仮面ライダークウガ 5  石ノ森 章太郎 横島 一【まんが・コミック感想】 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

仮面ライダークウガ 5  石ノ森 章太郎 横島 一【まんが・コミック感想】 【レビュー】【ネタバレ注意】

 

 

一線超えました(グロンギ族の服装的意味で)
カクゴ完了してからご覧ください
・・・・・・バルバ様、納得のいく説明を求めます#

 

 

 

あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビュー参ります

 

・遊園地へ

つかの間の平和に、五代妹こと みのりさん襲来、遊園地へ行きたがります
そして一条さんもグロンギがらみの事件で心を壊した妹さん(一条香里奈)を
奇しくも兄妹二組が同じ遊園地でデートをするということに
二組(というか、五代さんも一条さんも)とも
とくにそういった口裏合わせとかやりとりとかしてないので
全くの偶然で・・・

同じ遊園地へ遊びに行きます
アトラクションを楽しんだり、一条さんはバルバ様似の女性に会ってナンパと思われたり
そして二組は携帯電話で会話しながら同じ場所へ示し合わせてもいないのに合流


本当にすぐ近くにいましたよこの人たちは・・・

この時迷子になった一条さんの妹さんを一緒に探すことに

なお、遊園地で一条さんが会ったバルバ様似の女性は暴走アギト(津上雪奈)に遭遇して
襲われて死亡
雪菜さんどうやら、過去にバルバ様と何かあった様子です

一条さんの妹さんはその「津上雪奈」が主犯とされる事件の被害者
ということは、彼女もバルバ様に会っているかもしれません
ですけど・・・本当に彼女が会ったのはバルバ様だけでしょうか?
彼女が着ぐるみをグロンギと間違えて気絶する寸前に着ぐるみに見た幻影
まるで・・・・・

 

 

・ズ・ザイン・ダ強襲

 

「ゲゲル」の権利は「ズ」から「メ」に移ったことは前巻で取り上げました
結果、残りの「ズ」は自動的に今回のゲゲルへの参加権を失います
これに納得のいかない「ズ」集団グロンギの暴走が始まります
(なお、原作では「ズ」が勝手にゲゲルを開始したため、バルバ様がやむなく「ズ」のゲゲルを開始して
その下の階級「ベ」のゲゲル参加ができなくなったという経緯が・・・
最下級の「ミ」はどうなのか不明、なお「ヌ」は裏方技術者集団なのでそもそも参加しません)
原作では「ズ」のリーダー格だったサイ種怪人ズ・ザイン・ダ
彼は勝手にゲゲルを開始
「トラックを素手で止めて運転手を殺す」と言う内容です

某国のミサイル止めてくれたら特別点あげますけどね
「メ」すっ飛ばして一気に「ゴ」に昇格する程度の点数ですけど

そこへ、SMコンビ(バラのムチ)ゴフア!?


・・・もとい、バルバ様とゴオマさんのいつもの二人組が来ます

ちなみに、バルバ様たち「ラ」はゲゲルの監督が主な任務です
ゲゲル参加資格はないですが・・・生まれながらに「ラ」に選定される以外に
「ラ」になる方法が無いわけではないのです
それは、「ゴ」に昇格して「ゲリザギバス・ゲゲル」をクリアし、
なおかつ「ザギバス・ゲゲル」を棄権した戦士がなる事が出来ます

大体はチャンピオン=王(今回のゲゲルの場合はン・ダグバ・ゼバ様)への挑戦と言う
「強い奴を殺せる」&「自分こそ最強」という欲求と欲望に加えて
「ン」のみが許される特典「究極の闇」が欲しいので、そのまま「ザギバス・ゲゲル」へ進みそうですね
グロンギの性格的に

「ラ」になるのは、ゲゲル参加中にゲゲルの進行に不満や疑問を持ったり、
自分ならより良いゲゲルを企画できるとか、もっとゲゲルを楽しんでいたいとか
そういうグロンギがなるのではないかと

原作のラ・ドルド・グ様は言動からすると元「ゴ」のようです
かつてゲゲル参加者だったからこそ、今ゲゲルをプレイしているグロンギたちに
アドバイスしたり時に褒めたりしていたのではないかと思います

 

・一線超えちゃった・・・

 

え~とですね・・・もうほぼ毎回言ってます(主にバルバ様に)が・・・
「服装と言動に気を付けてください」
事実、グロンギ=殺人遊戯するだけの変質者集団になりつつありますので
原因が、ほぼ「ラ」のバルバ様とズのゴオマさんのSMコンビなんですけど・・・
というか、バルバ様の言動
(子供のいる公園にまで露出高い服装で出没、人目を気にせずどこでもSMプレイ開始etc)
が原因ですけど!

さすがにですね、これ以上はないだろうって思ってたのです
メビオさんはワイルドですけど「あり」な服装でしたし
バヂスさんも独特ではあるものの、許容範囲ではありました

で、今回の正式プレイヤーのカメレオン種怪人の
メ・ガルメ・レさん
原作では、唯一「ズ」から「メ」への昇格を果たしたグロンギです
(クウガたちの頑張りで参加者が死にまくって成功者ほとんどいないので)


ガルメ「ルールに従っていかにリントを殺すか、最高のゲームだ」
杉田「ふざけやがって! 本当の目的を言え!」
ガルメ「だからただのゲームだ、獲物を追い、狩りをする。それ以外に意味はない」
という原作のやり取りでも有名なグロンギですね

「ゲゲル」が世界征服の手段でもテロでもなく
ただ単に「ゲーム」にすぎない事を判明させた重要な場面です

もっとも、「失敗=死」の時点でグロンギたちにとっては「遊戯」以上に
「命を懸けるに値する神聖な儀式」でもあるわけですが

そのMVPともいうべき彼の登場
ですが・・・

エビシャコは見た次の瞬間

うわぁ・・・・・・・

と言う声がリアルで出ました
「服装に気を付けろ」とか、
そういうレベルじゃない人
が来てしまいました
誰がどう見ても「パンクロック」とか「デスメタル」とか、
そっち系をさらに「発展」させた感じで
ライブするとかならともかく、それが彼の普段着

こんなの、一発でグロンギ(もしくはどこかの組織の怪人)だってばれます
むしろ「自分は未確認生命体だ」と書いてある看板を首からぶら下げてるも同じです

忍びの極意にもこうあります
「下手な変装なら、しない方がマシ」

 

・「メ」vs「ズ」

 

ガルメさんはリントの言語を駆使して悪口三昧で
ズ・ザイン・ダを挑発
ズ・ザイン・ダと対決する事になります

 

・・・・・ス
【邪神の加護】熱気・冷気・衝撃・雷撃・あらゆる打撃や術を無効化

・・・え? 「お前何してるんだ」ですって?
エビシャコ何もしてませんよ?
こっそり補助スキルかけたりとかしてませんよ?
ねぇ、ガタノゾーア様?

え?

さっきからズ・ザイン・ダって呼び捨てな理由?

わりと初期の頃からゲットしてましてね・・・

ともかく
片や「メ」集団のカメレオン怪人、ですが片や「ズ」集団最強にして
トラックを持ち上げる強大な力と強固な外皮を持つ怪人
この勝敗はもはや神にすら読めないでしょう

そもそもクウガと違ってグロンギは「封印エネルギー」を使えません
加えて、特殊攻撃よりも物理攻撃を使用する者が多いです
だから、硬い外皮そのものが強固な防御壁として機能し得るのです

さて、何色のソイルをあなたは用意するのですか?

【次回へ続く!】

って、思いますよね普通?
ドラゴンボールも5分ほどの戦いを何ページも何話も使ったり
一話30分の放映枠とかで何話も使ったりして何週にも渡って描くのが当たり前ですよね?

この戦いの決着、割とすぐ着きました
ガルメさんの姿を見失っているズ・ザイン・ダへ舌を巻き付け
【締め付け】
で終了です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

盲点、でしたorz

締め付け・・・そうですか、その手がありましたか
完全に裏かかれました
ええ、締め付けるとか巻き付くとか、
だいたい威力しょぼいから全く対策してなかったです

ですが・・・負けは負け、ですね
潔く認めましょう

っ所持金の半分
っ経験値
っゴルゴムアジトへの地図

・・・え?
「そんなものドロップしてどうする」?
そんなこと言われてもですね
本来の対決相手はヒーロー(ライダーとかウルトラマンとか)ですので
身内(怪人・怪獣)専用にドロップアイテム用意とか
いきなり言われても・・・・・

っエビシャコの殻(この前脱皮した時のやつ)

このくらいしか・・・

 

・メ・ガルメ・レのゲゲル

 

(エビシャコは不本意&超不安ながら)
メ集団二番手のゲゲル・ムセギジャジャになったガメオさん
ルールは「三日で120人」
彼は「リントの言葉をゲゲルのため猛勉強して習得した」そうです
外見によらず、なかなか知性派ですね
で、その勉強の成果を発揮するゲゲル
「口喧嘩しかけて勝ったら相手を殺す」という縛りをやるそうです

さて・・・これは吉と出るか凶と出るか
リントには口達者とか思考停止とかいますからね
口での勝負となると、リントと同じ土俵も同じ
つまり、負ける可能性がある、ということです

さらに言うなら、このルールは
リントの言葉を習得したてのグロンギ族にはむしろ不利
縛りとしては十分すぎますね

そう思っていました、彼のゲゲルを見るまでは

ゲゲル開始
読み進めて数秒後、


逆立ちずっこけをしたエビシャコがいました

だって・・・・・・・

一方的に悪口言って相手が逃げたら殺すとか
ついでにそいつの周辺のリントまで殺すとか
そんなの「口論」とは言いませんし
たぶんリントが逃げたのって口論で負けたというより
「得体の知れないバケモノが一方的に吠えかかってきたor威嚇してきたから
危険と恐怖を感じて逃げた」
正解ではないかと・・・・・・・

つまり、彼のゲゲルの「縛り」は成立していないわけです
メビオさんに続いて二人目の時間切れ爆死ですねこれは、ご愁傷様です

(=人=)

・・・・・・と、思っていたら
バルバ様はきちんと殺害人数カウントした上に
「縛り」を有効と認定

あのですねぇ・・・
バルバ様、きちんと仕事してください
「ラ」でしょう、しかも今回のゲゲルの主催者側審判でしょう

厳しいのかルールガバガバなのかどっちかにしてください

私が今回のゲゲルラグダダ(ゲームマスター)だったら
認めませんよこんないい加減すぎる「縛り」
というか・・・

「縛り」を舐めないでいただきたい!!(クワッ!!)

 

・油断

メ・ガルメ・レさんは舌による攻撃の他に
「透明になる事ができる」という特性があります
これで相手に気取られる事なく一方的に攻撃が可能なのです
が、油断して杉田さんに攻撃を受けて体組織付きの銃弾を残すことに・・・
原作ではこれがきっかけで透明化を無効化されて倒されたわけですが

それよりですね
メ・ガルメ・レさんの「透明化」は攻殻機動隊でいう所の「光学迷彩」に
近いもので・・・幽霊とかの物理法則無視できる存在ではない以上は
光を透過してただ「透明に見える」だけです
有名どころだと「プレデター」の戦士が装備しているものでしょうか

つまり、「見ようと思えば見えます」
例えば、雨の中、あるいは放水下とかで「影」を見る事が出来ます
重量物でも降ってきたらさすがに居場所を悟られる危険を冒してでも
対処せざるを得ないでしょう

それと、足元ですね
感圧センサーでも敷いてあれば誤魔化すことはできませんし
(そもそもグロンギの体重は他の怪人より重いので)
砂や泥、砂利でもあれば足音や足跡で感知できます
木の上に上ったとしても、木の枝や木の葉を透過して動くなどできません

サーモグラフィーとか用意されたら、もうお手上げです
さすがの光学迷彩も、体温までは消すことはできません

まぁ、そういった小細工が無くても
エビシャコのように「慣れてる」人は目を凝らせばどこにいるか分かります
「透明に見える」だけなので
周囲が少し歪んで見えたり、光が不自然に屈折してたり
そういった「些細な違和感」から逃れる事はできません
動いたりすれば余計にばれます

この「違和感」を消す事ができるとしたら、
完全に光も物も透過できる「幽霊」くらいでしょう

そもそも「攻撃中でもベラベラしゃべる」など、
「見つけてくれ」と言ってるようなものです

攻殻機動隊だったら即撃たれます
しかも飛んでくるのは対サイボーグ用徹甲弾・・・
グロンギであってもひとたまりもないでしょう

エビシャコが「慣れてる」理由ですか?
頼みもしないのに透明化して襲ってきたり
待ち伏せしてたりと言う輩には事欠かないので・・・
景色に擬態とか、まだ可愛いものです

 

・女の子を泣かす=他のヒーローものなら即死レベルの死亡フラグ

 

その後もゲゲルを進めるメ・ガルメ・レさんですが
女の子にコレやって

泣かします

いわゆる「な~かした、な~かした」と言うやつです

「それでは、リントを殺します」
・・・じゃ、ないです!
もうすでに
「悪口の言い合いで勝つ」とか言う条件どっかに行ってます!

それ以前に悪口まくし立てて女の子泣かすってどうなのか、です

戦士の矜持もどこ行ったんでしょうね、本当に・・・

グロンギ族かつ怪人変身能力持ちでなければ
「単にケバイ不良が女の子に因縁ふっかけて絡んで泣かせた」にしか見えません

さすがに、エビシャコ危機感覚えてきました・・・
この人このまま勝ち進めたら
ゲゲルをこのまま続けたら

別の意味で大変なことになる、と

グロンギ族が「不良変質者集団」として世間に認知されるのも
もはや時間の問題でしょう・・・

 

・クウガ変身不能~珍しく今こそ倒して欲しい時に限ってコレ~

 

五代さんは現場に駆け付けクウガに変身しようとしますが・・・
妹さんに変身を見られて拒絶されたことで

変身不能になります

あのですね・・・クウガ?
なんであなた早く退場して欲しい怪人の時に限って
変身不能なんですか!?

あれですか?
神の意志とやらですか?
グロンギ族が「変質者集団」として世間に認知されるのは確定運命ですか!?

まぁ、そうなったら全責任はバルバ様ですけどね・・・

ビランさんやガリマさんはまともであってほしいです
主に服装面で

ではまた


 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ