル

今回は古い本のレビューです
だいぶ前に出た本ですが、今もエビシャコの愛読書です
理由は後述します

 

 

 

・ルフィール

 

モンスターメーカーをご存知の方、誤植じゃないですよ
この物語は「ルフィーア」ではなく「ルフィール」という少女が主役の
物語です
「ルフィール」は「ルフィーア」の転生のようなのですが
覚醒がまだ不完全で・・・
「ルフィーア」が完全に目覚めた時に消える運命だそうです
が、「ルフィーア」は彼女が消える事を望まないでしょう

 

・グリン

 

もう一人の主人公です
オークの戦士で、ドラゴンを倒して「誇りのブリンガー」となり
堕落したオーク社会を立て直そうという目標を掲げています

ちなみに、この小説には出ていませんが・・・
あのオーク王グレードンオーク大将軍ベルグらはすでに転生を果たし
オーク軍を率いてヒューマンたちを侵攻しつつあります
彼らにとってグリンは目の上のたんこぶであるので、
近い将来、グレードン軍との対峙もあるかもしれませんね

・女闘士アルボア

エビシャコがこの本を愛読書として所持する理由です
この方です

私の嫁です( *`ω´*)(ドヤ!

ベング出身、所々キズのある筋肉質な鍛え上げられた体の赤毛の闘士です
武器は大剣を二本使っています
あと、彼女は種族「ヒューマン」です
オーガじゃないですよ、「ヒューマン」ですよ
闇の三姉妹長女イフィーヌさんのパンチをも余裕で防ぐ腹筋してますけど
「ヒューマン」ですからね

好奇心が強いのか、イフィーヌさんによくつっかかります
でも無口なのでセリフは少なめ・・・というか、ほとんどないです(泣)
私は彼女に惚れてモンスターメーカーの世界に入ったと言っても過言ではありません
というか、彼女がいなかったらモンスターメーカーは私にとって
数あるTRPGの一つにすぎないものになっていたでしょう
彼女はベングの女闘士をやっていて、今回グラナールと行動していますが
雇い主はモンタズナ様だそうです
ちなみにモンタズナ様は闇の魔術師なのに自分の筋肉を育てている方です
彼がアルボアさんを雇ったのも、筋肉仲間として何か感じるところがあったのでしょう

で も

彼女は渡しません

あと、そこまで筋肉育てるなら、いっそ魔術師から「闇の大騎士」にジョブチェンジしてはいかがでしょうか?
魔術師かつ戦士とか、別作品「魔法戦士リウイ」の主人公「リウイ」みたいな感じで良いと思いますし
彼なら「闇の大騎士」ネフェルーダ様も文句ないでしょう

・デーモンロード様

グラナールはルフィールたちのリザレクションを妨害すべく、
なんとデーモンロード様を放ちます
人間風情があの御方をどうこうできるとは到底思えないのですが・・・
ロード様は召喚に一人、命令をするのに一人生贄が必要だそうです
エビシャコとしては言い出しっぺのグラナールを皿にのせて御前に出すべきか
ロード様の御口に合う御馳走を探すべきか悩みました
グラナールはアルボアさんを生贄に選びました

グラナールさん・・・
不死にした上で八つ裂きにして宇宙空間にばら撒きますよ?

・・・失礼、ちょっと興奮しただけです
80%ほどしか本気で怒っていませんからタブンネ

まぁ、アルボアさんはイフィーヌさんとグラナールの会話から察知して逃げ出すのですが
慌てて泥に足を取られたりと、うっかりやさんなところを爆発させています
( *`ω´*)もう放っておけません

そして、しばし迷った末にイフィーヌさんが追いかけます
そして・・・

ところでグラナールさん(この上ない笑み)


「ネブレイド」ってご存知ですか?

・・・ターゲット、逃走を確認
シザーウォーカーさん、ちょっとハサミ借ります
(死の鬼ごっこ開始)

・そして結局

(数時間ほどデスゲームやドタバタの後で)

さてアルボアさんを生贄にデーモンロード様を召喚したグラナールですが・・・

(・・・やはり、本気でキレていいですよね?)
ここで、エビシャコが前述したルールを思い出していただきたいのです
「ルール:命令をするのに一人生贄が必要」
つまり、もう一人生贄が必要なのです
で、グラナールは今度はイフィーヌさんをロード様の生贄にしようとします
結果
これが徒となってデーモンロード様どころかグラナールまでも
敗退するきっかけに・・・
グラナールさんはどうしてイフィーヌさんを生贄になどと思ったのでしょうね?
普通に考えれば分かる事でしょう
闇の三姉妹のリーダーのイフィーヌさんを生贄扱いしたらどういう事になるか・・・

グラナールさん・・・アルボアさんを生贄にしたのみならず
恐れ多くもロード様にまで泥を塗ったあなたの罪
軽 く は な い で す よ ?

というか、イフィーヌさんの件が「赤い髪の魔女」ディオシェリル様に知れたら
どんな素敵な「ご褒美」がグラナールさんに下されるんでしょうね・・・?
彼女、気に入った相手にはとことん甘い上に
闇の勢力を裏切ってまで力貸す事ありますけど
機嫌損ねるような事した相手には情け容赦ないのは
これまで発売された小説やゲームで知られていますので

ちなみに、ディオシェリル様はすでに転生を果たしてる上に
「あんなこと」があったのにも関わらず、また子供(エンデ様)を産んでいます

設定資料集の後日談によると、アルボアさんは無事転生を果たしたようですが
また、闇の勢力に雇われているそうです
それより、ロード様の御身体に取り入れられるという経験をして
何事もないのかどうかが気になるところです
まぁ、たとえ獣人化したり魔族化したりしたとしても
私の心が離れる事はありえませんのでご安心を♥(オイ

カードゲームは今も販売していますが
そろそろ、新展開が欲しいと思っています
モンスターメーカーはもっと羽ばたいてほしいですね

ではまた

(追記)ポケモン最新作でニャビー厳選していたら
「♀、好奇心が強い、うっかりや」という彼女の転生としか思えない子に
行き当たりました・・・こういう奇跡ってあるんですね・・・

状況的に神というより魔王様のお導きの可能性がかなり大ですけど

保存

保存

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ