コラム<エビシャコの脱力小話> エビシャコと「ラブライブ」【コラム】【無駄話】【駄文】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

コラム エビシャコと「ラブライブ」

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今回はコラムです・・・むしろ「告発」に近いかもしれません
今回は、エビシャコがいかにして
ビッグコンテンツ「ラブライブ」に触れ、
そして離れて行ったか、についてお話します

迷惑行為、ダメ、絶対

 

今も該当の者たちが反省せず迷惑行為を繰り返しているため
敢えてエビシャコがいたコミュニティーやコミュの特徴などの
特定しやすい情報は伏せます

犯人たちについても、個人的に行った追跡調査の結果「特定した人物」はいますが個人情報にあたるため
ここでの公開は避けようと思います

ご了承ください

・エビシャコと「ラブライブ」の出会い

エビシャコが「ラブライブ」に触れたのは、数年程前です
きっかけは、ネットで見かけた可愛らしいディフォルメキャラでした
エイリアンのゼノモーフやウルトラ怪獣やライダーの怪人が好きなエビシャコですが、
可愛い小動物や2頭身のディフォルメも嫌いではないのです

エビシャコはそのキャラクターが「ラブライブ」の登場人物の一人が元になっている事、
そのキャラクターを愛する人々のコミュがネット上にある事を調べていくうちに
知りました

・襲撃

見かけはしたものの、書き込みをする勇気のない(というか、書き込み方すらわからない)エビシャコは


その場の会話や情報交換を眺めたりしていました
そこで得た情報を元に、絵師さんを探し当てて作品に触れたりしていました
楽しかったので母体である「ラブライブ」にも興味が湧き始め
ラブライブを調べようと考えるようになりました

ですが、平和は、楽しい時間は長くは続きませんでした
ある日、書き込みの中に非常に攻撃的な
キャラクターを嫌う書き込みが混ざっていることに気づきました

「ただの荒らし」、そう思いその時は気にも留めませんでした
彼がそのキャラクターをラブライブの汚点と思っている事は分かりましたが
放置すればいずれこの手の輩は消える、そう思っていました
ですが、思えばこの考えは大きな間違いでした
時間が経つにつれ、その書き込みは数を増していったのです

・絵師さんへの攻撃

絵師さんも例外なく攻撃を受けました
犯人(悪質がすぎるため、敢えてこう表現させていただきます)たちはあろうことか、
絵師さんの作品を改変した上にネット上に流出させ、
さらに絵師さんにまでそれを送り付けました(もちろんこれは犯罪行為に該当しかねない無法です)
その結果、絵師さんは作品の公開を中止、
キャラクターから手を引きました

・コミュの崩壊

絵師さんたちを失い、コミュは大打撃を受けました
さらに悪い事に、犯人たちは絵師さんたちを潰したことで留飲を下げるどころか
ますます猛り狂いました
やがて、コミュに来る人は日に日に少なくなり・・・
最終的に、コミュは崩壊しました

・さようなら、ラブライブ

コミュが崩壊して場所がなくなった後、エビシャコは
急激に熱が冷めていくのを感じました
もしも攻撃がされず、それを見守ることに時間を費やすことが無ければ
もしかするとエビシャコはラブライブをもっと好きになったかもしれません
ラブライブにもっと触れ、もっと知ろうとし、グッズを買っていたかもしれません
ですが、そうはなりませんでした

キャラクターを愛する人々が散り散りになり、好きな絵師さんも作品を取り下げ、
迷惑行為を繰り返してコミュを破壊した者たちは暴れ続けている・・・
正直、こうなってしまった事に、失望を覚えました

特に誰に対して、でもありません

強いて言うなら、この事態になる事を許してしまうネット上の方の不整備や無法地帯化についてでしょうか?

もちろん、ラブライバーの方々全員が暴れた者たちの同類である、とは思っていません
エビシャコはラブライブに関わり合いになる事すらも嫌になりました

考えた末、キャラクターだけでなくラブライブそのものから手を引きました

・そして、今は

今、エビシャコは別のものに夢中です
そして、ラブライブへ戻る気もその予定もありません
あれだけあった関心が、嘘のように冷めてしまったのです

はっきり言うと、全く「ラブライブ」が楽しいものに思えなくなったのです

そして、ネット上をウロウロしていると
今も、コミュを壊滅させた犯人たちが
今度は別の標的に襲い掛かり
顰蹙を買っているのを時々目にします

彼らは恐らく、自分たちのしていることが「悪戯」であること、
法で裁かれることはないことを分かっており
それでなお暴走をやめないのかもしれません

ですが・・・
恐らく人間社会ではこういう者たちをこう言うでしょう
「人間のクズ」

彼らの行為は「悪戯」ではありますが、あまりにも悪質です
もしかするとすでに、「悪戯」の範疇を越えて「犯罪」に入りつつあるかもしれません
そして、彼らは気づいているかどうかわかりませんが
「キャラクターを潰す事」よりも「人間を攻撃する事」を楽しんでおり、
「キャラクターが気に入らない」などといった理由は口実にすぎないものになっています
「キャラクターが気に入らない」それだけなら、自分たちのコミュだけで完結させれば事足ります
その考えを他者に押し付け、そのキャラを好きなコミュを破壊する必要はないのです

誰の目にも触れない所で、というのが好ましい条件ですが
彼らはこれを守らないどころか、
「他者への過剰な干渉をしない」という事すらできない者たちです
彼らの暴走が続く日は長くはないでしょう

数年先か、あるいは数か月か
いずれにせよ、人間社会の枠組みから外れた行為を続けた報いを受ける日は
そう遠くないと思われます

以上、エビシャコが実際に経験したお話です

この記事をご覧の皆さま、世の中にはこのような「人間のルール」を平気で破る者たちがいることを肝に銘じておいてください

彼らには、常識も道徳も、与える善意すら意味を成しません

何を言ってもただ己の欲望のまま破壊を行い他者を追い詰めたり痛めつけたりするだけです

グロンギですら、ルールがあるといいますのにね・・・
ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

保存

保存

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ