【まんが・コミック感想】【まとめ】紫電改のマキ(14)  野上 武志 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】【まとめ】紫電改のマキ(14)  野上 武志 【レビュー】【ネタバレ注意】

 

二組のコンビの仲たがいに決着です

 

 

【まんが・コミック感想】【まとめ】紫電改のマキ(14)  野上 武志 【レビュー】【ネタバレ注意】
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・激戦地「渋谷」

「石神新選組」の「紫電改のマキ」ことマキさんは
対八咫烏の同盟のリーダーに指名されました
彼女が取った行動は!

ゴクリ・・・

全力で都会に逃走!!

始める前に終わるな!!!?

というか主人公殺すな!!!

いい加減にしろ鎌倉武士!!#

槇紫苑が可哀想すぎるぞ
ああいうのは無視されたら
結構傷つくタイプだからな!(例:ウルトラマンベリアル)

仲間に粛清されることなく無事にマキさんの逃げた先は

粛清とか物騒だな今どきの女子高;


色んな騒動やら戦闘やらの舞台になりがちな
「渋谷」

なんでそこを逃走経路に選んだ!!!死ぬぞ!!;

そこで「新垣ヤスコ」と言う少女に出会います

が・・・
早く回収するべきですね
なんか始まる前に

ギャオス!作戦中止!撤退は命令です!!

(手持ちのギャオス群の管理くらいしっかりしておけ;)
「新垣ヤスコ」の言う通り
あそこは「戦場」だ
ゲート開いた「銀座」
シティーハンターの舞台の「新宿」
大概だが

デジモンが暴れたり怪人が暴れたり
怪獣同士の戦闘が起きたり
ウルトラマンが来たり能力者同士が戦ったり
魔物とか悪魔とか神とか召還してぶつけあったり
もうめちゃくちゃだ

 

巻き込まれたら落ち着いて行動が基本です

↑このように死亡フラグ立てるようなセリフ言いながら逃げると

大体逃げた先がソルジャーレギオンの群れの進路だったり・・・

 

クロスオーバーなどしようものなら
一般人が出歩ける場所でないことは確かだな;

そう考えるとこの世界は比較的安全ですね
命のやり取りにまで発展しないという点で
クロスオーバーさえしなければ・・・

一応、二次創作ガイドラインがあるぞ

同人マーク・ライセンス 1.0
https://commonsphere.jp/doujin-license-1/

・・・・・・・・・・・え?

おいまずいぞ
「最終的に時間巻き戻せばいいや」とか
「大惨事起きたけど過去に解決すればなかったことになる」とか
考えるGMやカード使いがシナリオ考えたりしたら・・・

メタいぞ;

幸い、お迎えが来てマキさんは
無事生還

槇紫苑がスルーされることはなくなりました

それは良かったな;

 

・処罰(自分から組織をぶっ壊していくスタイル)

一方で静岡県伊豆の修行寺

修善寺ではないのか?;

というか、こいつらいつまで静岡で
のさばっているんだ?
そこの腹黒にギャオスとか持ち出された上で
包囲陣敷かれたら
戦闘機では逃げられんぞ?

そこまでしませんから;
彼女たちが居座る理由として考えられるのは
「動かない」でなく「動けない」
つまり単に
静岡の勢力怒らせたから
ほとぼり冷めるまで動けない状態だったりして;

あり得るな・・・;

そんな中ですが
槇紫苑は今度は幹部をそろえた(温泉の)中で
全裸の香矢を叱責

幹部たちも全裸の香矢を責め立てます

おいやめろその表現は危ない;

槇紫苑が一体何がしたいのか私も頭が追い付かないんですけど;

部屋の外から不満爆発寸前の香矢の配下たちと
憤然としたリィがそれを聞いています
リィの分析では
敢えてNO.2の彼女を叱責することで
八咫烏の幹部間の競争を煽り
相互監視を徹底させ
槇紫苑の独裁を安定させるのが目的だそうです

競争煽って幹部が育つような
そんな育成ゲームのような
都合がいいことは現実には起きん
大体は互いの監視からの足の引っ張り合い
裏切りに次ぐ裏切りの連鎖で
最悪、組織そのものが内側から瓦解していく
援軍や補給の握りつぶしに
フレンドリーファイアの連発だ
味方を警戒しながらの領土拡大など
机上の空論にすらならない
末端の士気にも大きく影響するからな

あの織田信長の最期に関しても
明智光秀が出世競争から転がり落ちる事を恐れて
本能寺の変を起こしたという説が
あるくらいだ
そうでなくとも不満を抱いた味方によって
形勢逆転を招いたり
滅亡に追いやられた国や王の例など
ごまんとある

前巻で述べた通り
「一人の独裁」は
「弱者にも空の自由を」という「標榜」に
劇薬なんで
その通りなのです

自由奔放がスタイルの
「フライングシャークス」から来たリィに
「狭苦しい」「息が詰まる」と言わせてしまった時点で
「弱者にも空の自由を」は
すでに死に体

あとは気づいた者が徐々に抜けたり
古巣に帰ったりして行くだけですね
幹部連中はそれをライバルの蹴落としや
自分の出世に使うだけだろうから
「ヤバイ」と思った時には
すでに趨勢は決しているでしょう

それと、これだけは言わせてください

清水は戦闘機数機で落とせるような
安易な地では決してないです!

地球の第二次大戦戦闘機縛りでも「エースコンバット」で慣らした猛者が
大勢いるからな

それに・・・後述しますけど
対応策がないわけではないです

八咫烏の弱点でもありますが

 

 

・横浜強襲

八咫烏が横浜襲撃を計画しているという情報が入り
マキさんたちは出撃します

ちなみに情報を持ってきたのはダビンチの「吉川二美」
八咫烏に行って戻ってきたダビンチの子たちから得た情報だそうです

あ~あ
一枚岩ではない以前の話だコレは
組織の瓦解が始まった
こうなるともう止められんぞ
末端から徐々に抜けて行くから
数がごっそり減った段階にならんと
何が起きているか気づけないのが
恐ろしい所だ

他のメンバーにしても
あちこちから集まっただけの烏合の衆
旗色悪くなったら勧誘した連中を置いてでも
すぐ逃げ出すような奴らだからな
残ってる連中も槇紫苑が不利になったら
即逃げるだろう
ラオウ不利と見るや
ラオウ放置して真っ先に逃げ出した
拳王軍のように

このまま放っといても自然消滅しそうではありますが
相手戦力は清水攻略に失敗した
「香矢」と「リィ」だそうです

たぶん「まずい、下手打った!」と気づいたのでしょうね

リィは「フライングシャークスとの決戦」を望んでいました
ですが前巻の失敗でそれを取り上げられました

これが槇紫苑最大の失策となって
自身へ返って来そうになったのでしょう
リィは「槇紫苑のカリスマ」に惹かれたわけではなく
「丸くなったリーダーをまた元に戻したい」ために敵に回った

つまり極端な話、彼女にとってフラングシャークスと敵対する組織で
実際にそれが可能な組織なら「どこでもよかった」わけです

槇紫苑以外の誰かが立ち上げた組織であっても
条件に見合う組織がタイミングよく蜂起したなら
そっちに行っていたでしょうし
逆に槇紫苑がフライングシャークスと同盟なり協調路線なりするなら
八咫烏からオファー来ても絶対に与することはなかったでしょう

ですが、槇紫苑はそれを見抜けなかった
口では「フライングシャークスとの決戦が目的」と言っても
彼女もまた「自分の伝説に魅せられて来た実力者」だと
見誤ってしまった

だから前巻の罰を与えてしまうという失策を犯したわけです

結果、前巻レビューで述べたように
リィがわざわざ「八咫烏」に居続ける理由がなくなってしまった
別の組織が「古巣」と戦闘を始めたら
そっちにすぐ行きかねない状態になってしまった

なるほど、自分のカリスマを過信してしまっていたのだな

槇紫苑は

しかも組織NO2だった香矢の配下は
リィに懐いていて
当の香矢は呆然自失状態
リィが彼女らを連れて抜け出すと決めたら
止める事ができるのは
槇紫苑以外にはいません
放置しておけば遅かれ早かれ
そうなっていたでしょう
リィもあの服装ですが
頭はキレる方なので
「気が付いたらリィも香矢もその配下たちもいなくなっていた」
と言う事態が起きかねない

つまり、出ていかれた上で事が公になると
「八咫烏」が崩壊しかねない致命的な
「蟻の一穴」になりかねないのです

だったら粛清すれば問題ないのでは?

そこで肝心なのは相手がザコではなく「リィ」という
「フライングシャークスのサブリーダー的な実力者」
と言う事

そもそも「八咫烏」自体が「槇紫苑」という圧倒的実力者が
トップに立つ「一人が突出した組織」
そして「槇紫苑」自身も「NO2」を必要として来ませんでした
こういう組織はトップはものすごく強い
その反面、それ以外はそれほどでもないことが珍しくありません

フリーザ軍とかがいい例ですね
つまり
まともな空中戦で「槇紫苑」以外にリィを倒せる奴はいないのです

で、旗色悪くなったら真っ先に逃げ出す人ばかりと言うことは
清水の戦役で見た通り

(戦役ってほどのものかアレは?)

(待機させていた機動艦隊も結局使わなかったしな)

では槇紫苑が直接乗り出したらどうなるか?
ここで「リィが実力者である」という点がネックになります
槇紫苑はリィを倒せるでしょうが
「無傷で」とは不可能でしょう
どうしても無傷で仕留めたいなら
「震電」に無理を強いるしかありません
この後で彼女が相手をする「紫電改のマキ」は
手負いの状態でどうにかできる相手ではないと
槇紫苑自身も悟っています
彼女でなくても、震電が被弾した
もしくは調子が悪いと聞いた
他の敵対組織がこれ幸いにと
集中攻撃を仕掛けてくるかもしれません
今やネット経由で一瞬で情報が伝わる社会構造ですからね
しかも相手も飛行機乗り
地形無視して飛びたいときにいつでも飛んでこれるわけです

ここにきて、日本全国の勢力に喧嘩を売ってきたことが
裏目に出たわけか

そう、そうなったら烏合の衆の「八咫烏」はひとたまりもありません
槇紫苑がいくら強くても圧倒的多数の戦闘機群相手では
絶望的です
槇紫苑を置いてみんな一斉に逃げ出すとか
あり得ないと言い切れないのもネックですね
それに、彼女の愛機が「震電」であることも
ネックになっています

どうしてだ?
最速の戦闘機だろう?

実はですね・・・
「震電」には
実戦参加記録がないのです
試作機が試験飛行をしたという記録はありますけど
最後の試験飛行で発動機が故障
それを修理している間に終戦を迎えました
試作機の段階でも故障や不具合が相次いだ上に
「重い」
「プロペラが地面に当たった」
「特殊な形状のため離着陸に長い滑走路が必要」
などの欠点が挙げられていまして
中でも無視できないのが
「全力飛行でないのに試験飛行でオイルが過熱した」と言う報告
つまり、「冷却システムに難がある」という事です
なので、「現代に完成された槇紫苑の愛機」であっても
この欠点を受け継いでしまっている可能性が高いかと

・・・・・・・
よく、そんなものを選んだな
槇紫苑;

そういうわけなので
リィがまぐれでも冷却装置に当てる事が出来たら
理論上ですけど
震電の撃墜は可能

そうでなくても長期戦に持ち込まれたら
「震電」が先にへばってしまう可能性が高いです

この後どうなるかは
わざわざ説明するまでもないですね
槇紫苑もそのあたりは分かっているんで
そうなることは避けるでしょうけど
「試作機」としてしか歴史に存在しない
実戦記録皆無の
幻の戦闘機

どこかしらにでも被弾したことが
どんな結果をもたらすかは
当の槇紫苑にも分からない
通常の戦闘機なら問題のない損傷であっても
「震電」には後々戦闘どころか機体の維持すら危うくなるような
故障に直結する可能性は捨てきれない
つまり「機体の損傷」は絶対に避けたいところでしょう
少なくとも「紫電改のマキ」との決戦までは

だから、リスクの一番少なく済む
「失敗者にもチャンスを与える寛大なリーダーを演じる」
を選択せざるを得なくなった
これなら二人を失うことになっても
「二人が任務に失敗しただけ」であって
槇紫苑にも八咫烏にもダメージは少なく済みますから

そうか・・・

ただ、「八咫烏」は長くはなさそうです
この最中に
マキさんたちと会いたいとアポを取った人物
それは・・・
「八咫烏」の協力者であり
情報担当の守銭奴の銭子さんでした

ようするに
銭子さん、離反です


本人は槇紫苑から金が来なくなったからと言っていますが
例え陽動作戦のためであったとしても
槇紫苑から離れて拘束される危険を冒してまで
紫電改のマキチームに会いに来た理由は
・・・分かりますね?

こういうどっちつかずの日和見主義者は
船が沈没しそうな時に気配を敏感にかぎ取って
真っ先に逃げ出すものだ

(地震に対するナマズとか
鉱山のガス警戒のカナリアみたいな使い方だな;)

情報戦の重要さを知らぬ槇紫苑ではないはずなので
彼女に金を渡さなくなったのは
「その必要がなくなった」
あるいは「資金が底をついたか」

彼女に代わるような情報屋は滅多にいませんから
このどっちかでしょう

いずれにせよ、「情報屋を手放す」のは長期運営にとって致命的痛手ですが

 

 

・槇紫苑、出撃す

結局、幹部二人ともそれぞれの古巣の子
(騎士女=湯音)
(フライングシャークス=鮫島)
がどうにかしました

マウントで!!

まうんと?

なんでも
猿回しの人が
サルをしつけるときにやるそうで・・・
サルを上から押さえつけて
噛みつくことで
「自分が上」と認識させるとか・・・

それをそれぞれが互いの元相棒にやったわけです

それを人間に当てはめていいのか?

遠回しに「お前は猿だ」って
メッセージになるぞ;
丸く収まるどころか
余計に相手を怒らせる気も;

なお、リィさんのあの格好
(上半身胸の上が隠れるジャケットで
下半身が際どい水着姿)
鮫島さんの発案だそうです
成長して胸が苦しくなったと相談したら
ああなったそうで

布の面積の多い服装に
なぜしなかった!?

せめて自分の北米大陸の原住民の民族衣装を
分けるくらいしとけ;
相棒が警察に捕まるぞ;

女性の露出も犯罪行為だからな!!(※マジです

一方マキさんは
両者の決闘が終わるまで
外野の八咫烏部隊を
ただ睨みを利かせて
寄せ付けない役をやっていました

しかし終わってみれば
「盛大な夫婦喧嘩」だったな
槇紫苑はどこまで把握しているのやら?

爆撃と機銃掃射食らった清水も
お忘れなく#

それと、彼女ら二人は
命が惜しかったら
るあさんにきっちり謝罪しておくことを
お勧めしますよ・・・

それが一番の問題のような気もするな;
爆撃や機銃掃射は
「いつものこと」でまだ済ませられる範疇だが;

さて・・・
ここで槇紫苑が直接動きます
石神女子高を標的に
全勢力を率いて出撃したそうです
マキさんは迎撃に向かいます

次巻で決着が付きそうですね

お前はどう見る?

上策とは言えませんね
むしろ・・・「八咫烏」は
これで敗北する可能性が高いです

「八咫烏」は?

仮に「紫電改のマキ」に勝てたとしても
彼女たちの帰る場所は
残っていないでしょう

詳しく話せ

前述した「対応策」

つまり「八咫烏の弱点」です

清水での戦役を見たのですけどね
「八咫烏」は烏合の衆とはいえ強いことは強い
数もそろえている
ですけど
守りが紙、戦術・攻撃は良くても長期戦略や防衛は素人です

ていうのは・・・あの戦役
八咫烏は守備戦力を飛行場や基地に
ほとんど置いていませんでした

ちょっとまて
致命的すぎるだろうそれ?;

戦闘機主体の作品とはいえ
守備戦力を置かないのは
強い弱い以前の問題だな

たぶん普段からそのへんの飛行機が離着陸可能な場所を適当に使っているために起きた事だと思いますが

もしあれが八咫烏の日常風景だとしたら・・・
そして今回も全ての戦力が飛び立つなどしたら・・・
今ごろ各基地はもぬけの空
戦車抜きの歩兵部隊だけでも
容易に制圧が可能
あとは機銃や高射砲を設置するとかして
帰ってきた戦闘機が
基地に近づけさせない様にすればいいだけ
滑走路を使用できないように破壊してもOK

着陸できない戦闘機は撃墜するまでもなく
燃料切れで次々と自然に墜落、か・・・

「震電」も戦闘機である以上は
この「枠」から逃れられません
むしろ
冷却機構に欠点があることから
他の戦闘機よりも先に墜落なり
オーバーヒートで火を噴くなりするでしょう

もっとも、動きが鈍った戦闘機など
歩兵が個人携帯している対空兵器の
的でしかありませんが・・・
わざわざ無駄な火力を使うまでもありません
兵器を温存しながらじっくりと
墜落を待つだけ
こっちに体当たりしてきそうなものを優先的に
落としていけばいいですし

戦闘機が着陸可能な場所に
歩兵をあらかじめ伏せて配置すれば
着陸直後に銃を突き付けて鹵獲も可能

わざと基地の滑走路を開けて
「降伏して着陸するか燃料切れの墜落か」を
選ばせることも可能ですね

お前本当にエグイ作戦を考える時は
頭がよく回るな;

とにかく、槇紫苑にも
「八咫烏」にも、もう後はありません

槇紫苑としては
たぶんまた「英雄的敗北」を演じた上で
再帰を図る腹積もりかもしれませんけど・・・
「落ち武者狩り」というものがありましてね

どう転んでも手口を知られている彼女は次巻でチェックメイトでしょう
敵を作りすぎました
救助に来るだろう仲間がいたとしても
撃墜地点は敵地ど真ん中
航空機は近づけませんし
歩兵部隊はとっくに警戒されているでしょう

それと一つ確認する
槇紫苑が核兵器のような
いわゆる大量破壊兵器を持ち出してくる可能性だ

なるほど、一理あるのです

↑※大会でやらかしたら袋叩き以上の制裁が待っています

良いガンプラビルダーは絶対にやらないでください

ただですね、「震電」の機体そのものが重いので
余分なものを積み込む余裕などないのです
そうでなくとも大威力の爆弾はそれ自体が
かなりの重量になりますから
運用には爆撃機が必須
でも爆撃機は大きいので持ち出したら即見つかりますし
小回りも利かない
集中砲火されたら戦闘機の格好の的です
そのため護衛の戦闘機も必要となるのですけど
八咫烏には
護衛に割くほど戦力に余裕があるとは思えません

巡航ミサイルにしろ短距離ミサイルにしろ
運用には専用の施設や船、もしくは車両が必要だからな
基地を抑えられでもしたら
そいつを自分たちに向けられる
だから「敢えて確保しない」と言う選択も正解ではあるな

・・・お前たち議論してるところ悪いが
一ついいか?
「核兵器」というものは
地球人の一女子高生が
簡単に手に入れられるものなのか?

あ・・・・・・・・・・・・;

水差すようで済まんが
お前たちの議論が相手が「女子高生」と言う前提条件を
失念して進めているように感じたんで・・・
図星か?

いつも厄介なライトサイドばかり相手してたからな

そうでしたね、女子高生でしたね
「戦闘機を保有」しているだけで
軍隊とか非正規の武装集団とかではありませんでしたね

まぁ、それは、それ

これは、これ


清水を爆撃してくれた件については
どうしましょうかね・・・?

この前、キモイ顔で涎を垂らしながらポチポチしていた
連邦仕様の宇宙用ザクキャノンでも

キシャアアアアアアアアアアアアアア!!!///
誰がいつ涎垂らしながらぼーっとした顔で
呼吸するがごとくクレカ使って
何も考えず自然な流れで即購入したというのです!!

うん、否定どころか肯定かつ自白になっているし
私はそこまで言ってないからな;

ではまた

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ