【ゲームプレイ日誌】エビシャコのマインクラフト日誌ー「自殺ウサギ」についてのまとめ20190425ー 【ゆるゆる まったり】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【ゲームプレイ日誌】エビシャコのマインクラフト日誌ー「自殺ウサギ」についてのまとめ20190425ー 【ゆるゆる まったり】

 

 

精神的方面を痛めつけてくるのは本当にやめてほしいです

 

【ゲームプレイ日誌】エビシャコのマインクラフト日誌ー「自殺ウサギ」についてのまとめ20190425ー 【ゆるゆる まったり】

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

定期報告まいります

 

・自殺ウサギとは?

以前もラビちゃんのお墓を作る時に言及しましたけど・・・

拠点の近くの砂漠バイオームにウサギが大量発生していまして

スポーンするだけならまだいいですし何もしないなら何もしないに越したことないのですけど

この子たち人が近くにいると「自殺」するんです

一回や二回なら「不運な個体が事故死した」で片付くのですけどね

行くたびに最低一匹は音を拾える範囲内で自殺しています

 

・精神攻撃のまとめ

大体3パターンです

①通過中に近くで高い段差から飛び降りて死ぬ

②勝手にサボテンへダイブして死ぬ

③作業中(砂の採取など)に目の前に飛び込んで殺させる

「mobのAIは落下ダメージを受ける高さの崖から離れるように動き回る」て公式サイトにあったのですけど

なら、私の身に起きていることは一体?

特に③は本当にやめてほしいです

ツールのツルハシやシャベルは

「用途以外の物(生き物とかモンスターとか)」を殴っただけで大きく耐久値が削られるので

↑基本の「飛び降り」

なんとなく嫌な予感がして撮影

次のシーンでコレですよ

ここ、本来は溶岩池ですよ

なんで干上がって底が見えているかと言うと、

事前にエビシャコが黒曜石目当てで溶岩乱獲したためです

 

意外とあちこちに沸いているな、この世界は

おかげでエビシャコが溶岩ダイブした回数は数知れず・・・

「ほら、飛び降りてやるぞ」と言わんばかりのウサギさん

ここの切り立った崖にずっといるウサギさんを助けようと

わざわざ地面にぶつからない様に階段を作ってあげたら

階段を無視して大ジャンプ→落下先の地面に激突して死亡

そこまで嫌う事ないんじゃないですかね?

さすがにマジで泣きそうになりました

せっせと黒曜石を作っているときの画像

奥の方をご覧ください

黒曜石と一体化せんと溶岩に飛び込む機会をうかがっています

サボテンに激突死

言うまでもなくエビシャコは何もしていません

 

・他にも

 

遠出した時に見つけた溶岩の滝

後で採取しようと地点の座標を記録するつもりの一枚でしたが

何してんですかね!!?

幸い、水を探して戻ってくる時には鎮火しておりブタさんも生きていました

余りにも危ないので事故防止に溶岩を採取

バケツ一個分(溶岩源1個)の溶岩が採取できました

 

・結論「AIの知能を当てにしてはならない」

上記がたどり着いた結論です

そういえばですね、3DSの方のお話ですけど・・・

村を発見したので行ってみたら、真上から村人が降ってきまして

何事かと思い見上げると「絶壁に面した側に木のドアがある家」がありました

村人はそこから降ってきていました

家の側面に回り込むと、そこにもドアがありまして

つまり

村人は落ちた後でそこから家の中に入りまた落ちるという死ぬまで続く地獄ループ

をしていたのです

止めようがないだろうこれは・・・;

恐怖体験としか言えない、SAN値チェックが必須な恐ろしい光景でした・・・

 

・おまけ

砂漠で、こんな場所を見つけました

こういう場所の注意点は「砂」です

本来「砂」は「重力に従い落下するブロック」に分類されており

このように下に支えが何もない状態でいる場合は

松明を設置するなどのちょっとした衝撃で落下します

砂の採取中に墜落死などイヤすぎるので見つけ次第処分することにしていますが・・・

え~とですね

何が起きたかと言うと

信じられないくらい広範囲が崩落して巻き込まれた

です

墜落死しなかったのは砂ブロックが下にあり落下距離数を減らしてくれたため

幸運でした珍しく

ただですね、完全にとっかかりも段差もない渓谷のため

ツルハシ頼りで自力脱出せざるを得ませんでした

ツルハシの材料が尽きた時が運の尽き

幸い、私が脱出する方が先でしたが

こんな恐ろしい目に遭うのは二度とごめんです

 

ではまた

 

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ