【まんが・コミック感想】名探偵コナン ゼロの日常 (3) 新井 隆広  青山 剛昌【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

名探偵コナン ゼロの日常 (3) 新井 隆広  青山 剛昌

この街に安全地帯など、ないのです・・・

 

名探偵コナン ゼロの日常 (3) 新井 隆広  青山 剛昌
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・命知らず!!

 

安室さんの知人かつ蘭さんの母である妃弁護士の秘書の栗山さんが
ストーカーに狙われます
梓さんが護身術を教えたりしますが
結局相談したその日に解決
と、言うのは・・・

安室さんが栗山さんと付き合っていると勘違いしたストーカーさんが
安室さんに襲い掛かったからです

なぜ、そう言うことをしてしまうのでしょうね

自殺志願者ですか?

勝てるわけがないでしょう!

「たまたま飛んできた物」すら避けたり
仲間を庇ったり余裕でする人ですから
「殺意を込めた背後からの攻撃」とか
「私が攻撃していますよ」てアピールしながら襲い掛かってるのと
大して変わりません

当然
あっけなくストーカーさんはその場で撃破され
身柄は警察行きに・・・

相手が悪すぎたとしか・・・
強いて言うなら
尾行を気付かれていた時点ですでに敗北していましたね
彼は

 

・吐き気を催す邪悪とは!!

 


私のラーメンオーダーはチャーシューメン一択
富山ブラックだとなおうれしいです!

現地の地球人ですらアレのスープは飲み干さないそうだが?

(聞こえないフリ)さて、ラーメン屋にやってきた安室さん
今回は警察関係者にして後輩の風見さんもご一緒です

そのラーメン屋さんは「ラーメン小倉」
ウリはメンマ山盛りの「閻魔大王ラーメン」
「マジで死ぬほどヤバイ」と看板に掲げるほどの自信家ですが
店主の小倉さんは
有名な「腕組みしている頑固な店主」ではなく
人当たりの良い好人物
「屋台のおやっさん」と言う感じです

ですけど、ですけどね・・・
人の命が湯水のごとく消費される危険地帯「米花町」で
ソレを掲げるのは
「フラグ」にしか
ならないのではないかと・・・

・・・思ったら、きっちり毒殺事件が起きていました
ただ、起きたのはお店が「米花町」に移転する前のお話
そう、事件は「米花町」で起きたのではありません!
「米花町」の外で起きたのです!!

なぜか?

その理由はこれです!
その日、毛利探偵とコナン君が来店したのです!!

マジで死神ですね本当に!!

なんで「米花町」から出たんですか
なんでこのお店に来たんですか

小倉さんが一体あなたたちに何をしたと!?
ここまでの仕打ち受けるようなこと
していないでしょう!?

結局、それと店の老朽化で商店街の人たちから疎まれていたこともあって
「ラーメン小倉」は「米花町」へ移転
移転前は「死ぬほど美味い」という看板を掲げていたのですが
例の死神たちが御来店のせいで
マジで死人が出たので
「マジで死ぬほどヤバイ」に変更されたそうです
商店街の人たちはこの「自殺」としか言えない店主の決断に
死ぬほど後悔しただろうことは想像に難くないです
老朽化を疎んでいたからと言って、「死ね」とまでは
思っていないでしょうし
こんなことで死なれたら寝覚め悪いというレベルじゃないですから

幸い、移転後も「米花町」で経営は続いていますが
その後もちょくちょく主要人物が通うようになったので
当然、何も起きないはずはなく
強盗殺人犯が逃げ込んだりといった事件が起きるように・・・

まぁ、あそこで「生きている」だけでも
凄いですよね
美味しいラーメン屋さんなんで黒の組織をはじめとした怖い人たちが
睨み利かせて守っている可能性もありますけど

さて、話を戻します
ラーメンを前にまたカレーの時のように
レクチャーを受ける風見さん

ちなみに二人とも
ラーメンのサイドメニューは餃子を注文


私もですよ♪

ちなみに私は、酢と醤油とラー油をかけていますが
風見さんは胡椒と酢
安室さんはウスターソースでした

 

・怒らせてはいけない!!

 

ポアロで働く安室さん
子供の自転車の練習に付き合ってあげたりと
子供たちの間では「ポアロの兄ちゃん」とすっかり人気者
そんな彼が野球にスカウトされます
ただし、プロではなくアマチュアの野球チーム
「米花ライスフラワーズ」

相手は「米花ライスフラワーズ」に寝返ったというラーメン屋小倉の大将を
目の敵にする「杯戸ジャガーズ」
その理由は「ラーメン小倉」の引っ越し移転の関係だそうですけど
しかし・・・
引っ越し先は「米花町」ですよ?
安全な日本から中東の紛争地帯がパラダイスに思える死亡率極高の
危険地帯に引っ越した相手を目の敵にするって
どこかズレてませんか?

まず相手の生存を喜ぶべきでしょう
それこそ激戦地から生還した兵士を家族や友人が
総出で迎え入れるがごとく

私も、こいつの今の発言は決して大げさな表現と言えないのだ・・・;

リントたちの言う
「隣の芝生は青い」ってやつでしょうか?

理解ができません・・・

あそこは好戦的というより「死に憑りつかれた場所」
些細なミスすらも死につながるのです
(実際、「ハンガーぶつけられたから」というしょうもない理由で
殺された人が少なくない数いますので・・・)
(包丁どころか、毛糸や自撮り棒すらも凶器になるんですよ、あそこ・・・)

さて、プレイボールしたのですが
「杯戸ジャガーズ」の面々の好戦的かつ非礼な態度が
安室さんを本気で怒らせることに・・・

最初こそ肩の力抜いて助人するだけのつもりだった安室さん
「杯戸ジャガーズ」の面々の言動のせいで
火が付きます

5回表終了、ツーアウト1、2塁
あと少しで「杯戸ジャガーズ」のコールド勝ち
と言うところまでわざと手を抜いた上で
「米花ライスフラワーズ」メンバーにアドバイス
結果、
コールド負けぎりぎりの土壇場で
「米花ライスフラワーズ」は逆転しだします

さすがにヤバイと思った「杯戸ジャガーズ」
安室さんへ敬遠を行いますが・・・
「バットを逆さに持つ」という
「敬遠に抗議した伝説の選手の構え」で
ピッチャーを挑発
人の心理を読み誘導することに長けた彼の挑発に
抗える人間がいるはずもなく
ピッチャーは直球ストレート
安室さん、これを返り討ち
「米花ライスフラワーズ」は逆転勝利を収めるのでした

怒らせてはいけない人を
怒らせた結果がこれです・・・

わざわざ調子こかせて山のてっぺんまで登ったところで
崖下に突き落とすところが
怖い・・・・・・


お前が好きな奴だろう、「こういうやり方」

(否定しない)
ただ
いつも「赤い人」とやってる殺し合いと違って
スポーツなので「戦い終わればノーサイド」
安室さんの実力を認めた
「杯戸ジャガーズ」の面々が彼のファンになりました

 

・安全地帯などない!!

 

小学校のパン教室に呼ばれた
「ポアロの兄ちゃん」こと安室さん
教室終了後、小学生の体育倉庫に行く
コナン君たちのクラスメイトの
たくま君マリアちゃん
そこの「立ち入り禁止」の地下室は
たくま君の「宝物」を隠す秘密基地になっていて
エプロンのお礼とプレゼントをするたくま君

尊い・・・のです!


地球人はお前みたいな奴のことを何と言うか知っているか?

(華麗にスルー)そんな微笑ましい小学生カップルのところへ
心配になって見に来た安室さん登場

空気読んでください連邦#

お前、目が本気で相手を仕留めにかかる時のソレになってるぞ?;

にどめ

しかしここで安室さんも想定外の事
突発的に地震が発生
安室さんはとっさに二人を庇い地下へ
すると地下への出入口の戸が閉まり
体育倉庫の中の物が戸の上に落ちてしまい
3人は閉じ込められてしまいました

なおマリアちゃんは以前も祖父母の家で
閉じ込められた経験があるそうです
原因がどこの誰なのか
もはや問うまでもないでしょう

その原因さんたちは今、キャンプに行っているそうです

今日もまた無益に血が流れ命が消えるのです・・・

夜空のあの流れ星は
明日を生きたかった今日死んだ誰かの命が散ったことを
教えてくれているのかもしれませんね

不安になる二人に、持っていたツナ缶で
即席ランプを作る安室さん
ツナ缶は油が多いので
「ツナ缶(シーチキン)ランプ」というものが可能なのです


「まぐろ水揚げ日本一」かつシーチキンの本場でもある
私の地元清水区では
もはや常識!!


「まぐろ水揚げ日本一」と言う言葉は焼津とかいう名前の場所も言っt


キシャアアアアアアアアアアアアアア!!#

【しばらくお待ちください】

さて、続きは次巻
安室先生のサバイバル教室スタートです!

ちなみに体育倉庫が「立ち入り禁止」の理由は
地下室で「閉じ込められた死体が見つかった」から・・・
閉じ込められて餓死した先生がいるという噂がある倉庫だったのですが
本当にコナン君たちが「死後10年の白骨死体」を見つけてしまったのです

原因はもはや問うだけ無駄でしょう

そして子供たちの学び舎ですらこんなんですか
この危険地帯「米花町」?
安全地帯がもう「セーフハウス」くらいしかないのでは?

子供たちには逞しく生き延びてほしいです

ではまた

 

 

(おまけ)

 

 

つまり、「黙って殺されろ」もしくは「黙って死ね」と?(滝汗)

命の価値が著しく低いなこの地域は・・・(汗)

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ