小林さんちのメイドラゴン カンナの日常 5  木村光博 クール教信者 【まんが・コミック感想】【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

小林さんちのメイドラゴン カンナの日常 5  木村光博 クール教信者

 

「小林さんちのメイドラゴン」スピンオフ
今日も可愛い幼女ドラゴン・カンナちゃんの日常が綴られます

 

 

小林さんちのメイドラゴン カンナの日常 5  木村光博 クール教信者
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

なんか、表紙からして
二人ともカンナちゃんを狙ってますね・・・
ヤバイですね・・・

ではレビューまいります

 

・狩りの時間

 

小林さんが会社のデスマーチで留守の間
(イルル様は勤め先の駄菓子さんのところへ泊りがけ)
トール様とカンナちゃんの二人きりになった小林家
カンナちゃんの晩御飯のリクエストは「おさかな」
と、いうわけで二人は魚を
直接取りに行きます

空間に穴をあけて海へ行き、本来の姿に戻って・・・
ドラゴンクロー!!


なお、異世界なので魚は乱獲しても大丈夫&ドラゴン向きの大きめの魚ばかり
(それでも二人と比べるとイワシサイズですけど!?)

ちなみにイルル様は結局、
タケ君の友人も駄菓子屋に来たことで
「いつの間にあんな彼女を!?」と収拾がつかなくなり
帰宅してきました・・・

まぁ、英断かと
思春期の男子に彼女のボディ(急所は絆創膏、そして平気で脱ぐ)
刺激が強すぎますから・・・

 

・看病の時間

 

カンナちゃんの親友(ですよね?)の才川さんが風邪をひきます
カンナちゃんに会いたいがために38度の熱であるにもかかわらず
登校したそうです


・・・インフルエンザでしょうかね?(遠い目)

そして、カンナちゃんが才川さんの面倒を見る役を買って出ると
目の前で発言したために
ボヘ炸裂→からの→KO!
恐らく砂袋で思い切り殴ってもこうはならないだろうというくらいの
ボヘ死っぷりでした
しかも脳だけでなく心臓にまでショック逝ったようです・・・

エビシャコは彼女の将来が本気で心配になってきましたよ

結局、才川さんは先生が自宅へ送り届け
放課後、カンナちゃんがお見舞いに行くことに
「お粥を作ろう!」トール様が小林さんが風邪で倒れた時に作った
「”消化のいいもの全部入り”お粥」を想像するカンナちゃん
まぁ、才川さんならカンナちゃんの手料理なら
たとえ苦味しかない草の汁だろうと食い尽くすでしょうけど・・・

幸い、才川さんの家にあった料理の本を読んでラーニングし
きちんとお粥を作りました
・・・・・・・トール様も料理の本読んだはずですけどね?
どこで違いが生まれたのか・・・?

なお、才川さんの熱は・・・
カンナちゃんが「おでこをくっつける」という方法を実践した結果
ドラゴンのはずのカンナちゃんですら火傷を負うレベルの高温に・・・!?

才川さん・・・
あなた、人間ですよね?
純粋なリント族ですよね?

 

・クロエちゃんの時間

 

本編7巻でカンナちゃんの家出先のアメリカで出会った少女・クロエちゃん
彼女がカンナちゃんに会うためにやってきます

かなりの大企業のトップの娘さんで・・・
(後日、帰国後に自分の「ブラックカード」を使用
”パティシエごと”カンナちゃんへ大きな塔状のチョコケーキを送ってきました・・・)
高級そうな黒塗りの車に乗って屈強なボディガード二人を従えて来日
転校生でもないのに小学校へ堂々と入り
カンナちゃんをわざわざ校長先生経由で呼び出すという・・・
この時、カンナちゃんが校長先生にお説教されると勘違いした才川さん
カンナちゃんだけしか呼ばれていないのに当然のように校長室へ
そしてカンナちゃんよりも先に校長先生に挨拶
「校長先生がカンナちゃんを叱ったらかばうつもりで来ました」
・・・堂々とこのセリフを言えるってある意味すごいですね・・・

才川さんの家も金持ちで大きな家なのですが
クロエちゃんは彼女の家を「ペットハウス」と勘違い・・・つまりそれほどの豪邸を持つ桁外れの金持ちなのです
カンナちゃん曰くクロエちゃんは「ちょっとと才川と似てる」そうです

そして・・・
当然のごとくカンナちゃんの好感度をめぐって才川さんは対抗意識を燃やします
昼ドラみたいな展開にはならず
あくまで子供の自慢合戦に終始するところ
見ていてほっこりします

まぁ、喧嘩とかしたらカンナちゃんの好感度が大幅ダウンしますからね・・・

なお、カンナちゃんはクロエちゃんにだけ「本性」を見せて
才川さんには正体を隠していますが・・・
それでも「最初にできた友達」だからと、アメリカで一緒に暮らそうという
クロエちゃんの誘いを断りました
そして初接触時に貰った飴の袋を今も大切に持っています

ちなみに、才川さんの普段やらかす数々の言動のことは・・・
「暴走」と、カンナちゃんはきちんと意識しており
後日、クロエちゃんからのアメリカからの電話に
「才川の暴走は仕方ない、許してあげて」
「才川が暴走したらメッしとく」と答えています

仕方ない・・・って・・・・・・・

 

・おこたの時間

 

寒い寒い朝
小林さんはもっと布団にいたいのですが
一緒に遊びたいカンナちゃんが許しません、容赦なく布団を剥ぎ取られます
「カンナちゃんの鬼!」
いいえ、ドラゴンです

寒いので炬燵をだすことに
しかし・・・なんと壊れていました!

※イメージです

小林さん一家は総出で炬燵を買いに出かけます
が・・・・・
外に出て目移りするカンナちゃんへ釘差したはずの当の本人である小林さん
家電量販店のお試しコーナーの炬燵に入って
まったりします
カンナちゃん、出て来なくなると察知して引きずり出します
「カンナちゃん、厳しいなー」
完全に炬燵の魔力に惑わされてますね・・・

 

・メイド喫茶の時間

 

カンナちゃんと才川さん、トール様が(コック長として)働いている
メイド喫茶に遊びに来ます
このために二人は節約をしてきました
カンナちゃん、艱難辛苦の日々を思い出して
小刻みに震えながら青ざめます

メイド喫茶の他の店員メイドさんたちはカンナちゃんを
「トールコック長の娘さんでは?」と推測
トールコック長、
「この勘違いを広めてって周囲を埋めていけば、
小林さんも受け入れざるを得なくなる」と企みます

さすが、混沌勢トップクラス・・・

ですがしかし、すぐにカンナちゃんに「トール様はお姉さん」と
目論見を砕かれます
カンナちゃん、何故かトール様に怒られました

彼女何も悪いことしてないですし
悪いことしようとしたのトール様ですけどね!?

なお、トール様の影響でメイド喫茶は「暗黒系魔術」
メイドたちが使う喫茶店となっています
まぁ、トール様も「旧支配者」がどれだけヤバイかはご存知でしょうから
マジでガチでヤバイの呼びそうになったら止めに入られるでしょう
むしろ、魔術のエキスパートの指導があるからこそ
「面白半分orなんちゃってでマネたらヤバイの出てきて大惨事」という
クトゥルフTRPGとかでありがちなパターン
未然に防がれていると言えなくもありませんね


ガタノ様、あなたもかなりヤバイ部類に区分されるんですけど?

ではまた

 

(追記)

ハリポタの「ディメンター」ってなんとなく美味しそう・・・

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ