【まんが・コミック感想】名探偵コナン 犯人の犯沢さん(4)  かんばまゆこ (著) 青山剛昌 (著) 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

名探偵コナン 犯人の犯沢さん(4)

 

戦場への、帰還・・・

 

 

 

名探偵コナン 犯人の犯沢さん(4)
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・犯沢さん、帰る

 

前巻で
死体の山やら血の海やらを築き上げながら鈍行する
死神探偵一家と同行して
無事に故郷に着いた犯沢さん
本名「犯沢真人(まこと)」さん

幼馴染のサキちゃんとも再開し故郷へ残りたい心がうずきますが
「工藤新一」への殺意を新たにし
ロアナプラよりも危険な人食い市街地「米花町」へ帰りました

なお、コナン君たちも帰ってきており
彼らが帰り道でいったいどれだけの数の
命を奪ったのか
想像する事すら恐ろしいです・・・

そして犯沢さん
その死神一家にすっかり鍛えられた彼は以前の彼とは別人でした
ほぼ内戦地帯と化している町の中を平然と歩きます

もはや彼は立派な米花町の住人と言えるでしょう

 

・模様替え

 

モチベーションの維持に悩む犯沢さん
お部屋の模様替えをして
「犯人の気分」を維持しようと試みます
が・・・・・
彼はここが「米花町」であることを
認識しておくべきでした

中古ショップへ行きアイテムを購入するのですが

どれもこれも殺人事件の現場にあった物や
殺人に使われた凶器ばかり・・・・・・・
「あの御方」の使った人形や
アニメEDでコナン君が乗ってた大きな方位磁針とか
どういう経路で入ってきたのか謎ですが

そうとは知らず買った上に部屋に持ち込んでしまいます

夜中、怖いと感じて部屋から出て涙目の犯沢さん

彼に少しでも霊能力があったら
部屋の中がエライことになっていることを
悟っていたでしょう

ああいうのって「惹きつける」ことがあるんで・・・

 

 

・借金の返済

 

さて・・・ポメ太郎を買う時の借金50万円
返済のめどが立たない犯沢さん
このままでは犯人になる前に
人生が終わってしまいます

そんな彼に救いの手を差し伸べたのは
アガサ博士
ではなく、今回は灰原哀さん
工藤新一を小さくしてしまった「アポトキシン4869」を開発した
天才科学者「シェリー」でもある彼女は
博士の研究所に住み込み
研究を続けています
そんな彼女の発明品の被験者になることで
犯沢さんは借金の返済をすることに

今回の発明は「アポトキシン4869」改良タイプ(100倍希釈)
コナン君を小さくしてしまったアレを
ダイエット用に改良(100倍希釈)したものを腹に注射
コナン君が聞いたら「オイオイ(汗)」と言う反応が
返ってきそうですね

そもそも「毒」だろう、それ?

 

その結果、ややメタボだった犯沢さん
スリムに!!

一定時間で戻るとはいえ
大発明ですね
世界中のメタボに悩む人々に売れます!
恐らく量産体制に入れば大儲けでしょう
まぁ
そんなことになったら「黒の組織」に全部バレるわけですが
抜けてるとこありまくりとはいえ
(しかも幹部のジンさんの行動がコナン君たちにとって最大の味方になることが
しばしばあったり・・・)
マヌケな組織ではないのですから

ちなみに名前の「アポトキシン」は
「アポトーシス=細胞自死」の意

「名探偵コナン」だけでなく
「パラサイト・イブ2」のクリーチャーの中には
自発的にこれを行って変異をするものがいたりしました
それよりもあのゲームのクリーチャーの場合は
「全部が人間ベース」で年寄りを騙して被験者にして作り出したという
かなりアレな設定が目を引きました

「攻殻機動隊SAC」では「振付師」というテロリストが使用
「食べた人物の全身の細胞がアポトーシスを起こす」という仕組みを
「マイクロマシン米」へ仕込んでいました
彼女の場合は国が飢餓救済のための彼女の弟の研究を弟を殺して奪った上に
「マイクロマシン米」が金持ちの口にのみ入る高級ブランドに仕立て上げられたという
「殺されても文句の言えない事」をすでに相手側がやらかしている点が
同情を誘いました・・・

 

・米花町における「防犯」

 

「アルバイト」で無事に借金返済完了の犯沢さん
「言い値でOK]という灰原さんの言葉通り
「150万円」を請求してゲット
つまり、借金50万円を返済した彼の手には
100万円が・・・
(アガサ博士、この後募金箱抱えて駅前に立っていました)

凶器として銃を購入すべく
「防犯ショップ」へ行きます
(なんで武器が置いてあるのかが謎)

期待通り、遠距離の相手から防犯するためのスナイパーライフル
ビル丸ごと防犯するためのロケットランチャー
多数の相手から防犯するためのガトリングガン
が置いてありました

「防犯」って何でしたっけ?


戻って来い、ゲシュタルト崩壊しているぞお前;

それとですね・・・
すいません、店員さん
説明の絵の中で実際に使って見せてる二人は
黒の組織のメンバーですけど!?
しかも「キャンティ」と「コルン」という
ジンさんたちがよく使っている腕利きの実行班


スタウト飲んでる時にやられたらしいなお前

そうなのです

酒瓶ラッパ飲みしてるところへ
銃弾打ち込まれるだけでも炎上して大打撃なのに
ロケラン持ち出されたら本格的にヤバイのです


せめて最終決戦でそちらの仲間が投げ込むまで
待ってください


お前は脱出する側だろう?


ガナード化してないリッカーは普通に襲ってくるのです・・・

 

・ポメ太郎誘拐事件!?

 

ポメ太郎君たちとお出かけの犯沢さん
お店に入っている間に
ポメ太郎君が盗まれかけます

幸い路地裏で奪還に成功
犯人さんも飼い主が来たと悟るとあっさり返却

え~とですね、誘拐未遂さん?
ここは「米花町」ですよ?
いつから犯人役が殺されることはないと
錯覚しておいでですか?

ドドドドドドドドドドドドドドドドド

「誘拐犯と揉み合ってるうちに相手が死んだ」とか
状況的に言い訳になりますからね
この市街だと「どうせ逮捕されるから」と
サクッと殺して電撃自首するという
探偵泣かせの禁じ手使う人もいそうですし
(探偵が出てくると明るみにしてほしくない秘密まで
洗いざらいぶちまけていくことになるので
プライバシーの点からこっちの方がまだマシと言えるかも・・・)
(そもそもこの手を使われると探偵の出番がないので
コミックの1ページにすらならないという・・・)

ところが・・・
変装した怪盗キッドの要求を断り
ポメ太郎を触らせなかったばかりに
予告状を送られます

小さい!
小さいですよ怪盗キッド!!
そんなことで予告して盗みにいかないでください!!

どうせならこの青い星丸ごと奪え!

それやるとウルトラマンが来るのです!!

ちなみにこの後大騒ぎになって
マスコミが押し寄せたりした挙句
ポメ太郎は盗まれます

が・・・
しばらくして返却
芸を仕込まれて帰ってきました

ちなみに、この巻、怪盗キッドだけではなく
彼を狙う魔女の末裔にして本物の魔女
あの御方がなぜか力をお貸ししている
紅子様も出てこられます

それより次回予告で
あの連邦のパイロットだけでなく
最近映画主演出演を果たした格闘家のあの人とかも
目白押し
そしていつになくやる気の死神様

どうなってしまうのでしょうね・・・

果たしては犯沢さんは
生き延びる事が、できるのでしょうか?

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ