【まんが・コミック感想】包丁無宿勝負旅 土山しげる【レビュー】【ネタバレ注意】【コラム】【無駄話】【駄文】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】包丁無宿勝負旅 土山しげる【レビュー】【ネタバレ注意】【コラム】【無駄話】【駄文】

 

 

あの「フードファイター 喰いしん坊」土山しげる先生が送る物語
今回は料理人のお話です
エビシャコの好物満載の本でした

 

【まんが・コミック感想】包丁無宿勝負旅 土山しげる【レビュー】【ネタバレ注意】【コラム】【無駄話】【駄文】
あらすじと感想

 

明けましておめでとうございます

エビシャコです
本年も当ブログをよろしくお願いします

・・・え?
更新に間が開いた理由ですか?
ちょっとドタバタして気を抜いたら


体調不良で少しダウンしまして・・・
気を付けます、はい

ではレビューまいります
今回はコラムっぽい成分も混ぜますね

 

・少年院へ

 

主人公・柳葉武蔵「食べ物を粗末にした」ガラの悪い男たちを病院送りにして
警察に捕まり・・・同様の傷害事件を30件程重ねていたため
少年院(当時18歳未成年なので)送りになります
描写から推測すると数年ほどは入ってた模様

・・・何人か死んでたんでしょうかね・・・?

それ喧嘩じゃなくてゲゲル!

ごめんなさい・・・血みどろのイクサばかり読んでて「命のやり取り」以外の読破作品が意外と少ない事に今更驚愕・・・

まぁ、土山しげる先生の作品なので「辺獄のシュヴェスタ」みたいな
「違反=死刑」なブラック修道院みたいなとことか
グロンギが運営している刑務所とかじゃないとは思います

↑刑務所探索してて遭遇したらもう泣くしかない例

 

個人的には食べ物粗末にした連中に餓死寸前にでもなって
食べ物のありがたみと飢餓に瀕している方々の気持ちを
味わってほしいところ

 

・入店試験

 

武蔵は出所後に兄との「ちくわ勝負」に敗れた直後に
「三ツ星屋」のスカウトマンにスカウトされます
料理人を集めていてすでに10人ほどいるそうですが
試験をして合格しないと採用しないとのこと

で、その試験と言うのは
「店のメイン料理にするので得意な料理を作って欲しい」
でした

ところが
刺身を作った料理人が次々不合格に

??????
お刺身大好きエビシャコとしては
新鮮な魚を生でいただくのは
至極当然
いわば
世の理
と言っても差し支えないと思うのですけどね・・・?

何がいけないのでしょう?

そんなこと今更、私に向かって言われてもですね

 

答えは
飾りが足りないのでも
魚の種類でもなく

「店のメイン料理=刺身はNG」とのこと

・・・・・・・・・・

クワッ!!!!!

・・・失礼、怒ってませんよ
ちょっとイラっときただけですよ

 

・スッポンを捌く

食べたことあるので言いますけど
亀の肉、特にすっぽん料理は
凄く美味しいです


それを目の前で捌いてくれるとなると・・・
涎のダムの決壊は必至

まぁ、エビシャコがこれまでの人生で経験したのは
イセエビ

アワビ
くらいですけど

 

セレブ気取ってるんじゃなくてですね!


たまたま好きなものが高級品だっただけですから!
本当です
信じてください

あうあうあうあうあうY;x;Y

 

・・・え?
エビシャコがイセエビ喰うのは「共食い」
・・・・・あまり気にしないでください

すっぽんは「すっぽんラーメン 」なるものを出してくれるお店に
行ったことがありまして
出入り口の水槽で泳ぐスッポンが印象的でした

ガバダパ、パタギ、ン、ビ「ギヅブソ」、ゴガラスボゼグジョ
(あなたは、私の胃袋に収まるのですよ)

・・・とはさすがになりませんでしたけど
あの子は観賞用で食材のスッポンは別に確保してるようです

すっぽんを含む亀系のお肉を賞味してきたので情報を統合しますと
「柔らかくておいしい」という共通点に至りますね

なんでこんな話をするのかというと

主人公武蔵が就職したお店で「スッポンを目の前で捌いて欲しい」と
依頼する客が来たからです
しかも、商談という重要な場で
「スッポンを目の前で捌くのが売りではないのか?」「破談したら責任を取れ」と・・・

エビシャコならそんなごり押ししなくても
目の前で作って食べさせてくれる料理店を商談の場に選ぶ時点で
末永くお付き合いさせていただきますけどね

で、場所覚えたら個人的にちょくちょく行きますとも

肉にしろ魚にしろ、食前酒を飲みながら
目の前で調理してもらう様子を見るのは、悪くないです

自分で作って食べるという異色の料理店も似たような理由で好きです

さてここで忘れてはならない点を・・・
説明すると長文になるので
この御方に出張ってもらいました

ありがとうございます!

御飯を食べる前に「いただきます」と挨拶するのは
つまり、そういう事なのです

「命を戴く」ということを噛みしめながら
食事しましょう

なお、よく忘れられがちですけど
植物もれっきとした「生き物」なのです

 

・目の前で捌いた結果

 

リクエスト通りにスッポンを持って客間へ行く店主
ところが彼は、しばらく店員任せで包丁を握ったことがないそうで・・・

エビシャコならメスと剪刀とピンセットと鉗子と固定用の針があれば


・・・はい、どう見ても解剖ですね
ですけど「応用させる」という強みがある上に
実験に参加して体で覚えたという経験と知識があるのです
解剖も料理も「生き物の身体構造を知れば強い」
という共通点ありますし

骨がどこにあるからどう刃物を入れればいいとか
この内臓はどういう役割だから食べられるかそうでないか、とか

なんかジビエ料理の知識っぽい話になってますけど
お気になさらず!

で、
リクエストした客の方は
・遅い
・気分悪い
・解剖みたい
などと、
冒涜している
としか思えない文句を言って

帰りました

だったら最初から頼まないでほしいですねぇ・・・

エビシャコみたいに「本気で食べたい人」が迷惑するので

ただでさえ食中毒問題でこういう機会減ってるのですからね
その希少な機会を我儘で潰されると
すごく迷惑
なのです

よ?

失礼、また取り乱しました

素数数えて落ち着きます

はい・・・

 

 

・終わりに

 

繰り返すようですが

・御飯を食べる前に「いただきます」と挨拶

・食事は「命を戴く」ということを噛みしめながら

・植物もれっきとした「生き物」

忘れずに心がけましょう

それと、釣りなどで幼体を獲ってしまったときは
逃がしてあげてください

食べごろではないですし、何より貴重な資源でもあります
小さいことかもしれませんが、コツコツ続けることが大事です
それと出先のごみはきちんとゴミ箱へ
なければ持ち帰りましょう

絶対にその場に捨てて帰るなどと言う事はしないでください
資源も生き物も汚染されます

回り回って我々の口に入るのがオチなのです

ではまた


 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ