コラム<エビシャコの脱力小話>【コラム】漫画村の有料プラン「漫画村プロ 」【拡散希望】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

コラム<エビシャコの脱力小話>【コラム】漫画村の有料プラン「漫画村プロ 」【拡散希望】

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今回はコラムです

というか・・・
あまりにもあんまりだったので
取り上げます

やっていいことと
悪い事があります

 

コラム<エビシャコの脱力小話>【コラム】漫画村の有料プラン「漫画村プロ 」【拡散希望】

 

・漫画村とは?

 

皆様もご存知の通り、「無料で漫画が読めるサイト」で・・・
問題なのは、このサイトが著作権者に一切リターンをしていないことです
つまり、作者や出版者に無断でアップロードし公開していることです

海賊版サイト
と呼ばれるものですね

今や珍しくもないですし、逆恨みされるのも面倒なので通報して法の裁きが下るのを待つだけ
という、見かけても通報してノータッチが今までのエビシャコでした

今回は、

このサイトはやり過ぎた

そう思ったのでわざわざ取り上げる事にしました

 

・有料プラン「漫画村プロ 」

 

「漫画村プロ」とは、月額500円の有料サービスだそうです
内容は

「全ての広告が除去される」
「3人まで同時に使用ができる」
「画像のダウンロードがzip形式で可能」
「安定したサーバー」
「どこよりも安い&全ての漫画が見放題 」
といったもの

特に珍しくもない優遇プランですね

それに
別にエビシャコはこれ見て取り上げようとか思ったわけではないです

何度も言いますがそういうのは見かけても通報してノータッチが今までのエビシャコでした

はい、理由は他にあるのです

 

漫画家が漫画村を宣伝してくれたおかげでユーザーが1.8倍になった

↑これです
これがエビシャコが今回行動した
最大の要因です

これ、どこかのサイトが調査した結果とか
それならエビシャコは「そうですか」で済ませてました

そう、他人が調べた結果なら、どんなコメントだろうとスルー徹底してました
これが・・・
漫画村という海賊サイト御本人の発言でさえなければ

そう、これを言ったのは
「漫画村」公式コメント、そのものなのです

漫画家たちによる漫画村への「批判コメント」を皮肉ったものと推測されています

これを許しては絶対にいけません

 

 

・「ネット上だから」は免罪符ではない

 

エビシャコはこのブログで本を紹介しています
それらは全て私自身が自費で買った本であり
「面白いから他の人にも読んでもらいたい」と思ったからこそ
ブログで紹介しているのです

「突っ込み画像」も、実は大半が「書籍購入のきっかけになったもの」です
あと面白そうなコマを取り出したりして
このブログを見ている方に興味を持っていただこうとしています

便利ですね、画像検索・・・すごく助かってます

「目的のものとは違う検索結果」が出た場合も、そこから派生して別の新たな書籍を見つけ購入するきっかけになったりします

「ネット」ができていなければ、ここまで多岐にわたる選択や本との出会いは無かったでしょう・・・

エビシャコが本に出会い、集め始めたころはまだ今ほどシステムは整っておらず、電子書籍もなく・・・絶版本は古本屋をはしごして集めたものです

それがたとえ古本でも、そこから面白さを知り作者の名を知り、やがて今作者さんが出している本にたどり着く・・・

そう、本は「出されて終わり」ではなく、延々とつながっているのです

なので、そんな苦労もあり、このブログもに興味がある方々の「出会いの場所」(もちろん健全な意味で!!)の一つになればと、ブログ開始当初から「絶対に会員制にしない(募集もしない)」「絶対に有料記事は創らない(書いた記事は全て無料公開すべし)」「絶対に記事読者並びに紹介した書籍とその出版社・著者の利益になる記事を書く」三本柱を不変のものとしています

あと、微力ながら「読書離れ」を引き留めようとも思っています・・・微力ながら

書籍が買われれば、それは出版社と作家の方の利益になります
本が売れれば制作者側が儲かる
分かりやすいこの仕組みに
楽しませていただいたせめてもの御礼になればと
そう思って色々やっているのです

なので、「古本屋」の存在もエビシャコは認めています、出会いの場として

本が手に入らなければ一生知らなかったかもしれない、今も本を買っていなかったかもしれない作者の方々は枚挙に暇がないので

なお、エビシャコのボケは特に意識したものではなく「天然」なのであまり気にしないでください、気が付いたらボケかましてる事が日常でも多いです・・・

あと御礼なら謝礼を送ればいいと思われるかもしれませんが

現金をそのまま送るのは
生々し過ぎてかえって不気味ですから

ドン引きされて大騒ぎになるのは
目に見えてるんで・・・

迷惑かけるのは本意でないので・・・

感謝の気持ちを伝えたいのに
恩を仇で返すのは
本末転倒ですから・・・

はい・・・

だからこそ、今回のような
「悪意をもって無料公開をするサイト」
許すわけにはいきません

金儲けとか、何も知らぬ輩がアクセス欲しさにとか
そういう珍しくもないパターンならスルーしていましたが

根底にあるものが
悪意

こればかりはスルーはできません

彼等はつまり、「漫画家に経済的打撃を与えるためにサイトを経営している」
公言したも同じなのです

これは決して許されることではありません

当ブログでも何回か取り上げた「虐待厨(虐厨)」という存在がいます
彼らは、キャラクターを虐げ、時に勝手な設定を付加したりして貶めます
問題なのは、それを他者にも強要したり、
そのキャラクターのファンの場にまで荒らしなどの攻撃を行う事です
さらに、彼らはあろうことか、その虐待対象のファンにまでも
牙を剥き、勝手な設定を付与して貶めた上で卑下します
「こんな事をして申し訳ない」と頭を下げるのがスジですが
彼等はそれと真逆の悪辣な行為ばかりを繰り返しています
その結果、潰れてしまった場所は少なくありません
後ろ盾の弱い二次創作キャラやオリジナルキャラはひとたまりもありません
完全に消えてしまったり、あるいは「荒らし」という不名誉なレッテルを貼られ
どこの場からも締め出されるという理不尽を受けた例は枚挙に暇がありません

さらに問題なのは、彼らの嫌がらせで筆を折った作家が少なく無いという人的被害が存在している上に、加害者の虐厨たちは反省するどころかより調子に乗ってそれを常套手段にしてしまっていることです

彼等と漫画村の共通点こそまさに
悪意
なのです

たしかにネット上は今現在もあいまいで
そのため殺人予告や麻薬と言った違法情報のやりとりが後を絶ちません

(こういうのはいけないことだと、小学校で習ってるはずなんですけどね・・・理解に苦しみます)

しかし
だからと言ってこの環境に甘え
悪質な行為を悪意をもって行う事は
人としてやってはいけないことです

「この程度じゃ警察は動かないから」
これは理由動機として最悪下劣に分類されます

ペナルティが怖くないから人に迷惑をかけてもいい
などと言う理屈は
ありません

この記事をご覧の皆さま

漫画村には決して行かないでください
利用しないでください

書籍を買ってください
今は「電子書籍」も充実しています

調べものなどのやむを得ない場合でも
漫画村を使うくらいなら他のサイトを使ってください
その方がましだと考えてください

図書館を利用するのが一番ですが・・・書籍を取り寄せたいなどの場合は、通販サイトの評価を見る事をお勧めします、というのはあらすじを簡単に書いて紹介してくれる人がいたり、低評価を見ればその作品の欠点が見えたりと購入決定するか否かを左右するのに重要なファクターを多数含んでいるので

悪意というを使う者は
もはや「海賊版サイト」ですらない
ただの「迷惑業者」です

決して許してはいけません

ではまた

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ