【まんが・コミック感想】衛府の七忍 2&3 山口貴由 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

衛府の七忍 2&3

 

波裸羅様メインでお話します♪

 

 

あらすじと感想  衛府の七忍

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビュー参ります

 

・現人「鬼」波裸羅様  衛府の七忍

全身筋肉質な筋肉娘・・・ではなく、
なんと両性具有、初登場で全裸! とかなりインパクトありまくりな
登場をします
しかも仏像の中から出現し、「生身の菩薩がいると聞いて犯しに参った」と・・・
Rebis先生の作品に出てきそうな人です
ていうか、Rebis先生の作品は両性具有筋肉率マシマシなので違和感ないでしょう

そんな彼女(彼?)ですが、大名並みの禄を貰っていたそうで・・・
それが原因で刺客を差し向けられ(もちろん暗殺失敗)、志摩城主の推薦(というか、ほぼ命乞い)で
徳川家大老の冷厳の所へ行き、就職に成功
(この際、大老の手駒の人形兵士を鬼化してからの一睨みで破壊・・・)
(というか、人形の中の電気ウナギがSAN値チェック失敗して発狂自滅)
カクゴたちを討つ任務を帯びて伊賀忍者(山田風太郎先生の小説に出てくるような異形ばかりなのが嬉しいです)と共に
共同戦線を張ります

伊賀忍者を全滅させられたものの、波裸羅様個人の戦闘力が圧倒的過ぎました
というか、この方、鬼化していない(装備どころか全裸)のに零鬼になったカクゴを
軽くノしてます
・・・どうなってるんでしょうね?

が、油断大敵でした・・・
クウガ4巻のメ・バヂス・バさんと同じ轍を踏んでしまいます
覚悟を助けに弓矢を構えて対峙した伊織
波裸羅様は相手が大したことない(見た目は確かに普通の弓矢)と侮り
伊織の矢を胸に受けます
普通の矢なら大したことなかったかもしれませんが
それは「衛府の龍」が力を与えた矢でした
結果、鬼の姿で石化することに・・・


仕方ないですね・・・
行きなさい、ビービ蟲(マタソレカ

・桃太郎  衛府の七忍

石化した波裸羅様を助けたのは、なんと鬼退治で知られる桃太郎卿でした
(助けた時のアイテムが「はなさかじいさん」の例の灰
鬼を退治する宿命と義務を背負う桃太郎ですが・・・
波裸羅様には「鬼とは思えぬ」「美しい」とその美貌を絶賛
現人鬼を殺そうとはしませんでした

これ、たぶん惚れましたね
彼が果たして自身の感情に気づいているかどうかは分かりませんが

桃太郎は配下4人「臼彦」「針彦」「泥彦」「栗彦」(臼、蜂、泥、栗)に
カクゴ討伐任務を与え、波裸羅様も協力することにします

「針彦」さんが気になりますね
蜂っぽい外見の女戦士です
口調が「おじゃる丸」の「あかね」に似ています
かわいいです

ところで・・・・・
カニさんは?

・腹ごしらえ  衛府の七忍

問:チーム組まされて波裸羅様がチームワークを大事にするでしょうか?
答え:いわずもがな

さっそく別行動しています
そして別行動中に猿蟹合戦4人組は人間を狩って食事中
バリバリ貪り食うのではなく、きちんと調理(生の骨付き肉&血液ジュースのセット)しています


針彦さんの手作りでしょうか?(オイ

ところで・・・
カニさんは?

・任務遂行中の事故?     衛府の七忍/ 霞鬼

カクゴたちを補足した4人組、手負いのカクゴたちへ襲い掛かります
が・・・2人を捕らえたところで波裸羅様が合流

手柄の一人占めを危惧した4人組と戦闘になります

が・・・・・・・・・
4対1で波裸羅様が圧勝です
今回鬼化することなく持ち前の技と術で撃破しました

どうなってるんでしょうね?

ところで・・・
カニさんは?

・その後の波裸羅様  衛府の七忍/ 霞鬼

とりあえず、カクゴさんが熱血系主人公という事は分かりました
ですけど、敢えて言わせてください
度胸と無謀は違うのですよ

何が起きたかと言うと・・・
カクゴが戦闘後の波裸羅様と対決しました

カクゴたちは猿蟹4人衆と波裸羅様が潰し合って相討ち目論んでいたそうですが
結果はご覧の通りです

で、カクゴは手負いにも関わらず鬼化して波裸羅様に挑みます
が、この時波裸羅様も鬼化しているわけで・・・・・・

描写されていませんが、話にならなかったでしょう
カクゴが戦闘後に生きて(と言うか恐らく生かされて)いるのは
波裸羅様が何かしらを感じ取ったか
戦闘に満足したか・・・でしょうね

その後、伊織との対話(共闘の申し入れ)で波裸羅様は「身分なき者を踏み躙る世を終わらせる」事に
興味を持ちます

と、言うのは・・・
波裸羅様は元々は「身分なき者」の女性の子でした
が、彼女は不漁で鬱憤の溜まった漁師たちに殺され、
その時に死んだ母親の体内から波裸羅様は誕生
漁師が付きだした銛などを吸収して水子状態から赤子へと成長した後
齢ゼロ歳にして漁師たちを仕留め、母の仇討ちを成し遂げました

・・・・・・・・・・・・・・・
うん、たぶん波裸羅様って作中最強じゃないかと・・・
勝てる人いるんですかね?
家康公の巨大具足ですらあっさり破壊しそうで・・・
「覇府の印」の毒も効かないとしたら、覇府側に打つ手なしです

波裸羅様は覇府から離反、「怨身忍者」と認定されましたが
波裸羅様を仕留める事の出来る追手は皆無でしょう
刺客を送ったところで返り討ちにされるのは火を見るより明らかです
そもそも猿蟹合戦4人衆をあっさり葬った時点で
勝てる人間などいない事の証明に他なりません

いるとしたら桃太郎卿くらいでしょう
が・・・・・・
彼は波裸羅様に興味を持っている上に「鬼でない」とまで言ったので・・・
というか恐らく惚れてるので
どう転ぶか分かりませんね
配下4人を倒されたことも惚れ直す材料にしかならなさそうです

ではまた

ところで・・・
カニさんは?

(追記)沖縄編は、後日4巻とまとめて書きます

また、Rebis先生の作品は成年コミックが多めなので18歳以上の方々推奨です
エビシャコ的おすすめは深見真先生原作の「武林クロスロード」全4巻です

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ