【まんが・コミック感想】銀河パトロール ジャコ 鳥山明【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】銀河パトロール ジャコ 鳥山明【レビュー】【ネタバレ注意】

 

あのドラゴンボールのスピンオフコミックにして
物語のプロローグです

 

【まんが・コミック感想】銀河パトロール ジャコ 鳥山明【レビュー】【ネタバレ注意】
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・ジャコが来る!

 

工学博士オーモリのところに
ビデオを見ながら操船をしたため
月に激突して墜落して来た
宇宙船が
海に落下


死ぬぞ;

船のパイロットは銀河パトロールの
「自称」エリート隊員「ジャコ」

 

宇宙船が壊れて困った彼は
オーモリに修理してもらう事にしました


図々しい奴だ;

最初は「外国人」と思っていたオーモリでしたが
全く見たこともない技術で作られている宇宙船
そしてジャコの容姿が変装でないことを知り
驚愕します

なお、こんな「ジャコ」ですが
島の周囲に棲息している巨大生物「オバケ鮫」を
ワンパンで撃破したり
鮫から宇宙船をバタ足で押して逃げ切ったり
オーモリに立ち退きを迫る政府関係者の船を
投石で沈めたり

映画「復活のF」ではフリーザ軍相手に
Z戦士と共闘し目覚ましい活躍を見せるなど
その戦闘力は決して低いとは言えません

ただ、「復活のF」での口ぶりからして


「フリーザ」の事は
当人との面識は全くなく
ウワサ程度にしか知らない模様

気持ちは分からないでもないですから落ち着いてください;

そんな彼の今回の任務は
「凶悪な宇宙人の乗った船が地球に飛来するので
そいつを倒して地球を救う」事

この時点で彼はまだ知りません
その船を発進させた「凶悪な宇宙人の惑星」は
もうすでに跡形も無いという事も

その惑星を破壊したのが
もっと凶悪な宇宙の帝王であることも

その悪の帝王に
たった一人で抗った戦士の物語も

そして・・・
その「船」が壮大な物語の
「始まり」であることも

 

・オーモリ

島に一人住む人嫌いの工学博士
かつては「タイムマシン」を作る研究をしていましたが・・・
事故で妻とスタッフが犠牲になり計画も頓挫
資金援助をしていた政府も手を引き
彼一人、妻の墓が残る島に残っていたのでした

そしてオーモリの話を聞いてジャコはある物を取り出します
「絶滅爆弾」
ドラゴンボールの世界で普及している「ポイポイカプセル」程度の大きさですが
中に猛毒の殺人ウイルスが入っており
ジャコがついうっかり押しただけでウイルスが飛び散って
惑星の人類を絶滅に追いやります

ドラえもんの地球破壊爆弾とどっこいなトンデモ兵器ですけど
この人の場合は一回それをついうっかりミスで「使って」しまい・・・
惑星丸々一個分ダメにしてしまったそうです
もちろんその星の人類は絶滅


ジャコは後で先輩にものすごく怒られたそうですが

普通は怒られるどこじゃ済まないと思いますよ;


ウルトラマンベリアルが「プラズマスパーク」を盗もうとしただけで
どうなったかを教えてやろうか?;

 

そんなオーモリ博士ですが、ひそかに「タイムマシン」の研究を
一人で続けていました
富や名声のためではなく
事故の犠牲になった
妻やスタッフたちを救うため

これだけでも
彼が善良な人間であることが分かります

なお、ジャコが「絶滅爆弾」を出したときも
必死で説得して中止させていました
人間嫌いの彼が「善良な人間もいるからやめてくれ」と
必死の懇願ですよ・・・

 

・タイツさん登場

 

「スカイゴールド」という高価なエネルギー結晶体を買い求めるため
ジャコはオーモリと共に東の都へ
そこで「タイツ」と言う少女を不良から庇った事で
彼女がくっついてきます

この地球人類の下着の名前の少女は、まさか・・・

 

そして宇宙船事故から彼女を助けたこと
都に落下しかけた燃料満載の船を海に蹴落としたこと
一気に人々の彼らへの姿勢が逆転

オーモリとジャコは「多くの命と都を救った英雄」
都の警察組織のトップから認識され
立ち退きの件まで白紙になります
(なお、そのトップとタイツさんは後日くっついた模様)

そして彼女はジャコの宇宙船を修理すべく
実家であるカプセルコーポレーション
連絡を入れます

そう、彼女はあの「ブルマ」の姉だったのです
ちなみに当時ブルマさんはまだ5歳
おもちゃの銃を振り回すなど
後のドラゴンボールで登場した彼女の片鱗は
すでに見えています

「復活のF」でブルマさんがジャコを知っていたのは
こういう経緯があったからなのですね

なお将来の旦那さんである
ベジータ王子はナッパさんや悟空兄ことラディッツさんと
どこか別の星で「惑星ベジータへの帰還命令」を無視して居残り
難を逃れていました

将来、この二人がくっつくことになる等
誰が想像し得たでしょうか?

彼らはまだ知りません
自分たちがすでに
「ドラゴンボール」という
壮大な物語にかかわっていることを

タイツさんも妹の「ブルマ」が
その物語の重要な登場人物になることを
まだ知りません

 

・そして、始まる物語

 

さて、ジャコが目的としている「宇宙船」ですが・・・
ジャコが見逃してしまい地球へ到達

何しに来たんでしょうね彼は?;


こいつがパトロールで大丈夫か?;


大丈夫じゃない、問題なのです;

宇宙船は巨大なクレーターを作って着地
中に入っていた「サイヤ人の幼体」
武闘家の老人「孫悟飯」に拾われ育てられることになります
「孫悟空」という名前を付けられて・・・

こうして
「ドラゴンボール」は幕を開けます
「孫悟飯」が亡くなった後の
「孫悟空」の物語は「ドラゴンボール」にて

成長した孫悟空が兄ラディッツ
そして王族の生き残りベジータ王子
そして・・・
自分の故郷と同族を葬った仇敵「フリーザ軍」と
その長であるフリーザさんと
事を構える事になるのは
もっとずっと後のお話

フリーザさんと互いを認め合って
仲良くなるのも
もっともっとずっと後のお話


フリーザは否定するだろうな


あの人はもっと自分に素直になるべきだと思います

お前は素直すぎるというか
欲望に忠実すぎるがな;

 

・「たった一人の最終決戦」前夜

最後のお話は、悟空父こと「バーダック」の夫妻が主人公
そうなんです「夫妻」なんです

初登場、
カカロットの母「ギネ」さん!!

めちゃくちゃ可愛いんですけど!!?
驚きましたよ、もう・・・
どうやってお嫁さんゲットしたんですかね
バーダックさん?

二人の馴れ初めとかすごく気になるのですよ


おい、脱線しているぞ?;

話を戻します

すでに惑星ベジータはフリーザ軍に組み込まれており
バーダックたちは他の惑星の「地上げ」をしていた
そんなバーダックたちへ帰還命令が入ります

それは、他のサイヤ人たちにも届いており・・・
惑星ベジータには多くのサイヤ人が集合
バーダックは久しぶりに妻のギネさんと
まだ保育カプセルから出られない「カカロット」と
再会します
が・・・
彼はすぐ「カカロット」を「地球」へ飛ばすことにします
それは、この帰還命令に彼が「死」を
予感したからでした

彼の予感は的中していました

惑星ベジータを見下ろすフリーザ軍の母船の中では
「スーパーサイヤ人の伝説」を口実に
悪の帝王であるフリーザさんが惑星ベジータごと
サイヤ人を葬る作戦を計画していたのです

口実は口実です
説得できればなんでも良いのです

↑ちなみに元凶というか戦犯と言うかそんな立場の破壊神様

ビルス様から「惑星ベジータの破壊」を命令されたという事は
たぶん教育係のベリブルさんしか知らない事でしょう
(フリーザさんもフリーザさんで
部下もフリーザ一族も聞いた上で納得のいく理由を
考え出すのに苦労しただろう事は
想像に難くないです;
(さすがにいくら基本暴君とはいえ、
変な理由で惑星ごとポンポン葬るサイコパス殺人狂に
ほいほい付いていく部下はいませんから・・・;)

二人はそっと一人乗りの宇宙船を盗み出すと
「カカロット」へ戦闘服を着せ
地球へ飛ばします

離れていく宇宙船を見送るバーダックとギネさん

それから間もなく
惑星ベジータは消滅します

バーダックはその時
たった一人でフリーザ軍に立ち向かいますが・・・

「デスボール」と「惑星ベジータの爆発」が
奇しくも起こした「奇跡」のお話

惑星ベジータの仇を彼らの息子が取ることになるのは
後のお話になります

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ