【まんが・コミック感想】ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース I 荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース I-旅立ち&タロットカード編-

 

「天敵」のいなくなった今

100年ぶりに「あの男」が目覚めます

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース I-旅立ち&タロットカード編-

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

PCの不具合で更新が遅れました、すいません


では、レビューまいります

・ジョセフ来日

 

あの「柱の男」との死闘から時は流れます

ヒトラー率いるナチスドイツをロシアそして欧米連合軍が破りました

ヒトラーは自殺してナチスは瓦解、アウシュビッツを含むユダヤ人強制収容所も解放されます

ああ、まあそこは重要なところだな、第3部と全く関係ないが

ジョセフとスージーQの間には娘ホリィが生まれました

彼女は日本のミュージシャンと結婚、息子をもうけます

その息子こそが・・・

そういうわけで蚊帳の外だったジョセフは面白いはずもなく

あれ、もしかして一応日本出身の私も「攻撃対象」に入ってます?

私はワムウ様たちほど強くないのですけど・・・

流法(モード)だってワムウ様の下位互換ですし

スタンドの本体の能力もしょぼいですし・・・

それでもやるんですか?

 

 

(うれしそうな顔だな戦闘狂め・・・)

(そういえば、またなんか組み上げてたな・・・)

エビシャコ、「重要な事」伏せたまま本当のことを話して油断させる手口は悪質だからその辺にしておけ?

 

では久々に「死のウエディングリング」しますか? 場所は首の頸動脈でいいですか?

手元には私の手作りしかないので恐縮ですけど

よりによってお前の手作りか!!?

なお、間違えて解毒剤を中に入れてしまいました

つまり溶けても無害・・・ってただの迷惑行為だろうそれ

(だから、解毒剤と毒のリングは形を別にしておけとあれほど・・・)

カセットウォークマン・・・懐かしいですね、今はMP3を聞いていますけど

ビートルズは大学の恩師の授業で知った「Eleanor Rigby」が好きです

ホリィさんはイギリス系アメリカ人

びふぉー

あふたー

時を巻き戻すスタンド能力の持ち主はいませんか?

もういっそお前が代わりに牢屋に入れ!

いきなりこういうセリフ飛び出すところがあの父親にしてこの娘ありといいますか・・・

まぁ幸い死者ゼロだそうです

お酒は二十歳になってから!#

ジョセフのお孫さんの周囲では「悪霊」によって不可思議な現象が起きています

拳銃自殺も「悪霊」が阻止

彼は周囲の人々を害する恐れがあるこの「悪霊」から人々を守るため、敢えて牢屋の中にいたのでした

つまり「人々を守るために自らの幽閉を選んだ」わけです!

彼は確かに「黄金の精神」を持っています!!

なるほど、グレていても「ジョースターの血族」というわけか

ところで、この「悪霊」は、もしや・・・

そう、この第3部から始まった新しい要素「スタンド」です

ジョースターと娘さん、久しぶりの再会

後でスージQさんキレそう・・・

驚愕の事実!!

若作りという点では、お前も人のこと言えんだろ?

めちゃくちゃ剣呑な祖父と孫の対面

牢屋から出ない承太郎を出すべく

ここでモハメド・アブドゥルが助っ人として参戦します!

これが初のスタンドバトル!!

スタンドのルール「スタンド使い以外にはスタンドは感知できない」がここで出ます

なお初回なのにめちゃくちゃ苦労を強いられます、彼の苦労人人生もまたここから始まるのです

 

・蘇る「因縁」

そのスタンドバトルより時は遡り

沈没船ハンターたちが「棺」を引き上げました

「DIO」の刻印のある棺です

おい、それはまさか・・・

そう、第一部ラストで

↑ジョセフの祖母がのちに彼の母となる赤子とともに脱出したコレ

実は・・・

ここに「何」がいたかというと

まるで「マリー・セレスト」のように船員が消えていたことから

彼が健在ということはお分かりいただけるでしょう

船員たちは恐らく「捕食」されたものと思われます

といっても「柱の男」の「食料」

天敵がいなくなって今頃になってのこのこ出てきた感が否めないがな・・・

クレス、オブラート

この一家でアメリカのホームドラマ一本作れそう

「お騒がせ!ジョースター一家」とか

この頃はまだ「おじいちゃん」と呼んでくれていました・・・;;

それはさておき、ジョセフが「スタンド」による異変を感知した理由は

彼を含む「ジョースターの血族」が「スタンド」に目覚めたからです

ポラロイドは私も好き・・・だから壊さないでください

お前はまずデジカメを完璧にマスターするところからだな

言うまでもなく「ジョナサン・ジョースター」の胴体を乗っ取ったDIO様も

「ジョースターの血族の証」を持っています

「力に溺れる若造」感が全開だった第一部の時の面影はありませんね

アブドゥルは過去にDIO様と接触し、「何かされる」前に逃げ出したことがありました

もちろん、DIO様がジョセフたちを放っておくはずもなく

最初の刺客花京院典明を放ちます

ただ、女性教師を操り襲わせたり

彼女を含む複数の無関係の人間を傷つけたことが

そして皮肉にも

精神的に追い詰めるつもりで放ったこのセリフ

ジョースターの血族の、空条承太郎の逆鱗に触れることに

「自分が傷つけられること」より

「自分を狙うために周囲の無関係の人間(特に女性や子供)を傷つけられること」

ジョースターの血族は、「黄金の精神」は最も嫌います!

いうまでもなく、ここからはただの処刑

相手が悪すぎました&怒らせすぎたのが裏目に出ましたね・・・

スタンドのルール「スタンドが受けたダメージは本体にフィードバックされる」が発動し

花京院はダウン

・・・よく死ななかったものだと思いますよ

花京院が襲ってきた原因も判明

これは「肉の芽」、DIO様の細胞でできており脳に寄生し相手を操作するなどの能力があります

いわゆる寄生体型の端末ですね

詳しいな、似たようなの持ち出すことが多々ある上に本性がアレなだけに

ですが、承太郎は自分が傷つくのも構わず「肉の芽」を除去

ジョセフの「波紋」もいまだ健在!

しかし、アブドゥルはもしあの場から「すぐに逃げる」を選択していなかったら

同じ目に遭っていたわけか・・・

そしてこれで安心とはいかず

承太郎だけが気付いた異変、それは・・・

最悪の形に発展しホリィさんの命を蝕みます・・・

スタンドのすべてが「本体にとって有益」というわけではないということか

しかし、これまずくないか状況的に?

いや、スタンド使いならスタンドが見えているから

「アブドゥルがホリィを暴行目的で襲った」とはならないはず・・・だよな?

・・・さようなら、アブドゥル!

自らの命と引き換えに見ず知らずの出会ったばかりの女性を救おうとした

あなたの雄姿、永遠に私の記憶領域にとどめておきましょう!!

諦めるな!!

誤解されなかった模様、良かったですね

しかし「オジギソウ」がスタンドとは、これは優しく柔和な彼女の性格を表しているようです

見事な形の葉っぱといい・・・美しさすら感じるスタンドと言えます

そうだな、スタンドが心の形を表現するものだとするのなら

この女性の心の姿はこのスタンドから伺えると言えよう

しかし、本体に抵抗力がないというが、スタンドの能力が気になるところだな

さて、承太郎たちはスタープラチナの助けで念写された写真に写った昆虫からDIO様の現在位置を割り出し

家族旅行中にDIO様に襲われていた花京院も加わって

星屑十字軍(スターダストクルセイダース)ここに結成

ちなみにホリィさん、日本ではこんな名前を名乗っていたそうです

 

・ジョセフ・ジョースター伝説(旅客機編)

 

乗務員!!

死にたくなかったらすぐに

そこのジョセフを空中に放り出すのです!!

なんでこいつ(ジョセフ)が飛行機に乗っている!!?

おいおい、お前たち「ジンクス」などという非科学的なものを信用しているのか?

ジェラート、世の中には科学では解明できないことの方が多いのです

確実に無関係の人間を大多数巻き込む状況で刺客が襲ってきました

なかなかの凶悪犯のようですね、しかもスタンドを先天的に発現しているようで

そしてこいつが「無関係の人間を殺さない」などという「殺し屋の美学」を持つはずもなく

当たり前ですけど、ここにいるのは

「黄金の精神の持ち主」たち

無関係の犠牲者をこれ以上出さぬように奮闘をはじめます

当然それには「スタンド及びスタンド使いの排除」も含まれており

容赦のない攻撃が敵スタンド「タワーオブグレー」を襲います!

先ほどの老人が真犯人でした

これで解決だな

ジェラート、この船には「ジョセフ・ジョースター」が乗っているのですよ

パイロットも自動操縦装置もすでに始末した後!

航空機は墜落します!

な、なんだと!!?

おわりだな

下が海で助かりました

なお、この旅路において彼の伝説は記録を次々塗り替えることに・・・

 

・ポルナレフという男

ジョセフ、あなただけ一人乗りの小型機牽引してもらって行ってください

石仮面で作られた吸血鬼でなければ、「呼び出せば向こうから来てくれる」のですけどね

ヴァンパイアって種族単位でプライド高い奴ばかりなんで

数人乗りのボートでお願いします!

花京院、中国茶のマナーを披露

勉強になります!

そこへ怪しい男乱入

お前にじゃない、ハウス!!

さすが、あのワムウ様が認めた男、完璧オーダーです!!

いや、ちょっとまて

なるほど、つまり天賦の才ですか!

(なぁ、こいつさっきから何の話をしているんだ?)

自分が好きなものをオーダーするか否かで評価決めてるんじゃないのか、たぶん?)

彼こそが次の刺客!

騎士道精神を持つ彼は「決闘」の形の勝負を望みます

スタンドはもはや有名な「銀の戦車(シルバーチャリオッツ)」

戦う相手はアブドゥル、そして決闘の場所は・・・

ここからの戦いがちょっと感想に困るといいますか・・・

ああ・・・

コレか

アブドゥルの「マジシャンズレッド」と同じ形の彫刻を即席で作ったわけか

挑発目的のコレがとんでもない墓穴に直結です

自分が作った彫像を逆にフェイントに利用される羽目に

・・・バカなのか?

ですが、「甲冑を脱ぎ捨てる」ことで「炎」から離脱し軽傷に留めました

エビシャコの代わりに言ってやるが・・・

その程度なら承太郎のスタープラチナの方が上手だと思うぞ?

 

で、調子に乗って高速分身を披露しますが

まぁ、「炎」は不定形だからこのくらいできても不思議ではないですよね

 

しかも本命は「地面の下からの一撃」という・・・

完膚なきまでに叩きのめされたな・・・

この時、「与えたナイフ」をアブドゥルめがけて投げなかったことで

命を助けられます

ついでに「肉の芽」も除去

正気に戻ったポルナレフは仇敵を探していることを告白します

彼の仇討ちの顛末はこちらのページに飛んでご覧ください

ちなみにポルナレフに披露した通りジョセフは左手は義手、カーズ様に切断されたので

なお、その切断された左腕は火山弾と一緒に飛んできてカーズ様に命中

究極生命体カーズ様を宇宙に放り出すことに一役買いました

 

 

・ジョセフ・ジョースターの伝説(船旅編)

新しく一行にポルナレフが加わり・・・

ジョセフたちは船を丸ごとチャーター、しかも船員付きです

船員さん可哀そうに・・・・・・・

罪もない人間が、次々と犠牲になる・・・なんという理不尽!

お前ら、戻ってこい

まず船長が犠牲に・・・・・・

それと

こんなこと言って

相手をひっかけて正体を暴いていますけどね

本物の船長なら絶対にしない行動を彼はしているのですよ

いくら荒くれものの船乗りを束ねる男とはいえ

本物はジョセフが腕を買うほどのプロ

プロは決して「顧客への礼を失する行為」「顧客を損なうこと」はしないのです

逆に言うと、それをする奴は「プロ」ですらない「ただの無法者」

 

それにこんなことをしたと知れれば、SPW財団を敵に回すことになるからな、確実に

そうなれば二度とこの業界で食っていくことはできん

最悪、乗せてくれる船もなくなり自分で船を買うことすらできなくなるぞ

なお「密航者の家出少女(アン)を人質にして海に飛び込む」した結果

飛び込む途中で奪還されて同時に殴られるという憂き目に・・・

ここで懲りていればまだ良かったのですけど

リベンジした上にウロコカッターの威力を過信しすぎ

大渦を作って近接戦闘で止め刺そうとします

さっき殴られた時に「一撃喰らっただけでもまずい」と思わなかったのか?

はい、終了

なんで接近戦が得意そうな見た目&後から飛んできたのに飛び込む自分に追いついて殴るスタンド

接近戦を挑んだのでしょうか・・・?

当たり前ですが「ジョセフ・ジョースターが乗っている」時点で船が無事でいられるはずもなく

 

漂流する一行の前に現れたのは幽霊船

半魚人の次は幽霊船か・・・

ホラーテイストが強いな本当に

なかには人間はおらず、猿が一匹だけ・・・

この猿(厳密には類人猿)=オランウータンのフォーエバーこそが

スタンド使いでありDIO様の刺客でした

ふむ・・・人間レベルの知能はあり・・・

アンちゃんの風呂を堂々と覗きに行き

承太郎たちとバトルになります

それで、「ストレングス」はどういったスタンドだ?

これ↓

この船そのものがスタンドなのです

小さい船と同化した「物質同化型」スタンドであるのと巨大なエネルギーであることから

非スタンド使いにも見たり触れたりできるようになったものです

つまり、この船の中は「スタンドの体内」も同じ・・・

罪なき船員さんたちはこの船で殺されてしまいました

ジョセフ、貴様はをなんだと思っている!?

お前がそのセリフを口にする資格あるのか?

しかもジョセフの責任になっているぞ

仲間たちとともに承太郎も拘束されますが

「ボタンをぶつける」という一手を講じます

フォーエバーはこれに激高!

しかしそれこそが承太郎の狙いでした

スタンドの拘束が緩み、その隙にスタンドでボタンを弾丸代わりに見舞います

オランウータンでなく武将↓だったらどうなっていたか分かりませんね

お前も大概だからな?

ファントム殴るわウィザーに近接戦するわ・・・

 

(スルー)さて、

フォーエバーは降伏しますが・・・

降伏した相手を捕虜とせず攻撃するのは重大な交戦規定違反です!

エビシャコよ、お前はそんなんだから「真面目過ぎる堅物」と内輪から言われるのだぞ?

本体が倒されたことでスタンドは消失、あの大きなタンカーがみるみる消えていきました

ついさっきまでそこにいたのに何もなかったかの如く消えてしまう、まさしく「幽霊」船だな

 

・人形の怪

さてここで閑話休題、「チャッキー」を御存知でしょうか?

ホラー映画「チャイルド・プレイ」シリーズに登場する人形です

元々は殺人者でしたが、絶命寸前に人形に乗り移ることに成功

人間の体を得るべく邪魔者を次々殺していきます

・・・と、そんな彼でしたが

なんと恋人ティファニー(日本製)と結婚

子供もできたのですがその子供から「どうして人を殺すのか?」と問いかけられたり子育てで夫婦で揉めたり・・・

以降、近年新作が出るまでぱたりと殺人から足を洗ってしまいました

ドズル中将もお幸せに・・・

子供ができると変わる者もいる、あのウルトラマンベリアルですらもそうだった・・・

で、そのホラー映画と今回と関係があるのか?

モチロン!!

今回の刺客は「悪魔」の暗示のスタンド「エボニーデビル」

全身傷だらけだが、アルボアよりも多いな?

それには理由があるのです

第6部の「ダイバー・ダウン」とか第5部の「パープル・ヘイズ」とかの「一撃即死級」スタンドの攻撃とか

承太郎の「スタープラチナ」のような「一撃即再起不能の極大攻撃力」スタンドの攻撃には

当たったことはなさそうですね、この御方・・・

あと「侵食する」スタンドと出会ってもアウトだろう?

チョコラータのグリーン・デイに至ってはそもそも

「スタンド攻撃」と知覚する前に死ぬ奴がほとんどだろうし・・・

・・・相性の弱点が多すぎないか、コイツ?

初戦の相手がポルナレフだったのは運が良かったとしか言えないです

シルバーチャリオッツは近接攻撃型ではありますが「破壊力:C」の速度重視型

スタープラチナに殴られるよりはだいぶマシ

アブドゥルの「マジシャンズレッド」は「炎がまとわりついて焼き続ける」

花京院の「ハイエロファント」は「糸のようにほどけて巻き付いてくる」・・・

ジョセフの本気の波紋疾走とかはもう言うまでもなく・・・

・・・ポルナレフ以外の誰とでも当たったらその時点で詰みですね彼

騎士道精神のあるポルナレフはやらないでしょうけど

刃に毒塗ってたら本体アウトでは?

本当に「運の良さ」だけで渡り歩いてきたんだろうな、こいつ

いつの間にか足を怪我したポルナレフ、ボーイに医薬品を頼み部屋で待機します

おい、さっきのホラー映画の話・・・そしてその人形・・・

部屋の鍵を探していたら襲い掛かってきた「小さな影」

ベッドの下で鍵を見つけたときにシャンプーで目潰しされベッドの足を切られ挟まれます

ちょうど医薬品を持ってきたボーイは

ポルナレフの忠告も空しく犠牲に・・・

平気で他人を巻き添えにする殺し屋が長生きできるほど「裏」は甘い世界ではないのだが、な・・・

これが「エボニー・デビル」、ホラーテイストあふれる人形タイプのスタンドです

シルバー・チャリオッツに本体との視界の連動が無いことを利用しベッド越しに攻撃!

反撃を食らうも回避して逃れ

ポルナレフを感電させようとしますが・・・

ポルナレフの方が一枚も二枚も上手でした

さっきジェラートが言った通り「運の良さ」で生きてこられたのでしょうね

ですがここでチェックメイト

まぁ、遠からず誰かに殺されていたでしょうね彼は

ポルナレフが仲間たちのところに報告に行ったとき・・・

ジョセフたちは

とっくにポルナレフが倒した刺客への対策を会議していました

ちゃんちゃん♪

さっきエビシャコが言った通り

ポルナレフ以外の誰に当たってもそこで終了だろうな

 

・強欲な節制

(じゅるり・・・)

お前が好きそうなメニューだとは思ったぞ、そして左顔半分の頭蓋骨が露出しているぞ

まぁ、平和なのはここまで・・・

花京院の様子が豹変します

以前にDIO様に「肉の芽」を植えられ洗脳状態の花京院に襲われたことがあるので

臨戦態勢を取る承太郎

その正体は、敵のスタンドでした

このスタンドは主であるラバーソールには無害で衝撃吸収型の鎧にもなりますが

他の生物を消化吸収してエネルギーの摂取を行うという特性を持っています

それは人間であっても例外ではなく・・・

冷やしてもダメ焼いてもダメ殴ってもダメという・・・

取り込んで喰らう様子はさながら「ブロブ」↓ですね

 

パッとホラー映画とそのクリーチャーの名前が出るあたり、さすがというか

本職だなというか・・・

部位ごと切除するしかないな、今なら指を失うだけで済む

夢中になると痛みってマヒするものです

この前、私もトゲが指に食い込んだ時にで・・・・・

お前らの思い切り良さとエビシャコの馬鹿みたいな再生能力は本当に何なんだ?;

ゴンドラにまで「イエローテンパランス」が追いかけてきて

居合わせた父子の犬が犠牲に・・・

これ以上、無関係の人間を巻き込まないために承太郎はゴンドラから飛び出ます

ここはシンガポール、「水」はあちこちにあります

ラバーソールは呼吸ができなくなったため、急浮上してスタンドを解除!

ここで命乞い、承太郎は引き換えにポルナレフの仇敵の情報を引き出そうとします

この後出る「ダン」同様、「この辺でやめておけばまだ被害は軽く済んだ」のですけど・・・

排水口のザリガニを捕食してエネルギー供給&悪あがき

いうまでもなく

この悪あがきが例のよって例の如く「自分の死亡証明書へのサイン」に・・・

スタープラチナが排水口にパンチを叩き込んだため

イエローテンパランス&元々あった水が逆流

ラバーソールは水圧で吹っ飛び・・・

承太郎の傍に落下

当然、二度も許してもらえることはなく

 

ラバーソール↑

本物↑

噛みつく→かみ砕くor食いちぎる程度しかできない私の口ではできない芸当ですね

・・・お前の口は人間と大差ない構造のはずだからお前が単に不器用なだけじゃないのか?

 

 

・人面瘡

 

この間にあったポルナレフの妹の仇討ちはこちらを参照してください

上記の記事で割愛しましたが、「次の刺客」はすぐそこに居ました

だとさ、エビシャコ

よく聞いておけ、エビシャコ

 

私がなにか?

・・・・・・・(そっと様子見→ホラー関連なのでそっと退散)

実はこの女性こそ、次の刺客の関連者でした

人体に寄生するスタンド、それが「エンプレス」の能力です

よく怪談の題材になる人面瘡 」とやらか

彼女のおかげで手術しようとした医師は死亡

ジョセフは医師殺しの犯人として追われる羽目に

しかもスタンドを構成するのはジョセフ自身の肉体!

ここで「逃亡者」も入れてきたか・・・

「食事」をして大きくなる「エンプレス」

カラテは基本!!

おいニンジャ

まぁ・・・すべてを利用して

自分より本来はるかに格上の

「柱の男」に勝利した

ジョセフ・ジョースター相手にいつまでも優位に立てるはずもなく

「念写」で地面に描いた地図で街を把握したジョセフに逆転されます

さすが、あのカーズ様をも下した漢です

ハーミットパープルで撃破!

なんと本体はポルナレフと一緒にいた女性でした!

相手が悪すぎたな・・・先に「柱の男」という

絶望的なまでに差がある相手との死闘を繰り広げた戦士が相手ではな・・・

 

・運命の輪

 

「クリスティーン」、あの巨匠スティーブン・キング氏の原作小説が元の映画です

意志(と自動修復機能&自動操縦)を持った赤い車が愛する主のために体を張って自尊心を傷つけた者や主を奪う者に戦いを挑む愛と戦いの物語です

キーワードは「愛のために戦え!」

 

あ~、今更だがエビシャコは本職SFホラークリーチャーだ、人間とは感性がかなり違うからな?

(そんなコイツが異世界のヒューマンの女闘士を見初めたときは何の冗談かと思ったものだ)

 

二人ともどっち向いて何の話をしているのです?

で、そのヤンデレ互いにこじらせた異種族カップルの話と何か関係があるのか?

あるのです

家出娘「アン」も再登場するこの回ですが・・・

ポルナレフが運転する車で一行は旅を続けていました

その時に出会った一台の自動車が・・・・・・・・

ああ、「煽り運転」とやらか?

このメンツに煽り運転する度胸ある人いたらお目にかかりたいものです

アレやる人って大体「見た目弱そうな人間」を狙ってやるそうなので

当たり前ですが判断誤って「暴力の本職」に喧嘩売ってボコボコにされた事例もあるそうで

なんと、自動車の誘導でトラックに激突!

幸い「スタープラチナ」がとっさに殴ったことで互いに大事には至りませんでした

高さはビルぐらいあるのではないか、それを持ち上げて放り入れた棚とやらは?

すばらしい・・・!!

ですがそこに「あの車」が・・・!

この中にスタンド使いが・・・? エビシャコ、はあるか?

「スタープラチナでこの中の一人を殴る”ふり”をする」ですかね?

殴ろうとした相手がスタンド使いならスタンドを出して防御行動を取るでしょう

演技したとしても「目の前に迫るスタープラチナと拳」を前にノーリアクションはまず無理

殴ろうとした相手以外がスタンド使いだったとしても

「スタープラチナの動き」を目で追う奴がいたら、スタンドを見ることができる=スタンド使いと分かります

相変わらずこういう手段を思いつくのは得意だな・・・

承太郎は以前に偽物の船長をとっさの機転で見抜いたので今回も恐らく・・・

 

(ユサユサ)おい、おい?・・・だめだこいつ、完全にフリーズしてしまった・・・

我としても想定外ってレベルじゃない話だぞ?

さっき「余計なトラブルは起こしたくない」って言ったのどこの誰だ?

しかもその場の人間たちは全員「シロ」ときた

(再起動)え~、ジョジョ一行は車を追跡しますが

逆に車の仕掛けた罠にはまります

敵スタンド使いもそこまでは想定していなかったと思いますよ?

相手のドジまでは計算できんぞ、さすがに

花京院の機転で一行は九死に一生を得ます

が・・・真の恐怖はここからです

スタープラチナに殴られ落下した車でしたが・・・

スタンド使いはまだ生きている=スタンドも健在という点

そして「すでにスタンドは目の前に姿を現している」

「それは非スタンド使いのアンであっても目視できるもの」という条件から

承太郎は正解を導き出します

このあたりとか、まさしく「クリスティーン」そのもの!

ただ、「主が認め『美しい』と褒めてくれた従来の自分の姿」にあくまで固執していた彼女と異なり

自在に変形して承太郎たちを追い詰めにかかります!

さらに「なにか」を飛ばして攻撃してきます

コケて置いてきぼりされた彼女でしたが、しっかり助けられました

岩山に上っても「登る」形態に変化

ここで「飛ばしてきたなにか」が「ガソリン」と判明!

承太郎がまず火達磨に!!

が・・・ここで「火をつけるために接近する」というミスを犯してしまいました

この直後、「学ランを脱いで地面に潜っていた」承太郎が出てきます

当然、「車」「スタープラチナの射程圏内」

至近距離でオラオララッシュ炸裂!

たまらず本体は車体から「射出」され、「お仕置き」されてしまいました

直接止めを刺しに来なければ危うかったな

 

 

・ジョセフ・ジョースターの伝説(ラクダさんの悲劇編)

 

エンヤさんとの出会いと別れ調子こき過ぎたダンについてはこちらを参照

ダンを退けて一行は進みますが・・・

ここでジョセフが選んだ交通手段は

ほお・・・ラクダ

エビシャコがこの前、アラブの富豪のパーティーにコレの丸焼きが出てるのを見て

自分もこれを食べたいとか抜かしていたな(笑)

クレスもかなり強い声で私の内側から叫んでいた記憶あるのだけど?

昔やっていた「珍品料理」という番組で出た一品は、

さらに中に羊の丸焼き、

その中には詰め物の入った鳩の丸焼きがありました

お前はその記憶力の良さをもっと別の有意義なことに使ったらどうだ?

「座らせて乗る」までは合っているのですが、

懐いていないラクダのため制御不能・・・

スターダストクルセイダース解散!

終わるな!!

ですが、砂漠にはそこに特化したスタンド使いが待ち伏せていました

夜になっても沈まない太陽・・・この太陽こそが「ザ・サン」のスタンド!

砂漠環境に適応したサソリすら死ぬほどの熱で追い詰め光線で攻撃してきます

ジョセフのラクダも犠牲に・・・!

ジョセフ・ジョースター!!

お前は一体どれだけの命をその手で摘み取れば気が済むのだ!!?

クレス、先ほどからいつもは自分がぶつけられているセリフばかりが口から出ていないか?

ですが、やむなく避難した岩の中で彼らは見つけました

敵の弱点を!!

破壊できるのか、太陽を?

何も言わずこれを見るのです

・・・あ~・・・バカが本体か

ザ・サン終了!

あまりにも哀れすぎるので

本体をお披露目

本当に・・・バカが使い手でなければ恐ろしい相手だったな

能力が優秀でも使い手次第ということだな、技術や知識と変わらん

そして少しは祖父を労わってやれ

 

では、今回はここまで

ではまた

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ