ドラゴンボール超 5 とよたろう  鳥山明 【まんが・コミック感想】【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ドラゴンボール超 5 とよたろう  鳥山明 【まんが・コミック感想】【レビュー】【ネタバレ注意】

 

ザマス様編決着!
そして全王様主催の力の大会編に・・・

 

ドラゴンボール超 5 とよたろう  鳥山明 【まんが・コミック感想】【レビュー】【ネタバレ注意】
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・チートキャラの弱点

 

悟空さんとバトル中のザマス様
再生力と不死性を前面に出して戦いますが・・・
徐々に消耗していきます

これは、こういう「不死身」「超再生」のチート能力持ちが
陥りやすいものでして・・・
いくら攻撃されても再生できるという能力を過信するあまり
「避ければ済む攻撃までも避けずに受け続ける」というものです
結果、「再生力が追い付かない速度で打撃を受ける」羽目になります


しかも、「不死身」=「ダメージが全くない」わけではなく
徐々にダメージは蓄積します
小さなダメージなら即回復はできても、蓄積されて大きくなったダメージはそうはいかず
ザマス様と言えど、回復するには「回復のために全意識を集中」せねばならなくなります
が、悟空さんはそんな事を許すはずもなく攻撃を続けます

するとどうなるか・・・

再生速度を上回る攻撃を受け続ける事で、回復が追い付かないという事になるのです

 

・普通はありえないですというか不可能

 

追い詰められ逆上したザマス様、一撃で決めるべくフルパワー(ベジータ王子が「不死身と言えどただでは済まない」と危惧するレベルで最大出力)でかかります
が、対する悟空さんは「奥の手」を使います
それは「破壊」
ビルス様たち破壊神が十八番にしている「絶対なる破壊の力」です

・・・・・ありえないです
「死の神に弟子入りしたから死を司る能力を得た」レベルにあり得ないです
悟空さん何度も死んでるとはいえ「サイヤ人」ですから
「法則や事象を司る」とか、そういう超自然的なものになるか
「神から力を授けられる」もしくは「力を使う許可を得る」かしないと、できないです
普通は

あと、相性というのもありまして・・・
例えば、ウルトラマンで例えると「オーブ」はベリアル閣下の力を借りようとした結果、
相性が合わず飲まれかけて暴走しました

つまり、適合性や親和性といった「才能」がないと扱えません
器に合わぬ力を得た者の末路はそれはそれは悲惨です・・・

なので、彼が「破壊」を習得したこと
これ自体、彼に「破壊神の後継者」としての資格があることを意味します
当然、そんな人物など滅多にいるわけではありません
下手すると宇宙が一巡する間に一人いるかいないか・・・

これをビルス様が知ったら、どう思われるでしょうね?

 

・魔人ブウですらやらなかったチート戦術

 

「破壊」を受けたザマス様でしたが、完全に破壊される前に
マイを盾にして「破壊」を防ぎます

・・・あの、悟空さん?
あなたそれもう使いこなせてるんですか?
そっちの方が驚きなんですけど!?

続けます
形勢逆転したザマス様でしたが
怒ったトランクスに斬りかかかられて悟空さんへのとどめを刺し損ねた上
「制限時間」が過ぎて合体が解け始めました
が・・・
「別次元の同一個体」であったため、すでに互いの存在が細胞レベルで融合しており
別れる事を踏みとどまろうとします
これが、双方ともザマス様の肉体なら融合完了していたでしょう
が・・・片方「ゴクウブラック」は「孫悟空の体を乗っ取ったザマス様」
つまり、「肉体は孫悟空のもの」なので踏みとどまるという必要が生じたのです
そして、その隙をつき未来トランクスが一刀両断
分かれたザマス様のうち、不死身ではないゴクウブラックに剣を突き立てます

が・・・
死んだと思われたゴクウブラックは復活して「合体ザマス」化
倒れていたもう一方のザマス様も「合体ザマス」化しました
たぶんこれは以前に完全体セルさんがやったのと同じことでしょう
体(コア)が以前の状態をバックアップとして記憶していたために
再生する時にその状態で完全復活されるという・・・
悟空チームには最悪の結果ですが

さらに最悪は続きます
咄嗟の判断で割り込んだ上で全力で「ガンマバーストフラッシュ」を放ち
ザマス様をバラバラにしたベジータ王子でしたが・・・

なんと、
バラバラになった数だけザマス様復活!


同じ不死身&超再生持ちの魔人ブウさんですらやらなかった
超チート戦術です

その上さらに・・・
以前にゴワス様が第12宇宙の人類がタイムマシンを作っていたことを
ザマス様に話していたため
第12宇宙の界王神が保管していたタイムマシンをザマス様が奪取していました
並行世界へ行くことができる上に過去に行くことができる
つまり、これでザマス様は悟空チームが来た本来の世界への干渉が可能になったのです

ちなみに・・・
この増殖技は完全ではないらしく、空白ページでは
「別人(モナカ)に変身」した個体の姿が・・・・・・
そういえば、スーパードラゴンボールを使ってやらかしていましたね
3巻で・・・

 

・チートにはチートで(良いゲーマーは絶対にマネしないで下さい)

 

このまま帰ればザマス様が追いかけてきて元の世界まで破壊されます
悟空さん&ベジータ王子は死を覚悟して
足止めを決意しますが・・・

ここで、悟空さんチートアイテムを取り出します
それは「全王様召喚スイッチ」
押せば即、全知全能の全王様が召喚可能なチートアイテムです

悟空さん、押します
全王様、出てきます

様子からして、たぶんずっと寝てたんでしょうね・・・
ですが呼び出されたことで完全に目が覚めます

ザマス様、当然ながら真っ青

全王様キョロキョロと周囲を見て・・・
(恐らくこの動作だけで、全宇宙の人類がいなくなってる事を察知)
「ひどいね」
そして悟空さん、全部の罪をザマス様に押し付け&告げ口
(押し付けるも何も主犯格&実行犯なんですけど)
全王様は一言

「ムカツクね」

ザマス様、当然ながら真っ青加速

だって・・・
実質死刑宣告な上に執行人兼ねてる人が目の前にいるんですから・・・

怒った全王様は「消去」を決定します
この世界の

さすがにこれは想定外だった悟空チームは大慌てで逃走
界王神組は指輪の力で、人間組はタイムマシンで移動します

ザマス様は並行世界に逃げる事すら忘れて
「できるだけ遠くへ逃げよう」としたため
「世界全体消去」に巻き込まれて消えてなくなりました

・・・うん
これ、やっちゃだめな奴ですね

「リセットボタン押したらボスが倒れてゲームクリア」とか
面白くもないですし

なお、何もなくなった世界をさ迷っていた全王様は
後日、悟空さんに回収され
Z戦士の暮らす世界の全王様の友人になり
一緒に住むことになりました

全王様けろっとしてましたけど
「無音無視界で何もない空間」とか、普通の人が放り込まれたら
短時間で発狂しますからね?

絶対にマネしないでください

未来トランクス&マイの王子公認カップルは
しばらくZ戦士の世界にいましたが・・・
おまけ漫画によると、悟飯さんが「未来トランクスが取り戻した平和な未来を見たい」と
言い出したため・・・

未来に戻ってザマス異変を防ぐことに方針が変わり
未来に帰っていきました

悟飯さん・・・
そんなところまで悟空さんから遺伝もらわなくてもいいです
むしろ悟空さんの代でやめるべき

未来マイさんのお話によると、ピラフさんは死んだわけではないようですけど
とんでもない事にはなってるようです・・・
彼らしいと言えばらしいですね

 

・暇を持て余した神々の遊び

 

チェスのようなゲームをしている全王様コンビ
ふと・・・
「宇宙の数が多すぎやしないか?」と言う話に
そして「観察するのが面倒だからまた減らそう」と・・・

「また」・・・?
つまり以前も・・・?

そしてどんぶり勘定で「4つくらいあればいいか」と言うお話に

ちなみにこんな話がされてる頃、悟空さんは以前に全王様から言われていた
「武闘大会の開催」の話をしに「全王様スイッチ」ですっ飛んで行きました

彼はトラブルメーカーの自覚を持つべきだと思います

特に今回の場合は彼のせいで
とんでもないことに・・・・・・・

そして
それぞれの宇宙の破壊神に連絡が行きます

すごく個性的な皆様で・・・
あと、ゴワス様、案の定破壊神様に怒られてました・・・
ただ、どっちかというと
ビルス様に頼ったこと
が主な原因のようです

そして、全員集合時
「また第七宇宙(ビルス様)絡みか」で全員が一致

以前、「全宇宙かくれんぼ大会」を全王様主催でやろうとしたところ
ビルス様だけが隠れたまま50年ほど寝てしまったため
大会中止&全王様激怒と言うとんでもない事態になったそうで・・・

そりゃ恨まれますね・・・

あと、破壊神様が破壊予定の

惑星は

 

どれもエビシャコ的に
好みなので
できれば壊して欲しくないです

【BGM:ロケット団のテーマ】

 

あとベルモッド様が破壊予定の星

・・・なんかさっきからチラチラと
壊して欲しくないと希望の人が・・・

 

 

・それぞれの家族事情

 

ブルマさんご懐妊です
おめでとうございます!

花束用意する時間なかったのでこのキンギョソウ種怪人でも眺めてください

ちなみにマスクみたいなのは「アゴ(横開き式)」なので挟まないように・・・

ヒドイ!!!

トランクス君に弟か妹ができますね
もうすぐ生まれるそうです

合間の空白ページでも
ベジータ王子は洗濯物を片付ける手伝いに
「体が勝手に反応するようにする」という修行に取り入れるという
一家の父親としての自覚をしながら体を鍛えています

初登場時の彼がこうなるなど
誰が予測できていたでしょう?

そんなベジータ王子一家に悟空さんが一言
「なんだブルマそのハラ、おめぇ食べ過ぎだぜ~」
妊娠してんですよ!!!

そして今はこういう時期なので行けないというベジータ王子に
「(ベジータ、)おめえが産むわけじゃねえんだから別にいいじゃん」

最悪ですね!!!!?###
あなた主人公ですよね!!!!!?###

下手な悪党ですらそんなセリフ言いませんよ!!!?###

 

「オラなんて悟飯も悟天も生まれたことすら知らなかったぞ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悟天の時は死んでたんでまぁ酌量の余地ありとして・・・
悟飯は?
あなたお兄さん(ラディッツ)襲来の時に腕に抱えてカメハウスに来て
「息子」って紹介してましたよね?

奥さんがチチさんでなかったら離婚届に判押されてましたよ本当に

あと、チチさんはともかくビーデルさんに同じこと言ったら
たぶん命ないですよ・・・・・・

と言うか、この状態だとチチさんが他の男との間に子供作っても
気づかなそうですね・・・
気づいても「ま、いっか」で済ませそうで

そうなっても
「オラが父ちゃんだぞ」と器の大きいのかいい加減なのか
分からないところを見せそうではありますけど

そして、さすがにベジータ王子からも
「父親としては最低だな」と言われます・・・

ぐうの音も出ないほど正論です
そして恐らくこれまで倒してきた敵からすら同じこと言われるでしょう

そういえば、王子の父親のベジータ王も息子想い・・・というか
アニメではかなり親ばか入ってましたね
コルド大王に至っては息子フリーザさんを救助しに自ら母船に乗って捜索してましたし
映画でもパラガスさんは「息子(ブロリー)を守るため」ベジータ王に刃向かいました
ブロリーが危険だからと言う理由で殺そうとしてたベジータ王ですが
彼はたぶん自分よりもベジータ王子に危険が及びそうだという理由で決定したのではないかと・・・
ベジータ王子の弟ターブルは「おとなしい性格でサイヤ人には向かない」とまで断じたのに
殺さずに辺境を担当させてたりしてるあたり、彼なりに息子想い・・・
親ばかというかバカ親に片足突っ込んでたとはいえ

フリーザさんへの反逆決意したのも息子たちも彼にこき使われる将来を予見したのと
ベジータ王が反逆してもベジータ王子が有能有用で生かして使った方が利益になるから
下剋上に失敗してもフリーザさんが彼を殺すことはないだろうと読んだからでしょう
実際その通りで、フリーザさんは適材適所心がけてる上に有能で使える部下には優しいので
あと、「伸ばせる人材は育てる」ということもやってますね
この辺はコルド大王の教育の賜物でしょう
あと、コルド大王もベジータ王と同じこと(子供に危害及ぼしかねない芽をつぶす)してたでしょう
未来トランクスに交渉持ちかけたのも「強い相手には力でなく頭で対応」という老獪さと経験が伺えます
そして「息子(フリーザ)を殺した奴は許さない」という方針は変えませんでした
あのバビディさんですら魔人ブウ復活の目的の最大要素が「父親の仇討ち」
元祖ピッコロ大魔王も手下とはいえ「自分が産んだ存在」を殺されたことに対し激怒してました
で・・・彼の生まれ変わりかつ息子のピッコロさんは今は恐怖の魔王から保育士に転職して
悟飯&悟天&こっちのトランクスの師匠もやってます

初期のとんがってた状態を引っ張ってたベジータ王子ですら
いざ目の前で息子=未来トランクスがセルさんに殺されると
激昂して向かっていきましたし

・・・・・・・・
ヴィラン(元ヴィラン)サイドの方が親らしいことしてるのって
どうなんでしょうね?

なお、セルゲームの時からさっぱり音沙汰の無い17号さんは
現時点ではレンジャーとして自然や動物を守る仕事についており
結婚もしていて養子も子宝も恵まれているそうです

ではまた

 

(追記)

合体ザマス様ゲットしました
「登録」完了済みなので暴れる事はありません、ご安心を

あと、フリーザさんが復活したらまず悟空さんに論理教えるのと
彼でもできる仕事を斡旋するのが必要ですね・・・

いっそフリーザ軍に入れてフリーザさんが死んでる間に
幅利かせ始めた悪党たちをボコる役にでも回した方が
いいかもです

あ、オレンジとかレモンとかは貰っときますね  あとフルーツ各種

乳製品とか果物が好きになった原因ってたぶんナメック星編です♪

あと野菜も美味しいのです

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ