【まんが・コミック感想】中華一番!極(6)  小川 悦司【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

中華一番!極(6)

 

もう試合無効ですねコレ・・・

 

中華一番!極(6)
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・ゲームマスターが絶対にやってはいけないケース

ごめんなさい、あなたゲームマスターでしたよね今回の?

前回はロウコ連れて参上したところで終ってたが・・・

こいつらもしかして途中参加か?

というか、参戦することもマオたちに話していないのか?

この様子だと唐突に参加を決めたようだな・・・

 

ほう・・・

ゲーム主催者プレイヤーに秘密裏に勝手に参加ね・・・

・・・え、エビシャコ? オチツケ、な?

ちなみにロウコと言えば↑の敗北の他

 

シャンさんと組んでの凸凹コンビっぷりを発揮してくれたことでも有名

新機軸(笑)

そういえばコレ↑はどうなったのだろうな?

 

美味しいと思うのですけどねぇ、あのスープも宴会料理として(←酒入ると食欲リミッター解除)

何度も言うがお前の味覚に期待はしていないからな?

うう・・・

こう言ってるが?

当然ですね一理ありますGM自らゲームをかき乱した以上は

GMにも相応のペナルティ、もしくはプレイヤーへの賠償は義務

こんな理由通ったらゲームプレイする人いなくなるんで

絶対にマネしてはいけません、しかもGMが

だが、相棒がロウコ・・・・・

裏料理会って他にも大勢いなかったか?

前作ラストでカイユ様が死亡してエンセイ自ら「幕を下ろす」と宣言したはずなので

裏料理界が今出てくること自体がおかしいかと

この人は裏社会のヒットマンに転職してもやって行けそうですね

だがたぶん「次」はないぞ、しかも敗北=五虎星エンセイの顔に泥を塗るのだからな

 

裏料理界ってカイユ様一部の連中がおかしいだけで「脛に傷ある料理人の互助組織」だったみたいなんで;

まぁエンセイっておもいきりカイユ様の最終決戦に参加してたわけなのですけど

 

「美味しんぼ」でしたっけ・・・?

昔見てたアニメで似たようなシーンを見た覚えが・・・

 

(昔から食い意地張っていたのかコイツ・・・)

たしか「ガム」みたいなのを作るとかいう話だったような・・・?

クレスから聞いてはいたが

お前は好きな物の記憶力に関しては相当だな

で、お前はこれをどう見る?

凄くおいしいので大好きなのです///

クレス~

そいつに聞いても「美味しい」か「凄く美味しい」しか返ってこないと分かっていただろうに?

「焼麩」の一種だ、鍋やみそ汁に入れて食うことが多いが

そのままでも食えないことはない

何より焼いてあるから保存性も良いぞ

エビシャコにこのくらい食レポ力あればな

 

カイユ様、今頃墓の下で泣いてますよ;

せっかく最終決戦に連れて行ってあげたのに・・・

しかも最終決戦の時点でカイユとエンセイ以外五虎星(ミラ・ジュチ・アルカン)壊滅だからな

あと西太后陛下より「なぜ私の主催の大会で本気を出さなかった?」と

要らぬ勘気買う羽目になるので

そのセリフは二度と口にしてはいけません

 

ゲームセット!!

どうしたいきなり!?

エンセイ主催のゲームは無効になりました

エンセイは速やかに参加者に約束の優勝品を分けましょう

・・・だな、奴は自ら自らのゲームを破壊した

ただでさえルール違反に近い参加なのに

ゲームマスター自ら攪乱妨害に走るのは論外

 

・フェイの過去

さて、エンセイの妨害でフェイの過去が明らかに

クレス、ミルク用意しておいて

私はおしめを替えるから

ここはお前のじゃないぞ

赤ちゃんを殺める悪い人は

夜中迎えに参ります

落ちつけ白骨精

 

「カリン」?

マオの姉ですね、メイリィのせいで影薄いけど

ちなみにこのパイ仙はマオの母なのです

強いのに何で囚われたままなんでしょうね、マオパパさん?

お前はどうせ呂布董卓を連想してるんだろうが

前巻を見る限りマオの父はそんな奴じゃないぞ?

 

前作でマオに敗北してるんですよね、アルカン・・・

そう考えるとマオは母親を越えつつあるということでしょうか?

あと毒酒すごくおいしそうでした

お前は絶対にソッチに注目すると思った

食材の品ぞろえはすごいんですよね、あそこって・・・

大体のものはあるからな

まぁ「食材がなくて勝負にならない」など絶対不敗の五虎星のプライドが許さんのだろうが

 

誰かとは大違いだな

なんで私を見ながら言うの?

(我がもとは普通のティラノモンだと人に言っても誰も信じまい)

さて成長したフェイはひょんなことで出生を知るのですが・・・

たぶんどっかから攫ったか人買いから買った赤ん坊であって

両親が裏料理界とかじゃないと思いますよ?

あの連中の事だから自分の子供だったら親ばか発揮して英才教育自らしてるでしょうし

手放すとかも絶対にさせないでしょう、たとえ五虎星の命令でも

 

第一それを言ったらマオは思い切り裏料理界のしかもトップ候補者の直系なのだが

受け継がれる親ばかの血筋

 

・そして決着へ

ちなみにそのマオ一行

爆睡かまして眠眠ちゃんに起こされてました

緊張感ないなおい!?

主人公が爆睡かましてても大会は続きます

勝利の舞

クワセロ!!

落ち着け暴食邪神

さて、審査員ですが・・・

職務放棄しないでください

白骨精全体のイメージがた落ちするでしょう!!?

(そういうお前は「真面目過ぎる堅物」呼ばわりされているんだがな)

と、いうわけで主催者「マダム楊」自らが審査役に

まずはフェイチーム

ところで滝つぼといえば「ライヘンバッハ」は・・・

 

ホームズ混ぜるな

 

そしてお前らは何をしている!?

で、化粧直しの時間をおいた上で

材料だけですごい値段しそう・・・

もう一般庶民の手に届かない域になりましたねコレ

あなたは服着てください

すいません、人選に不安要素しかないんですが

まぁ、妨害工作と逆転勝利へ届く大ヒントを同時に与えるからなアイツは

ジャッジは・・・

 

自分で提案したゲームに自分から勝手にルール変えて参加した上に

妨害までかましてそして勝つとか

前代未聞ですからね!!?

だがマダムはそれを知らんわけだろう?

まぁ、エンセイには文句言う資格はないですからね

それはさすがに持ち上げすぎだと思うぞ

アルニャンとかいう奴といいい・・・こいつらもしかして身内同士か?

 

まぁ・・・マオも情報目当てなら真面目に試合続ける意味はもうないと思いますけどね

なぜだ?

いくら大会優勝賞品が「伝説の厨具」でフェイサイドが「太極」だからって

GMがゲームひっくり返していい理由にはなりません

そもそも「情報は伝説の厨具と引き換えだ」とでも言えば済む事

伝説の厨具が優勝賞品ならそれは優勝=条件を満たした証であって

太極に取られるのが嫌なら後で太極側から奪うなりすればいい話

今回みたいな妨害工作に走っていい理由はないですし

そもそもGM側の都合でゲームめちゃくちゃにするのは絶対にしてはいけない事

・・・なるほど・・・では何故エンセイはあのような事を?

 

GMが妨害に走る場合は大体「用意がない」場合なんで・・・

「情報を持っている」という話自体がガセでしょうね、オチはおそらく

「お前たちが太極に対抗できるかを見たかった」とか言い出して居場所は情報を持ってるだろう他者へ丸投げ

まぁ、妨害に走ったくらいなんでその「他者」が太極側の人間だと発覚したか消されたかしたんでしょう

いずれにせよGMエンセイ側の致命的すぎるミスが原因であって

プレイヤーのマオ・フェイに何ら落ち度がないのに変わりはないですけど

そもそも途中からGM都合でこういうことするくらいなら

最初からゲームを提案するな!

 

本当に厳しいなお前ら

 

・割れた壺

サンチェさんお久しぶりです

旧アニメではタダのDV野郎にされていた優しく厳しいお父様も登場

サンチェさんいい顔しますね

楽しそうに話すな、おい

と、いうわけで知己の先生のところへ相談に

この人、人脈とか半端ないですね

知り合い&幼少時から世話になってる中にこんな大人物いるとか普通はありえんぞ

マオが料理人としてチートなら

こいつは人脈がチートだな

こいつも相当な大物だしな・・・

 

豚肉を土産に持ってきたら

「一品作れ」言われたので作ることに

あの・・・サンチェさん?

あなたを認めたその目の前の御人伝説の厨具レベルの激レアですからね?

ちなみにこれ、時期的に「太平天国の乱」だと思われます

フス戦争といい、地球人どもは内輪もめで崩壊するのがパターン化してきてるな

伝説の厨具を集めて不老不死の兵士を作るつもりだそうですね、「太極」は

しょせん、地球人どもの寄せ集めだろう?

不死身にしたところで内輪もめして崩壊するのが目に見えている

まして、兵士が幹部よりも強く数があれば反逆される危険性がより高くなるだけ

対抗手段あるなら段階を見極めることが必要だと思います

「トップを殺したら残った下が制御できず大暴走」はもはや恒例行事なので

フス戦争でもそんな状況ありましたね

 

・お店が傾いた理由

さて、爆睡かましてたマオサイド

次の対戦相手のところへ視察

強いのですね

おい戦闘狂、落ち着け

悪くない

なにがだ?

眠眠ちゃん、お店のご主人が遺したまな板がお気に入りの様子

・・・料理勝負で戦う必要なさそうですねこれは

恐らく相当な数の「依頼」「裏」で出回っていると思います

あと、「私はカタギです」はもう通用しないのでお忘れなきよう

だな、「裏社会のやり方」を押し通した以上は「裏社会の人間」としての対応しかない

GTA(グランドセフトオート)でやれ、そういうのは

昨今の魔法少女もどうなっている!?

人から恨み買いまくった挙句に目立つ場所に出るとか

「殺してみろ」って言っているようなものですよ

そもそも本来「仕事人、出撃案件」ですからね、これ

さすがにこの男の件ばかりは我も同意する

恐らく出した人死にはあの店だけではあるまい

ああ、「殺したい奴を集めたら地平線の向こうまで行列ができる」という奴か

で、マオ一行の切り札ですけど・・・

万里の長城の時みたいな「太陽を利用して焼く」系の気がしますね

そして暇してる囚われの人たち

余裕だな

 

 

ではまた

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ