【コラム】【無駄話】コラム<エビシャコの脱力小話>「マスコミ」から「マスゴミ」へ、「マスゴミ」から「第二の加害者」へ【駄文】【拡散希望】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

コラム<エビシャコの脱力小話>「マスコミ」から「マスゴミ」へ、「マスゴミ」から「第二の加害者」へ

 

最も公平公正公明かつモラルに気を付けなければならない
情報を取り扱う報道関連の問題行為が目に余ります

 

コラム<エビシャコの脱力小話>「マスコミ」から「マスゴミ」へ、「マスゴミ」から「第二の加害者」へ

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

今回はコラムです

 

・「マスゴミ」という言葉が生まれた理由と背景

原因は明白であり、記録にも残っています

被災地で、事故現場で、遺族の家で
心無い言葉を「質問」や「リポート」という
名目でぶつけるという事態が相次いだことが
最も大きな要因でしょう

「報道の自由」を盾にしてこれらをごり押しするのは
「報道の自由」は「人権」よりも優先される
と大声で主張するも同じです

当然、受け入れられるはずもありません

 

・あまり報道されない事実

 

さて

上記のような失態を犯した報道関係者が
どうなるか、ですが・・・

「ワイドショーから外された」「更迭された」といった話を聞く一方で
外されるどころかそのまま居座り続けている例を聞くこともあります
居座り続けている人は当然反省もしませんから
同じ過ちを繰り返します
結果として人々は怒ります
怒りの矛先は処罰を行わないその人物を雇う局へと向かいます
それでも態度を改めない結果は
ネット上や世間の口コミにおける
該当する報道機関組織の評判
雄弁に物語っています

国民の信用を運営に必要としない組織とはいえ
最も公平公正公明かつモラルに気を付けなければならない部類であり
大きな影響力を持つ「情報」を取り扱う組織のあるべき姿としては
いかがなものでしょうか?

また、
妻の介護をしていた
ある有名プロデューサーを根も葉もない情報を記事にして
引退に追い込んだ某報道機関の編集長は
笑顔で自己を正当化していました

「人の人生を壊す権利」は報道機関はあって当然のものなのでしょうか?
仮にそれが当然としても
それを振るう事が「殺人」と何ら変わらないという事実を
彼らは果たして意識しているのでしょうか?


つい最近の出来事ですが・・・
昼間のニュースを見ていた時の事です
名前は伏せますがとある番組で
とある凄惨な事件を報道していました
特異性が強く、どういった事件なのかまだ詳細がはっきりせず
警察からの捜査の進展と情報を待つ状態
・・・を、通常の報道機関ならば取るべきところ
この報道番組は
近所のあちこちの人に恐らく聞き込みをしたのか
「子供に小学生の頃に痣があった」「教育熱心だった」などの
事件解明に不必要な巻き込まれた家族の情報を
根掘り葉掘りした挙句に堂々と報道し
その上で悪意ある憶測としか言えない意見を述べて
こき下ろすなどの
モラルある人間ならば絶対にしない事を平然と行いました

 

彼らは自分たちが持つ力をどう考えているのでしょうか?
視聴率が取れるのならば
悲惨な境遇に置かれた人々が、家族が
その地域に居られなくなるようなことも平気でしても
果たして許されるのでしょうか?

番組で好き放題に述べている人々は
自分が「人間を殺す権利」を行使しつつあることに
果たして気付いているのでしょうか?

 

・「マスコミ」が「第二の加害者」になる日

 

過去に「坂本弁護士一家殺害事件」と言う事件がありました
悪名高い「オウム真理教」の暴走事件の一つですが
この一家が殺された原因の一つが
教団側の要求に屈した報道陣がインタビューの録画ビデオを見せてしまった事にあります

そしてこのような失態が起きたにもかかわらず
第一の項目で述べたようなことは今なお続いており
「事件が起きた現場に派遣された記者が制止を無視して撮影を続けた」と言った事案も
つい最近起きました

「情報」は大きな力を持っています
人々に事実を教える事は確かに大事なことですが
「情報」は時に誤ったものが流れる事もあり
時に人を容易に狂わせ、時に人を傷つけ
時に人生を狂わせ、時として人を簡単に殺してしまうものであること
これらが完全に忘れ去られているような気がしてなりません

血が流れた後で後悔しても後の祭りです

今はまだ「マスゴミ」というレッテルに留まっていますが
姿勢を改めない限り「第二の加害者」の称号を得る
その日は決して遠くはないでしょう

ではまた

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ