【ゲームプレイ日誌】エビシャコのマインクラフト日誌 20181005【ゆるゆる まったり】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

エビシャコのマインクラフト日誌 20181005

 

 

動物さんしかいなかった「白虎山」に
新しい仲間が加わりました

 

 

 

エビシャコのマインクラフト日誌 20181005

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

定期報告まいります

 

・続・エンダーマン対策(主に注意事項)

え~、前回「エンダーマンへの対処法」を言いましたが・・・
重要なことを忘れていました
それは、「エンダーマンが単体で活動している」という「前提条件」の元で
組み立てられた攻略であって
複数のエンダーマンがいた場合はあまり参考にならない、と言うことです
「エンドにでも行かない限りそうはならないだろう」
「そもそもワールドに4体しかいない」
「エンダーマン自体が遭遇するのはごく稀」
「だからサバイバルでもワールドで複数個体同時とかまずありえない」
そう言われるかもしれませんし、エビシャコもそう思っていました
なので、難易度をピースフルから変更して
鉄装備と釣りでゲットした「無限」付きのエンチャントの弓を持って
狩りに出かけていました
エンダーマンが出ても対処すればいい、と
ところが・・・ある時、
遠くにいるゾンビを射ようと矢を射ました
それは外れました・・・が
その射線上にエンダーマンがいた事に全く気付きませんでした
周囲真っ暗&エンダーマン自体が黒い体色で特徴は猫目くらいなので
結果、近くにワープしてきたエンダーマンに死角からボコられました
幸い鉄フル装備のためダメージは少なく、すぐさま反撃しようと
振り向いて「目の前の」エンダーマンへ斬りかかりましたが
別方向から攻撃が
ゾンビの接近を許したのかとそっちを見ると
エンダーマンがワープした痕跡が・・・


・・・・・・・・
さすがにおかしいと思い
視点変更したエビシャコは
自分を包囲する
3体の
エンダーマンを確認しました

そういうわけなので
エビシャコのようにめちゃくちゃ悪運に恵まれてでもない限り
4体中3体に同時にアプローチされるとか言う事は
ないと思いますが・・・
「エンダーマンはワールドでも複数同時に来ることがある」
この発見をどうか記憶にとどめてください

対処法は
水辺に逃げ込むしかないです
エンダーマンは水に入るとダメージを受けるジャミラ体質のため
水に入ると即ワープします

一度ロックオンされたらどこまでも追いかけてくるため
倒すこと前提の行動を取りましょう
拠点内に逃げ込んでも追いかけてきます
2ブロックの高さしかないところに入っても
外で待ち構えてるので・・・

何より怖いのは、待ち構えてる間に暇つぶしに勝手にリフォームされることですね

 

・ネザー砦行きました

 

ネザーへ行きました
ひとまず手近にあった大きな浮島へ橋を渡しました
そこをぐるっと回りソウルサンドやグロウストーンを採っていると
明らかに人工物らしきモノに出くわしました
「通路」なのですが、他の地形と異なり
人工的に整備されたものです
進んでみると・・・朽ちた古代の城を思わせる構造物を発見
ネザー砦です!!

さっそく中へ入りブレイズスポーンを確認
ブレイズを狩ってブレイズロッドをゲット
さらにネザーウォート畑からネザーウォートを採取

あと、ブレイズを狩っているときに出てきた
ウィザースケルトンですが・・・
何体か狩ったもののウィザー召喚に必要な頭を落とすものは皆無でした
かなりのレアなのでしょう・・・

 

・第一村人誕生

 

釣りをしながら名札を集めるつもりでしたが
「宝釣り」が欲しいのに「入れ食い」という
「お宝ゲット確率ダウンと引き換えにお魚ゲット確率アップ」の
エンチャントのものしかゲットできず・・・
耐久の釣り竿で延々釣っていても
名札はなかなか出ず

なので・・・
弱体化スプラッシュポーションと黄金リンゴを作りました


目当ては「村人ゾンビ」
それも名札を取引できる「白い服のゾンビ」=「司書」です
エビシャコの拠点にしている場所の近辺は
なぜか高確率で村人ゾンビが沸くのです
それを利用します
村人ゾンビさえ出てくれば、あとは「白い服」のみ
目当ての「司書」か「製図」かは二つに一つ
賭けではありますが、それほど分の悪いものではありません

日が沈んだら作戦開始
ピースフルからイージーに切り替え
モンスターを狩りながらひたすら村人ゾンビを待ちます
2回目の日没
目当ての白い服の村人ゾンビが沸きました
さっそく拠点の入り口へ誘い、作っておいた治療施設に隔離

ここでの注意点は「弱体化”スプラッシュ”ポーション」でなければならず
普通の「弱体化ポーション」を使おうとすると
投げずに自分で飲んでしまうという惨劇が起きます


また、黄金リンゴを使う際には至近距離に近づいて使用せねばなりません
でないと、せっかくの高コストリンゴを自分で食べてしまうという
大惨事に・・・

こればかりは、取れる安全策は閉じ込めたところでセーブする以外ないです
目当ての司書でなかった可能性も考えて
エビシャコはセーブしておきました

そして・・・
ゾンビさんは村人さんに変化!
しかも、目当ての「司書」!!

デスポーンを防ぐべく
あらかじめ確保しておいた名札で付けた名前は
「おんみょう」

エビシャコはあらかじめ作っておいた家々が連なる長屋へ彼を案内しました
これからしばらくは彼と愛馬たちと平和に暮らそうと思います

ではまた

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ