【小説・ノベル感想】十二人の死にたい子どもたち 冲方 丁 文藝春秋 【書籍感想】【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

十二人の死にたい子どもたち 冲方 丁 文藝春秋

 

あの「マルドゥック・スクランブル」の冲方丁先生が描く
謎が謎を呼ぶ「死にたい子供たち」の活躍するミステリーサスペンスです!

 

十二人の死にたい子どもたち 冲方 丁 文藝春秋
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

大阪で大きな地震が起きました
大阪とその付近にお住いの皆様
余震が今後続くと思われます
引き続き、身を守る行動をとってください
塀やひびの入った建物には、なるべく近づかないようにしてください

ではレビューまいります
大きくネタバレしない程度に

 

・12人の子供たち

 

元々は病院だった建物へ、様々な事情から12人の子供たちが集まります
動機や生活環境、性別年齢様々な彼ら彼女ら
ですが「安楽死」、という
共通の目的のために集まりました

エビシャコがその場にいたら全力で止めてますけどね

 

・事件? 陰謀?

 

子供たちが集まるその建物では「異変」が起きていました
外に吸い殻が落ちていたり、モップが自動ドアの傍にあったり
エレベーターが4階で椅子などの障害物をドアに挟んで動けないようにされていたり
トイレに靴が片方だけあったり・・・・・・

そして最大の「異変」は・・・
彼ら彼女らが「眠り」につく、その予定だった部屋の中で
彼ら彼女らの誰でもない「謎の少年」が
死んでいました

こうして、「計画的な集団自殺」から状況は一変
この謎を解く議論へ展開していきます

 

・2番:ケンイチ

孤立を嫌う少年です
周囲と違うことをして孤立することを嫌がってはいますが
違和感を覚えるとそれを解決せずにいられない性分も持っているという
矛盾した性質があります

エビシャコはそういうのは嫌いではありませんよ?

 

・3番:ミツエ

化粧をしたり、謎解きよりも「計画の実行」を優先しようとしたりと
かなり積極的勝つ感情的な少女です
なお、参加理由は「亡くなった好きなアイドルの後を追うため」

そのため、後述の「4番」の自殺参加に猛反対することに

 

・4番:リョウコ

マスクと帽子で素顔を隠していた少女
芸能界でバリバリ働いてる売れっ子子役「リコ」
母親も芸能界の女優
で、母親や周囲から作られた「リコ」が嫌で参加したそうです
そのため、「4番」「リコ」といった呼ばれ方を嫌い
あくまで「リョウコ」という本名で呼ばれることにこだわっています

 

・5番:シンジロウ

異変が起きた際に「探偵役」として事件解決に積極的に乗り出した少年です
推理力も洞察力もかなりあります
「思考すること」を好み、その類まれな能力で家族を含む周囲を
巻き込んでいた模様

 

・6番:メイコ

多数派に所属することに安心感を覚える少女です
ピンク色の髪飾りをつけています
最も小さい「12番の少女」に声をかけて安心させようとするなど
母性的な面も

 

・7番:アンリ

まとめ役的な少女
黒い服を身にまとい、大人びた雰囲気です
何かを話すときは反論を受けた際に出すべき答えをすでに用意しているか
あるいはとっさにその場でひねり出せるかという
かなり議論の能力に長けてもいます
タバコのことを「毒の塊」と称して嫌ったり、
火をつけっぱなしの煙草に「火事」を危惧するなど
危機管理能力も高め

 

・8番:タカヒロ

たどたどしい口調が特徴の少年
と、いうのも母親に不眠治療として睡眠薬を含むあらゆる薬を医師に処方してもらって
大量に常日頃飲まされているため

時間が経過し薬の効果が体内から薄れてくると・・・・・・・・

 

・9番:ノブオ

 

メガネの少年です
盛大にネタバレになるので詳しくは書けませんが
「あること」をして参加した、とだけ

 

・10番:セイゴ

あまりよくない環境下で育った少年です
喫煙していますが
未成年は絶対にやってはいけませんよ!?


そのため、一見荒んではいますが精神面はかなり大人
今回の参加理由は、実母が付き合ってる「ヤバイ男」が保険金目当ての殺人を計画し
実母がそれに乗ったため
しかも、その保険金をかけている(殺す予定の)相手はセイゴ自身・・・

エビシャコが「ヤバイ男」を天井裏に引きずり込みたくなったのは
言うまでもありません
もちろん、「ネスト」直行コースです
慈悲はありません、「繭」になりなさい

 

・11番:マイ

ひたすらマイペースな金髪日焼け肌の少女です
思考も言動も浮いてはいますが、
それでいて鋭い指摘をしてきたり、彼女の一言で状況が一変するなど
なかなか侮れない存在です

 

・12番:ユキ

メンバーで一番小さい女の子、最年少
人見知りで、重要情報を知っても注目されたりするのが嫌で敢えて黙ったり・・・
マイの一言で「計画実行」どころでなくなった時には机に突っ伏すなど
かなり可愛い仕草も
マスコット枠、ですかね

エビシャコの中では速攻で「白い子ウサギ」のイメージに固まりました

エビシャコは「かわいいもの好き」なだけですけど!?

 

・1番:サトシ

今回の「集団自殺」の企画の司会役審査員参加者の少年です
場所の指定から準備、自殺方法や遺書の保管場所などなど
大人顔負けの実行力の持ち主であり、
議論の際は進行役であり参加者であり助言や提案を行うなど
やはり大人顔負けの能力を発揮します
彼のような人材なら、どの企業からでも引く手数多でしょう

実際にいたらエビシャコもスカウトしてますよ

 

 

・0番(?)

「謎の少年」
室内でいきなり死んでいるという衝撃的な登場の仕方をします


当初は彼が一番先に来た主催者の「1番」と思われていましたが
後に本物の「1番(サトシ)」が現れたため当然ながら「じゃあ、こいつは誰!?」という話に・・・
周囲には錠剤、傍に車椅子(異様に痩せた足から、自力歩行が困難か不可能と推測)
状況から一見「車椅子でここまで来て勝手に服薬自殺した」と思われましたが・・・

子供たちの議論や謎解きや刻一刻と変化する状況は
とても面白く、「引き込まれる」勢いです
時間を忘れる面白さとは、まさにこのことでしょう

ではまた

 

(追記)

ナイフが刺さったマネキンとか、妙な植物とか、
奇妙な飾りつけがされてる部屋のある建物
絶対に集会とか心中の現場にしないでくださいね?

絶対に集会とか心中の現場にしないでくださいね?
(大事なことなので二度言いました)

帰ってください(汗)

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ