【まんが・コミック感想】翔んで埼玉 魔夜 峰央【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

翔んで埼玉 魔夜 峰央

 

とりあえずご覧ください

リントの言葉にするのが困難でした・・・orz

 

 

 

翔んで埼玉 魔夜 峰央

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・始める前に

他にも短編がありまして

 

とまぁ、かなりバイオレンスといいますか

言葉でレビューするのが困難を極めたといいますか

何でこれで生きている?

私はこの導入部だけですでに帰りたくなっているわけだが?

貴様、逃がすと思うか? 我とともにカオス地獄に来い!!

なにしてるのです二人とも?

 

・翔んで埼玉

 

では、本編に入ります

のっけからこれですよ

 

あのパタリロ王ツッコミに回っておられるとは

スラム街か何かかこれは?

「埼玉狩り」とはなんだ!?

あれだ、「シズオカピープル」とかいうのと同じだろう、たぶん

珍しくパタリロ王が冴えておられる

(失言で臣下”に”像をぶつけられる王・・・)

アメリカに留学していた転校生がやってきます

名前は「麻実麗」

ちなみに彼が編入したA組は名門校と名高いこの白鵬堂学院においてすらエリート中のエリート

なお作中は「埼玉県民」というだけでこの扱いです

BからYまでのクラスが気になるのだが?

「口が埼玉になる」ってなんだ?

そこへ・・・

ドラゴンボールで言うところのフリーザポジか、こいつは?

いいえ、ヒロインなのです

ヒロインか・・・そうか、ヒロインね・・・

さて、そんな生徒会長のところへ急病人が通りかかります

日常的にテロでも起きているのか?

薬草か丸薬でも渡しながら言っていれば大人物だったんですけどね

なんというか・・・↓コイツを思い出すな

懐かしい男ですがアルボアさんの目の前に彼が出たら私にキルミッション下るでしょうね

(その前にアルガスがアルボアを罵倒した次の瞬間には自分で殺しているだろう)

生徒会長の言動は麻実さんの逆鱗に触れてしまったようです

そんな彼の実家

なんと彼は・・・埼玉県民だったのです!!

なお食堂のメニュー↓

さすがに埼玉県民とやらでも食中毒で死ぬと思うのだが?

そのうち殺し合いになるんじゃないですかね?

ほぉ・・・分かっていますね彼は

そして

模範解答なのです

どちらかが全滅するまで殺し合うのが当たり前の武士をここへ持ち出すな!

後日、足蹴にされたことを恨む生徒会長は復讐を開始しま・・・

・・・・・・・・・・・え?

彼? だれ? 彼?

やっと気づいたか(笑)

パタリロのマライヒの時も同じ間違えしでかしてたよな?

えええ!?ジェラート、分析を大至急!

すでにやった、分析結果は「雄性体」だったぞ

と、ともかく・・・テストの結果は

大学の入試でもたまにあるアレですね

このような場合、「回答者全員を正解とする」のが通例でござります

なんで「シグルイ」テイストなんだ、お前?

ことごとく僅差で敗北・・・この生徒会長なんなんでしょうね?

そしてついに、麻実さんの正体が露見する事件が起きます

大きな声で「偽造」を口にするとかワザとやってるんですかねこの家政婦さんは?

つまりこんな?↓

おいSFホラークリーチャー、それ明らかに表情の選択を間違えてるぞ?

怯えすくみ命乞いをし許しを請う目つきだそれは;

しかし何をしでかせばここまで嫌われるのだろうな埼玉は?

麻実さんのピンチですが、なんと生徒会長の白鵬堂百美が麻実さんを助けます

彼は麻実さんに知らぬ間に惹かれていたのでした・・・が・・・

「所沢」はラストダンジョン一歩手前の村か何かなのか?

 

・白鵬堂百美の決意

埼玉へ帰還した麻実さんです

そんなサツバツとした世界観じゃないだろう?

耕運機?

一方、白鵬堂百美一緒について行かなかったことを後悔する日々を送っていました

しない後悔よりもやって後悔すべきでしたね

まぁ苦手な高温砂漠地帯までアルボアにくっついて行ったからなお前は

そんな彼の家に・・・

大物政治家が来ます

静岡も含まれるようなのでゲゲルかの地を狩場指定で久しぶりに始めたいと思います

年代(昭和)的ゴルゴムショッカーに任せたほうがいいんじゃないか?

 

すいません、「僻地」ってなんですか?

 

なんで槍があるんですかね?

ほう・・・刺されても声を上げず血をぬぐって返すとは・・・

忍びですね、あなた?

 

たしかに、一般人ではないにしろ

それができる奴は限られる、忍びの中ですら、な

麻実さんの危機を救うべく、ついに籠の中の鳥だった白鵬堂さんが動きます!

↑なお生粋の東京都民の彼は雲の上の殿上人扱い

所詮は権力構造に組み込まれている歯車、上の権力者には盾突けぬということか

この態度の差ですよ

休憩入れないとかえって効率悪いですよ

休め!休め!休憩しろ!

おが!?

ごめんなさい

戦闘艦がすべっちゃって

そんなもの滑るわけないだろ!?

下には下がいる、ということか

埼玉の地位向上の前に茨城民への扱いをどうにかしたほうがよさそうですね

このまま進めて仮に成功しても茨城が埼玉のいた位置に収まるだけでしょう

堂々巡りだな、何の解決にもならん

どうでもいいが、訴えられても本当に知らんぞ!?

まぁ、このお話って昭和50年代に発行されたので

訴えられるならとっくの昔に訴えられていたかと

 

さすがに悪いと思ったのか、白鵬堂さんチップをはずみます

また麻実さんに聞かれたら蹴飛ばされそうな発言を

そしてこの子供を助けたことで縁ができ

草に襲われたりしながら無事(?)に麻実さんに合流

差別以前にそんな危険生物がいる地域ではな・・・

東京都民は寄り付かんだろう

 

麻実さんが助っ人として名を挙げた「埼玉デューク」・・・

名前的に世界的名スナイパーのあの人っぽい気が・・・

おいおい、あいつは「一度会った依頼人には二度は会わない」主義だぞ?

つまり会って仕事してくれるのは一度きりだ

襲い掛かる刺客に応戦する麻実さんに激励を送る白鵬堂さん

絶対に抗争の参加経験あるでしょう、それも指揮官側

生徒会長ですよね?

戦場帰りの前線指揮官とかじゃないですよね?

 

・そして二人は旅へ・・・

二人が東京に戻り白鵬堂さんのマンションの部屋で同居生活を始めたころ・・・

 

埼玉の外のはずの東京に風土病が出現します

サイタマラリアとか初めて聞いたのだが?

私もなのですよ

ちなみに、この「サイタマラリヤ」は地元の埼玉県民なら大丈夫なのですが

そうでないと・・・

おい、あの白鵬堂百美は生粋の東京都民だったはずだぞ

そう、彼にはこの風土病の耐性が無かったためにこの病にこの後で倒れる羽目になります

そして埼玉狩りのお時間です

ああ、役人が昔やってたアレか・・・キリシタン対策とかで

ただの絵と割り切られればそれまでなのだが

で、何の絵を踏ませる気だ?

作った奴含めて全員死ぬぞ!!?

 

失礼、まちがえたのです

こっち↓

この無能を踏みつぶして別の指揮官連れてこい#

なんで通じる!?何なんだ本当に!!?#

クレス、今更それは手遅れというか認識が遅いというか・・・

ちなみにマンションから出たことで分かった埼玉県民の住宅事情は、こう

時代が何周回って明治か大正がまた来たとしても

ここまではならんだろう

そして白鵬堂さんが病に倒れます

血清を求めてやむなく出頭を決意した麻実さん

東京都民の白鵬堂さんならば助けてくれるあろうという一縷の望みから出た行動でしたが・・・

やって来たのは警察だけでなくあの階階堂の手下

刺客さんたちが仕事熱心なおかげで現場は混乱!

そこへ量産型バンコランさんみたいな人たちが来て二人を救います

量産型バンコランてなんだ?

同じ作者の「パタリロ!」に出てくる凄腕のエージェントが

「バンコラン(ジャック・バルバロッサ・バンコラン)」なんだが・・・

なぁエビシャコ?

アニメ放映時にいちゃつく二人をみてもマライヒさんを女性と思い込んでいたので

特に気にしていませんでしたよ私

今ほどマイノリティに寛容ではない時代に放映したのか・・・

当時のテレビアニメ業界は世間よりも寛容だったということか?

投げないでください、割れたらどうするんです

・・・というところで終わりです

麻実麗と白鵬堂百美の二人は「埼玉デューク」を探す旅へ・・・

なんというか・・・深く考えないほうが良いというか・・・

「パタリロ!」もコミックがあってそちらが原作だそうで

(おいおい、こいつまさかそっちにも手を出す気か?)

 

ではまた

 

 

 


ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ