【コラム】【無駄話】【駄文】コラム<エビシャコの脱力小話>調子に乗りすぎた悪役の末路<スティーリー(鋼入りの)ダン>

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

調子に乗りすぎた悪役の末路<スティーリー(鋼入りの)ダン>

長くなるのでこちらへ移動しました

 

・スティーリー(鋼入りの)ダン

登場するのはジョジョの奇妙な冒険:第3部
エンヤ婆が敗北したことでDIO様から刺客として
空条承太郎一行へ差し向けられます

仲間のはずのエンヤ婆を始末したことで

空条承太郎一行の怒りをもろに買う羽目に

スタンドは「ラバーズ」、セミの幼虫のような外見です

本体であるダン本人が「史上最弱」と自負する程度に弱いスタンドです
ものすごく小さく、それこそノミかダニ程度
潰されたら即アウト
なのですが・・・

その極小サイズを利用して「相手の耳から体内に入り取りつく」という能力に加えて
ダンに加えられたダメージは入り込んだ人間に
倍増してフィードバックされるというスタンドです

ちなみに最初こそ紳士ぶっていたダンですが本性はコレ

小さい子に一回多くはたいてもらえるとかご褒美でしょうに!

それはたぶんおまえだけだ

さて・・・ラヴァーズの能力はそれだけにとどまらず

相手と同じ姿の分身を作り出したり
巣くっている脳内で増殖する(繁殖ではなく脳細胞をこねて作った操作可能なダミー人形)など
「史上最弱が最も恐ろしい」とダンに言わしめるほどの強さを誇ります

能力を利用してジョセフを人質にしてしまいますが・・・
まぁ、ここまでなら大体の敵はやりそうなことですけど・・・
ジョセフを人質に一方的な攻撃をしてくる
と思われたのですが・・・(実際そうしていればあっさりといかずとも勝てた可能性あり)

調子に乗ったダンは

とっとと一行を片付ければいいものを
人質を盾にやりたい放題

承太郎を橋にして溝を渡ったり、盗みを強要したり
盗みをしたところで店員たちに大声で告げ口するなど・・・

「ギル」=「盗む」て意味なのですね、リントの言葉は奥が深いです

殺す機会を得ておきながら遊びに遊びまくります


承太郎はされたことをキチンとメモに残していました

ダンにそれを見られ聞かれると

「忘れっぽいからメモをしている」

万引き犯にされた時も
「この後のお仕置きタイムが楽しみ」と返します

そう、承太郎は仲間たちがスタンドをどうにかすることを
信じていたのです

言うまでもなく
どうにかされたら、もうダンを守るものは何もありません
スタープラチナと隔壁すらない状態でタイマンです
射程距離どころか超至近距離で向かい合うことになるわけです

正直あの「オラオラ」はグロンギの再生能力でも死ねると太鼓判を押させていただきます

犠牲になるジョセフの脳の血管と脳細胞たち

そして
策士策に溺れるの例のごとく

花京院のスタンドのハイエロファントの触手と活躍により
スタンドをジョセフの体内から排除されたダン

言うまでもなく、「ばれたらアウト」

逃げようとしますが当然許してもらえません

次の瞬間、這いつくばって謝罪!

今までのことを必死で詫びて靴を舐め命乞いをします

最後のあがきをしますが

「脳に刺さった針を脳を傷つけることなく抜き取る正確さと精密さ」を誇るスタープラチナには通じず

しかも群体型ではないためスタンドのダメージは本体にフィードバックされます

殺す価値もない、と
一度は許して背を向けたかのように振る舞った承太郎

※↑このセリフをよく覚えたうえでお進みください

(たぶん、ダンはこの時素直に消えていれば
まだ許されていた可能性が微かに・・・)
ですが

ダンは「ラバーズ」を通りすがりの少女に取りつかせ
ナイフを出して凄みます

当然、承太郎は彼の行動をすべて予測していました

そして彼の仲間を信頼してもいました
期待通り花京院のスタンド「ハイエロファント」の触手は「ラバーズ」を逃がさず
しっかりとその体に絡みついたままだったのです

結果、ダンはスタンドを封じられ
完全に詰み

この自業自得で招いた危機に対してダンは
ナイフを捨て命乞いを始めます

ですが
もう承太郎が許すことはありません
「許しならお前が殺したエンヤ婆にでも乞え」
「最初から許すつもりなどない」
そう言い切られたダンは最終手段に打って出ます

DIO様に雇われた時に受け取ったをくれてやるから見逃してほしい

・仲間を助けるどころか殺す
・自分の仲間を人質にする
・人質を盾にやりたい放題
・無様な命乞い
・変わり身の早さ
・ただそこにいただけの子供を人質に
そして
・金で解決して逃げようとする

承太郎だけでなく、ジョースターの血族
最も嫌う事のオンパレード
フルコースでやらかした結果

「てめーのツケは、

金では払えねぇぜ!!

第3部連載時点で最長のオラオララッシュが
ダンを襲います

テレビアニメでは3分ほど
声優さんの息がよく続くものだと思えるほどの
ラッシュです

肺活力鍛えないと無理ですね、できる人本当に尊敬します

一撃で人体の骨など軽く粉砕する拳を
ガトリングガンの連射のごとく
真正面からスタンドではなく本体に直接
顔面にも胴体にも浴びせられます
反撃どころか逃げることすらできない状態
そして
トドメとばかりの大きな一撃で
空高く吹っ飛び

近くの建物の壁に激突
壁を粉砕して瓦礫と一緒に中に倒れます
(この時点で悲鳴上げてる当たり、即死どころか重傷で済んでいるというしぶとさ)

 

「ツケの、領収証だぜ」

承太郎はメモ帳(やられたことをメモったページ)に自分の名前をサイン
そのページを破り捨てて放り
クールに去るのでした

なお、「次に顔を見た時にプッツンする」
「こんなことを見せられて頭に来ない奴はいない」とまで
言い切ったすべての元凶DIO様に対しては
時間を「スタープラチナ・ザ・ワールド」で止め返しても
ここまでのラッシュは浴びせることなく
足をへし折っておきながら
わざわざ相手が足を治して立ち上がり
反撃してくる機会を与えてまでいます

ダンがDIO様以上に承太郎をいかに怒らせてしまったかが
分かる描写と言えるでしょう

 

追記

(おまけ1)オインゴ・ボインゴ兄弟(ブラザーズ)

はい、ホラーテイスト強めの第3部ですが、その中での清涼剤というべきギャグパート要員のお時間です

アスワンダムで有名なアスワンにいたこの少年

少年の絵本は預言書

確実に当たるのです!

そして彼が少年の兄

彼らは

DIO様が差し向けた刺客でした!

まぁ、かっこいいのはここまでなんですけどね

第3部どころかジョジョシリーズ屈指のギャグ回の開幕なのです

どうしたのだ一体?

基本、弟のボインゴが予知して兄のオインゴが実行するという役割分担です

弟ボインゴの予言は絶対です

二人はすでに先回りし店を乗っ取っていました

おい、オーダー変わったぞ!?

おいおい、店を買えるとか言い出したぞ?

ボインゴの能力は本物なのです

当人が非常に内気で人見知りなだけで

予言から逃げることはできません

ところで、この火事とやら・・・

さっきポルナレフが投げたタバコが原因じゃないのか?

彼は後日きっちり「お仕置き」されます

後日? いつ、だれに?

第5部でパッショーネのボスであらせられるディアボロ様自らの手で!

制裁までの猶予期間長すぎるだろう!!?#

自覚しているのかいないのか、時々私ですら思わず引くレベルのサイコパスな言動しますよね彼

タバコ放り投げたのあなたでしょうに・・・

あと一歩のところで一行はイギーを追いかけて外へ出て行ってしまいました・・・

予言が外れ・・・いや、当たっているか

どういうことだ?

「紅茶を一口飲んだ」、ここまでは外れではない

それに予言は「毒入りの紅茶を飲んだ」までで「死んだ」とまでは書かれていなかった

まぁ「予言」の類なんてそんなものでしょう、私の予知夢とかそんな感じでしたし実際

あれ? 私のリアル予知夢よりも優秀?

お前のはいつ実現するかわからん上に実現した時には当人が忘れているからほぼ意味ないからな

(才能の無駄遣いの天才かな?)

次の予言を実現すべくオインゴはオレンジ爆弾を用意

・・・・・・せめて、病院でみんな病室行った頃に仕掛けるとか・・・

どうするのだ?

「オレンジが落ちてたから拾った通りすがりの親切な通行人」にしとけばいいものを

わざわざ承太郎に変身するという痛恨のミス!!

?なにかまずいのか?

さっきの予言が今実現すると、爆死するのはオインゴなのです

しかもこの時、すでに変身能力を持つスタンド「イエローテンパランス」襲撃後

花京院に化けて承太郎を襲撃していたのでみんな偽物に警戒しています

間が悪いことこの上ないな

ガクランをクリーニングに出したとごまかした次の瞬間コレ

なおポルナレフたちはでやっています

事の重大さを理解していたのですが、時すでに遅し

作戦中止を決定しオレンジを捨てますが

イギーが拾ってきてしまいました

かわいいですね、イギー///

プレッシャーをかけまくるポルナレフ

ちなみに場を和ます冗談半分で言っています彼

死ぬでしょう!!?

死ぬのかコレ!?

いや、エビシャコの奴が致命的にタバコがダメなだけだぞ・・・

呑み込んだら体に悪いのは人間も同じだが

ハードル跳ね上がりましたよ?

承太郎ってなんでそんな死に急ぐ遊戯してるんです?

お前と違ってタバコに免疫あるからじゃないのか?

お前が硫化水素や塩酸ガスが平気なように、こいつらはこの程度じゃ死なんのだろう

まぁ、「スペシウムが極端に苦手」な異星人↓もいることだし不思議ではない、か・・・

いや、祖父でその場にいたのならポルナレフ殴ってでも孫の無茶を止めろジョセフよ

弟ボインゴ熱い激励!!

あと、ページを破れば予言は消失する仕様なようですね

そして「承太郎を心配する二人」と

「芸の失敗で疑われたのでは?」と不安&疑心暗鬼のオインゴ承太郎

オインゴにガンガンプレッシャーかけていくポルナレフですが

実は現時点で特に疑ってなどいなかったりします

今までで最大級の大きな爆弾が投下されたな

たしかあの中の一個は爆弾だったよな?

あ~、それなのですけどね

ポルナレフがその直前に持っていたモノがまさにそのオレンジ爆弾なのですよ

皮を剥いたら爆発する仕様です、破損しても爆発します

ポルナレフ、実は気づいてわざとやってるのではないか?

オレンジ早食いによる爆死を回避するためとっさに出た一言でしたが

これが決定的な墓穴を掘る羽目

脱出成功には成功しました、脱出には

彼らが「ごみ箱に捨てる概念があるマナーと礼儀を身につけた人物」ならまだ救われていたのですけど

窓からオレンジをポイ捨てしたため、

捨てられたオレンジは転がってオインゴの足元へ・・・

ごみのポイ捨ては絶対にしてはいけないという分かりやすい例です

知らないうちに殺人者になりたくはないでしょう?

わざとやってるのだとしたらチョコラータの少し下につくくらいには極悪非道だと思うのですけど!

ここで、弟ボインゴが一人で立ち上がる決意を!!

したのですけど・・・・・・・

あ~、たしかこいつらって・・・

そう、金をせしめる目的で

オレンジ爆弾作戦の前にボコった男です・・・

なんと彼、「金で戦力を雇ってリベンジに来る」という頭と金の使い方しました

だがまて、オインゴボインゴ兄弟二人ともスタンド使いだろう?

スタンド使いなのですけど、二人とも戦闘向きのスタンドではないです

予言するだけ&変身するだけのコンビなので戦闘力ほぼ皆無

戦闘を含む行動も本体頼り

と、いうわけで本体をぼこぼこにされて終了!

解説にある通り、

承太郎たちは二人の襲撃に全く気付くことなく

二人とも倒されました・・・

哀れみを禁じ得ない・・・

 

ではまた

 

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ