【小説・ノベル感想】レ・ミゼラブル  ヴィクトル・ユゴー(Victor Hugo) 著【書籍感想】【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

レ・ミゼラブル  ヴィクトル・ユゴー(Victor Hugo) 著

 

アニメやコミックにもなっている不朽の名作です!
なおエビシャコの推しは「パトロン・ミネット」

 

レ・ミゼラブル  ヴィクトル・ユゴー(Victor Hugo) 著
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・はじまり

 

この物語は、一人の男がパンを盗むことで始まります
犯行時に銃を所持していたため下された判決は「懲役5年」

・・・・・・・・・・・・・・・

ジャン・バルジャンさん
あなた、一人か二人殺しました?
でないならこの判決下した判事の頭がおかしいとしか・・・

なお、この年数は脱獄の誘いに乗ったりしたために最終的に19年にまで伸びます

そして出所後・・・
どこの家も泊めてくれなくなります
金を払うと言っても泊めてくれません

パン盗んでこれって、殺人とか強盗とか放火した日にはどんな制裁待ってるでしょうね・・・?

あなたの攻撃喰らったらリント即死ですけど!!?

 

さすがに
パン一切れが人命よりも重い
とか言う
下手なディストピアも真っ青なブラックな社会とは思いたくないですけど

 

・司教(「聖人君子」)

 

「ジョジョの奇妙な冒険第4部~ダイヤモンドは砕けない~」に
「トニオ・トラサルディー」というイタリア料理店を経営するスタンド使いが出ます


彼は決してその能力を悪用することなく、店に来てくれた人を幸せに健康にする事
それだけのために料理を作りスタンド能力を使っていました
私利私欲のためにスタンドを使う(殺人に使うとかチャメシインシデント)輩が多い中、
彼のこの真摯な姿勢と善良な心はジョジョファンの心をがっしりと掴みました
「聖人君子」、まさにこの言葉がふさわしい人物であると誰もが認めています

どうしてこんな話をいきなりしたかと言うと・・・
この物語にも「聖人君子」が出るからです
名を「ミリエル」
司教をやっていますが決して生臭坊主ではなく、生活必要最低限(自分と妹たち2人の計3人が暮らしていける最低限)以外のお金は
全て寄付
その人格から盗賊すらも彼に寄付を寄こすほど・・・

そして、彼との出会いによってジャン・バルジャンは変わります

 

・テナルディエ

 

正直
出てくる物語が違ったら噛ませ犬にされて惨殺という末路でもおかしく無かった小悪党です
ファンティーヌさんから娘コゼットを養育する代わりに大金を送るように要求
大金をせしめる一方で、コゼット嬢は奴隷同然の扱いに・・・


なお、それで生活が良くなるわけではなく
どんどん家族巻き添えで転落していきます

 

 

・コゼット

 

この物語は彼女の物語ともいえるほどの重要人物です
ファンティーヌさんの娘で最初はテナルディエ宅に預けられていましたが・・・
ファンティーヌさんを保護したジャン・バルジャンが彼女を救出し
養子にしました
こうして彼女はやっと「人間の少女」としての人生を歩み始めます

 

・ジャベール

「正義を振りかざす奴が暴走するとこうなる」の典型例
警察官ですが、法を順守するあまり融通が利きにくい
・・・などという言葉でお茶を濁すことができないレベルで
やらかしまくっています

コゼット嬢の母ファンティーヌは彼が殺したようなものですが
彼自身その「殺人罪」を「自分に適用」しないので
人によっては「正義に酔ったヒーロー気取りの(ry」に見えるかもしれません

「狂人であることを自覚しながら悪党に情け容赦ない制裁を与える赤黒の人」とか「悪であることを認識しながら信念をただ貫く人」の方がまだマシ・・・

少なくともあなたは該当しませんね!

 

ファンティーヌさんが死んだときに責任とってその場で
速やかに自害していれば評価は変わったかもですけど

 

・マリユス

 

コゼット嬢を射止めた貧乏大学生
フルネームは「マリユス・ポンメルシー」
実家は「ポンメルシー家」という裕福な家です

なお、祖父ジルノルマン氏は「ツンデレ」
孫が可愛いのに傍にいて欲しいのについつい当たったりしてその都度喧嘩になって
孫が出てくと激しく後悔するという、そんな人です


ユゴー氏がこれ執筆したころは「ツンデレ」などという言葉は存在していなかったでしょうに
どうしてこうなったのでしょうね?

ちなみに、彼と祖父が仲たがいしてる主な要因が「支持派閥の違い」という・・・

なんとなく、今のアメリカ社会を連想しますね

 

 

・パトロン・ミネット

 

最後に、エビシャコ推しのとある集団
主なメンバーは、優男風の殺人者「モンパルナス」
暗闇「クラクズー」、道化役の「バベ」、力自慢の巨漢「グールメル」
「パトロン・ミネット」とは「子猫男爵(犬と狼の間)」の意

夕方に起きてサルペートリエール救済院近くの野原で会合
夜の間に「仕事」をし、明け方には解散
名前を口にしただけで警察はピンとくるほどの犯罪集団にもかかわらず
実体がつかめず、結成後に逮捕にこぎつけたのはたぶん本編の一回のみ・・・


なかなか素敵だとは思いませんか?

コミック版を手にして彼らが出てる事を知り
喜びのあまり、彼らを表現するための素体(MGターンX)を買ってしまいました

ではまた

(追記)
ターンXの完成は別のブログで
コミック版はそのうちレビューしますので
気長にお待ちください

レ・ミゼラブル 小説

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ