【まんが・コミック感想】まちカドまぞく(4) 伊藤いづも【レビュー】【ネタバレ注意】【まとめ】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

まちカドまぞく(4) 伊藤いづも

 

魔族的夏休暇消化方法死亡遊戯開演!

 

 

まちカドまぞく(4) 伊藤いづも
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・夏休みをエンジョイしよう!

「力をつけるには肉を食え」と友人相手に肉を売りつける
シャミ子さんのクラスメイト「佐田杏里」

学校内で遭難したところを助けられて以来の友人だそうです

そして

怪しげな実験ばかりしていて
クトゥルフTRPGにそのうち来るんじゃないかと思える
マッドサイエンティスト「小倉しおん」

彼女たちも夏休みです
気が付けば修行や異変ばかりのシャミ子さん
さすがに杏里さんから「休め」と言われて
エンジョイすることにします
が・・・

やり方が分からない、だな?
いつもと違う事をしようとするのだから
当然だ

その通り
夏祭りに浴衣を着て
一人で行っているところに
桃さんとミカンさんが合流して
初めてエンジョイできたり・・・

 

もう「普通の女の子として暮らす」とか
無理っぽいな

生活習慣、恐るべし!!

さて、そんな彼女たちですけど
時は待ってはくれません

 

?なにかあるのか?

 

!?ま、まさか・・・
アレか!!!!

 

そう
「夏休みの宿題」です!!

夏休みの工作の一例↑

 

お前とその同好の集いの自慢大会会場の一場面にしか見えんが?

 

エビシャコは早めにやって
余裕持って遊ぶ方だったからまだいいが・・・

 

シャミ子さんはきっちり進める派でしたけど
桃さんは・・・・・・
姉の桜さんが「ギリギリまでやらない派」だった影響を受けて
「ギリギリまでやらない派」に入信
シャミ子さんにも布教を始めます

 

どう見ても「邪教」だな
その宗教は今すぐ叩き潰すべきだろう

 

エビシャコの奴はそういう人間の馬鹿話を
アニメやコミックや新聞とかで知って学習
反面教師にして「やる派」になったのだが・・・
逆パターンは初めて知った;

 

やる気の出ない桃さんでしたが
ご褒美(動物園で虎の赤ちゃんとふれあい)で
一瞬にしてやる気を出しました

 

分かりやすすぎるぞ
この魔法少女;

 

しかも変身して宿題をやるという
「睡眠食事を必要としない」魔法少女の特性を利用

 

 

思いきり能力の無駄遣いだがな!

 

なお浴衣は・・・

 

安心しろ、アルボア↓に至っては下着無しであの格好で普通に外出している

常々思っていたが服を着ている意味ないな

 

基本真っ裸の人たちが何を言っているんでしょうね?

ちなみにメイドラゴンの皆様の↓服は「うろこの一枚を変形させたもの」だそうです

 

 

・魔法少女闇落ち

 

動物園で楽しむお弁当をシャミ子さんは作ります
試作品について

評価を求められたので
「美味しそうですよ」とコメントしました

できれば味も見たいところではありましたけど

 

・・・・・・シャミ子よ
どうして何を食っても「おいしい」か
「すごくおいしい」しか評価持ち合わせていない奴を
審査役に選んだ?
人選ミスにも程あるだろう?

 

ちょっと~#

でも悪くはないでしょう?

 

悪くはないが少し地味かな?

 

トッピングで「ツインテール肉」を入れようか?

 

はいそこのレイブラッド星人ストップ!
怪獣肉の使用禁止!
さて、当日
動物園へリコさん&マスターも来てしまった事で
桃さんの機嫌が急降下

おいおい、マスターって外見がアレだろう?
脱走したバクと思われでもしたら・・・

 

私がその可能性を考えなかったわけないでしょう
そして私の悪い予感は

大体当たるのです!

あ~あ

 

ただ、この時に桃さんが抱えてしまった
「もやもや」は後日彼女を消滅させかけたので

先ほどのお弁当が活躍することに

 

なるほど
こう繋がっていくのか・・・

 

そして桜さんが残してくれた「霊気の泉」で
回復です
なお、桜さんはここに用意されていたトラップモンスターに
魔法の宝石をはめ込んでいましたが
シャミ子さんが外したのを小倉しおんさんに奪われて薬にされた模様;

 

 

 

貴重なアイテムを!!?

 

そして後日、シャミ子さんも修行します

無駄にハードルを上げまくる妹

今明かされるご先祖の秘密!

 

そして彼女の願い!

 

それって「遺影」とかいうモノじゃないのか?;

一応、良子ちゃんのデジカメに転送成功したのですけどね・・・

ジョセフ・ジョースターの「ハーミットパープル」の霊視ほどはいかなかったようで

 

リリスは霊体だから「心霊写真」はあながちまちがいではないな:

 

・ミカンの呪い

 

桃さんが呼び出した魔法少女「陽夏木ミカン」

実家は柑橘系の加工工場で作った料理全ての味付けを柑橘系にしてしまいます

何をするか貴様!!!

柑橘抜きで食卓を語るのか!!!

 

 

 

柑橘は是か非かの討論は別の機会にしないか(一部物理使ってるが)?;

 


(喧騒をスルー)彼女は体内に「使い魔」を飼っており
そのせいで感情が揺らぐたびに
周囲に暴走
その場にいる人が面白おかしくなってしまう
呪いにかかっています

バニーコス、か

 

 

何処に食いついてるのですマイパートナー;

その呪いは気絶時に一層強く暴発
桃さんがクラスメイトを守りますが・・・

 

看板が芸術的に!
これは、
いいものです!!!!

 

エビシャコの抽象芸術魂に火がついてしまった!?

(そういえばこいつピカソとかいう画家の
ゲルニカが好きとか、この前言っていたな);

 

コンクールに出しましょう!!

 

落ちつけ;
それよりミカンが落ち込んでしまったぞ;

彼女としてはようやく落ち着けるところに来て仲間もできて

 

からの失敗ですからね

 

桃色の魔法少女が何か学校の秩序崩壊しかねないことしてた気がするが?;

 

 

・ウガルル誕生

 

彼女の呪いの原因は「ウガルル」という
本来なら彼女を守るべき使い魔によるものでした
ただし依り代をきちんとしないまま召喚された上に
本来それで消滅するところが
ミカンさんの魔力の質が存外に善かったりしたため
彼女の中で形を保ってはいない状態ではあるものの健在
ミカンさんの感情の揺らぎを「攻撃を受けた」と解釈し
自衛行為を自動的に発動していたのでした

 

そういえば元々は
「ミカンを困らせたものを無制限に破壊する呪い」とかいう
シャレにならんレベルだったらしいな
桜がいじって「面白おかしくなる」ようにしたそうだが

 

今回、シャミ子さんのご先祖由来の「夢魔」としての
能力を使い
桃さんと共にミカンさんの中へ潜入します

 

 

これだから魔法少女は

こいつ魔王塾の卒業生か?
魔王パムと面識あってもおかしくないぞ
もしくは「クラムベリー」とかとも

 

ともかくシャミ子さんたちの頑張りの結果
使い魔「ウガルル」と対話可能なとろこまで
持っていきます

 

 

シャミ子の父親の武器
だいぶ便利だが・・・
本来はもっと恐ろしい使い方をするものではないのか?

 

彼女の両親についてはいずれ話される機会もあるだろうな

 

 

 

 

ミカンさんも交えた説得の結果
ウガルルちゃんは納得
消滅を選びますが・・・

 

そいつはシャミ子たちが許さん・・・そうだろう?

バッドエンドは全力で防ぐ
この町はそれを願った者たちが作り上げ
この町の者たちはそんな輩ばかりだからな

 

そして困った時の
小倉しおんさん

もう完全に「屋根裏の住人」と化しています

 

吉田家のプライバシーはもはや存在せんな
ガラス張りの金魚鉢にいるも同じだ!

 

「今日中に用意するのは無理」と言われていた材料ですが
霊気のこもった土はすでにあり
魔力を込める事ができる料理人もいて(リコさん)
魔法陣の作成などにはクラスメイト&良子ちゃんが協力
霊獣の毛についてはリコさんがマスターから引っぺがしました

 

むごい!
むごすぎるぞ!!

 

白澤は犠牲になったのだ
コラテラルダメージと言う奴だ
避けては通れん

 

こうして・・・
ウガルルちゃんは新しい肉体を得ました・・・


・・・え?

 

どうした?

 

この子、女の子です!?

 

それがどうした?

 

ウガルル様と言えば
古代メソポタミアにおけるティアマト様の御子のお一人
「巨大な目」「巨大な嵐の獣」を意味し
ライオンの頭を持ち、短剣や斧、鎚鉾などを持つ
熱をもたらし悪から守る「11の怪物」の一柱であらせられる御方

・・・なので、てっきり男の子かと・・・

 

なるほど、あの大地母神龍ティアマトの子が元か
どうりで強いわけだ

 

ちなみに、彼女はミカンさんの魔力で
「使い魔以上の存在になった」そうなので
ミカンさんは彼女の母=ミカンママ
とも呼ばれるように・・・

 

そういえば「ママは小学4年生」とかいう
地上波アニメが昔あったな

 

ちょっとまてこら!!!
何を言ってるんだ
そんなもの放送できるわけないだろう!!!?

ジェラート
何を想像したのか察しはつくが
「未来からやってきた赤ん坊を
未来の母親の女子小学生が育てる
ドタバタアニメ」だぞ?

紛らわしいタイトル付けおって!!#

たしかに今にして思えば
かなり危ない・・・・・;

ではまた

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ