【まんが・コミック感想】聲の形  大今良時【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

聲の形  大今良時

 

コミック版「マルドゥック・スクランブル」で有名な著作者が放つ
耳が不自由な少女とお調子者の少年の
ボーイミーツガール
・・・で、合っているはず

 

聲の形 大今良時
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・最悪の出会い

西宮硝子と石田将也
二人は水門小学校で出会います
転校生の西宮硝子は耳があまり聞こえず
そのため言葉もつたなく・・・

ああ、聴覚に障害があるのだな

石田将也は考えた末に彼女(西宮星人)を
いじることにしました

選ばれし子供たちからのまた聞きだが
こういう奴は大体クラスに一人二人いるらしい

そいつが発端で「いじめ」が起きるとしたら最悪だな

なります
どんどんエスカレートしていき
補聴器の破壊まで・・・
取っ組み合いのけんかまでした末に

ついには西宮硝子は転校してしまいます

最悪だな!!

ところが・・・
当初「石田将也が中心になって西宮硝子へ行われていたいじめ」
とされていたこの事件
実は「教室内で起きていたいじめ」は二つありました


一つは「石田将也が中心になって西宮硝子へ行われていたいじめ」
もう一つの「いじめ」の標的
西宮硝子ではなく
石田将也でした
西宮硝子がいなくなり、机を奇麗にしてくれる人が消えたことで
石田将也は自分の机に暴言が書かれているのを目撃
そして毎朝西宮硝子が拭いていた机は
彼女の物ではなく実は石田将也のものだったのです

その時点で気づけ;

恐らく当初の目的は「いじめを止めるためにメッセージ的な意味」
彼を標的にしていたのでしょう

ああ、「自分も同じ目に遭えば何してるか分かるだろう」と言う奴

かなり回りくどいが効果はあるな
相手がそれに気付けば、だが

ですが、結果として止める事が出来なかったばかりか
「西宮硝子の転校」という最悪の結果に行きついたため
「石田将也への報復」にシフトしたものと思われます
そして「西宮硝子」という「標的」がいなくなったことで
「石田将也が中心になって西宮硝子へ行われていたいじめ」は
「石田将也へのいじめ」に収束
結果として彼はガキ大将から最下位の座に転落します

因果応報か・・・

だがまて、担任はどうした? あまり役に立ってそうにないが・・・

彼は西宮硝子へのいじめは口を酸っぱくしてはいましたが
石田将也に関しては「自己責任」とばっさりでした

なるほど・・・
事なかれ主義、か

スクールカーストと言う面倒くさいシステムの最下位に転落した石田将也
彼は友人を失い、やがて他人の顔に「X]が出て
親しい人間以外の顔の認識ができなくなります
中学校までそれは続きますが・・・
東地高校に進学し西宮硝子と再会したことで
彼の運命と物語は動きます

そういえば、お前はスクールカーストのどこらへんだったんだ?

私は無所属
自由気ままが一番!

何気に頼まれごとクエがあちこちにあったな(しみじみ)

ああ、無所属だからお鉢を軽く回せる相手と認識されてたわけか;

あと校則も守りましょうね

国歌斉唱も音程ド外れでも大目に見てくれますし

歌詞を見て想像した頭の中のオリジナル音程を元に謡う癖は直せ;

最悪、周囲に合わせればOK!

最初からそうしろ;

 

・再会そして贖罪

高校生に成長した石田将也は捜索の末に西宮硝子と再会
それまで彼女にした仕打ちの「贖罪」に奔走します
西宮硝子の妹で姉想いなボーイッシュカメラ娘の結絃との出会いや
かつての同級生たち、新しい友人たちとの交流や「映画撮影」を経て
彼の人間関係はかつてないまでに活気的に
なお、西宮硝子の母親には謝罪したところ平手打ち一発で一応少しは許された模様

紅煉、あなたのは絶対に「謝罪」には分類されないのです!(あとやってること何気にエグイ;)

それで少しは許すあたり、この母親もそれなりの優しさは持っているな(刺されても文句言えん事してたし)

西宮硝子の場合は父親が最悪すぎる

まぁ、ああいうのは社会では長生きできません
どこかで誰かの恨み買って刺されてるか刺された後でしょう、今頃

回想以外に全く出てこないあたり
あり得んとも言い切れんな;

当初、すべてを清算したら自殺するつもりだった石田将也ですが
母親の説得でそれをやめます

その時に母親がドジって将也の集めたお金に火をつけてしまい
彼が身の回りの物を売ったりアルバイトなどで稼いだりしたお金は
灰になりました・・・・・・


ナムナム(=人=)

なんという、なんということだ!!

この母親、理容師だろう?
大丈夫なのか?
髪切ってる最中に「ついうっかり」はシャレにならんぞ;

ちなみにこの時点で石田将也の家は二人の外に
姉とその子供マリアちゃん(保育園児)が同居中

よし、防犯ブザー渡しとくか

なんで私の顔見ながら言うのです?

ちなみに彼の友人の永束友宏が中心になって映画撮影をしていましたが
イキった偉い人は彼の映画を酷評


私としてはこういう「イキってる」輩をこそ排除すべきと思うのですよ
新人の芽を潰して後進を絶やす奴は
クリエイター業界では「害悪」でしかないので

まぁ、どうせ「バカッター」とやらでやらかして
炎上するのが目に見えている
放っておいても問題ないだろう

その通りですね
お天道様は誤魔化せません

お前らの目が怖い!

 

・そして・・・「清算」完了と「やり直し」

順調な人生をこのまま歩むかに見えた面々ですが
お祭りの日の帰宅後、西宮硝子は石田将也の受けたいじめを知ったことを苦に
投身自殺を図ります

なぜ!!?

自分が原因でこうなった思ったのかと・・・
転校直前に取っ組み合いの喧嘩もしてたので

硝子は全然悪くないだろう!?

ですが
転落寸前に間一髪、石田将也が駆けつけます
そして入れ違いの形で石田将也が転落

どうなるのだ、これ?

お前みたいな五点着地も殺しても死なないタフさもないぞこの少年は?

一言余計

落下先は幸いなことにだったので
意識不明の重態で済みます

まったく楽観できる要素が一つとしてないんだが?

即死でないだけマシか;

彼が瀕死になって寝込んでいる間に
彼はすべてを許されました
娘の自殺を止めてくれたことで
硝子の母親も彼を完全に許します
また、かつて彼の行ったいじめに加担し
そして彼へのいじめを行ったかつての友人たちも
その場にいたことで彼への救助に協力しました

当人が寝ている間に清算が全部終わるって
凄い展開だな;

昏睡状態からの回復後、
石田将也は西宮硝子に想いを伝えるのでした

ちなみに両者のママさんズ
飲み会やった末に仲良くなっている模様

お幸せに!

どっちに言っているんだお前は?

ボーイミーツガールと言うには
かなり人間関係複雑な話だったな

それだけに色々考えさせられる作品でもあった

ではまた

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ