【まんが・コミック感想】ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ギャンブラー兄弟の章 荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

 ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ギャンブラー兄弟の章

 

第3部名勝負を抜粋して記事にしました

今回はダニエル・J・ダービー&テレンス・T・ダービーのギャンブラー兄弟を取り上げます

どどどん

 

 

 ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース ギャンブラー兄弟の章

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

今回は普通にレビューなんだな?

名勝負抜粋編なので・・・ついでに言うと

これ含めてもう一個抜粋編、それと本編記事2つを予定しているのです

まともに書いたらすごく長くなるので工夫して分けてみました

特にアヌビス神はじっくりやりたいので

 

ダニエル・J・ダービーの章

・ギャンブラー・ダービー

 

承太郎たちは・・・

すごく疲れていました

場所はDIO様の拠点の近くで決戦が近いというのもありましたが

タイムリミットも迫っていたのです

刺客たちの妨害はあながち無駄ではなかった、ということか

疲労させることに成功すれば最悪全滅してもDIOがまとめて始末できる可能性が大いにあるからな

とりあえずマスターに言われてのどを潤す一行

あの世界の警察官本当にどうなってるんでしょうね?

お前のご同類がゲゲルしすぎるせいでストレスためているのではないのか?

そして、「DIOの館」の居場所を探し聞き込みをする一行の前に現れた男こそ

ダニエル・J・ダービー

スタンド「オシリス神」の使い手でありDIO様が差し向けた刺客でした

彼の戦闘方法、それはこれまでのスタンド使いたちとは異なるものでした

彼の提案した戦い、それはギャンブル!

ここに、精神を削り合う「心の決闘」ともいうべき屈指の心理戦が幕を開けます!

・vsポルナレフ(ねこちゃんのいうとおり)

あのなぁ・・・なんだこのギャンブル名

そんなの私が勝手につけただけに決まっているのです

なにせダービー兄が即興で出した賭け事なので

ルールは「投げた魚の燻製をそこにいる猫ちゃんが右と左どちらを先にとるか?」という

ごくごくシンプルな物

どうせならもっとましな名前を付けろ;

ともかく、彼の「欲しいもの」に注目いただきたいのです

魂だと? 何に使うのだ?

いやそもそもどうやって扱うつもりだ?

地球人風情が?

なかなか、やりますね・・・(この猫ちゃん)

私も、そうしていましたよ

だろうな、お前が保存食を前にして「どっちか残す」など我も思い浮かばぬ

これがスタンド「オシリス神」か・・・

 死後の再生と生命を象徴する冥府の神の名を冠するスタンドということだな?

ただ・・・この人、スタンド能力使ってまで収集しておいて

「収集するだけ」食べもしなければ引き換えの取引に使いもしないで

ただただ集めるだけです

魔界にも冥界にも行かない悪魔と関係すらない人間が持っていても仕方ないでしょうにね?

さりげなく選択肢に「食べる」が出ているぞお前・・・

 

エビシャコ、お前が変わった石や宝石を集めているのと同じ感覚なのだろう

なるほど、「集めることが目的」ならば「どうして集めるのか?」を問うのは

無粋というもの

(理解の範疇なのか、というか今ので理解したのか)

・vsジョセフ・ジョースター(コイン落とし)

チョコと魚の燻製、あと酒はアラックを・・・

お前は本気を出す場所を間違えている!

そんなことはないのです

エジプトはイスラム圏ではありますがアルコールに寛容な地域ということでも知られています

・・・・・・・・

長くなるのでアラックは後述のオマケコーナーで詳しく・・・

注文の声のトーンマジだったことに突っ込んでいるのだが?

コレが絡んだらそうなる・・・我は付き合いが長いからわかっていた

端的に言うとあきらめろ

実は飼い猫だった猫ちゃんのおかげでダービー兄はまず一勝

次の挑戦者はジョセフ・ジョースター

コルク栓・・・ということはこれはワインですね?

なるほど、たしかにエジプトにおいては古来より

ビールと並んで重宝されてきた酒です

(そこにまず目を付けるだろうとは思った)重宝? ワインは王族だけの嗜好品ではないのか?

いいえ、庶民にも配られていました後になって

理由は「生産量が多すぎて王族たちだけでは飲み切れなくなったため」

そしてビールはより庶民的なお酒であり

ピラミッド建設の労働者に給料として配られていたという記録も残されているのです

もちろん、飲みすぎてダウンとか二日酔いの人もいないわけじゃないみたいで・・・

そう言う理由で欠勤届出したりとか、酔って嘔吐する人の様子なんかも残されていたりします

(こいつはどうしてこういうことにだけ有能さを発揮するんだろう・・・?)

飲み比べ勝負ではないのですか?

それは絶対にない

まぁ、自分の以外持ち歩いている人間は普通いませんからね、って

当たり前だ、ウルトラマンがくっついている人間じゃあるまいし

ジョセフ、脱脂綿で酒を吸い取るというイカサマを発揮・・・

ワムウ様やエシディシ様との戦いで見せた腕は健在!

「柱の男」と比べると絶望感はないな・・・当たり前だが

悪い顔です・・・

しかしこぼれず!

ジョセフの方がこぼしてしまいました

だがしかし、どういうトリックを?

チョコ

拾い食いはやめろ

この馬鹿は放っといて、我はトリックが分かったぞ・・・チョコの融点を利用したのだな!

バレるバレない以前に「これをバレずにしかもできる奴がいるかどうか」という問題があるような・・・

・vs空条承太郎(ポーカー)

おお! ギャンブル定番中の定番が来たな!

あのマルドゥック・スクランブルでもあった名場面だ!

そのうちレビュー追記予定です、ハイ・・・

まぁ当たり前ですけど彼の得意科目です

しかし承太郎もまた腕を見せます!

なるほど、カードを・・・

切る!!

ジェラート、言うと思ったのだけどそういう意味じゃないのです!

あとMS引っ張り出してまで切るってどれだけ大きなトランプを想定してるの?

がしゃどくろ召喚してまでツッコミ入れるお前もお前だぞ

ちなみに

カジノではイカサマを防ぐために長いこと同じトランプの使いまわしはしません

数回使ったら廃棄が基本

目印付ける奴やカードの「クセ」に目星付ける奴が出てくるからな

大金が動くゲームともなればなおさらだ

イカサマに関しては承太郎が厳しくチェック!

さらに念には念を入れます!

ダービー兄はここで本気になります!

ここでルールの提案が

ゲーム開始!

なお、ババ抜きとは別のゲームです

マルドゥック・スクランブルを読むまで混同していたのはたぶんお前だけだぞ

ほぉ・・・強いカードばかりを揃えていますねダービー兄

ですが承太郎は気にせず・・・

あのですね・・・

都合よく強いカードばかり回ってくるのってかなり怪しいのですよ?

だな、どうせ仕込んでいるのだろうが

イカサマするならもっと分かりにくくやるべきだろう

と、ここで承太郎は「アブドゥルの魂」を上乗せ

ダービー兄は一気に止めを刺す機会だと認識

勝負に出ますが・・・

これが墓穴を掘ることに

「この場にいない者の魂を賭けのチップにしてもいい」というルールまで入れてしまいます

すると・・・

承太郎、花京院だけでなく母親の魂までチップに上乗せを開始

ちょっとまて、承太郎も一気に勝負に出る気か?

それ以前に、ダービーの手持ちはそんなにないぞ?

対等の対価が示されなければ賭けは成立せん!

そこが承太郎の狙いでした

さらに、スタンドを動かしてプレッシャーを与えます

一瞬とはいえ「ダービー兄が認識できない動きをした」「動きを見逃した」という

事実を作り上げました

なるほど、ダービー兄は「スタープラチナの動きが早すぎて知覚できなかった」

つまり

「うまく仕込まれたら見抜くことができない可能性がある」わけだな?

「負けるかもしれない」、自信家の自信が揺らぎます

そこへ、駄目押しの一言

「そんなもの知らない」とか「DIO様のスタンドは見たことない」とか

とぼければいいのに、そんなリアクションしたら

「私は知っている」と自白したも同じです

ダービー兄の決断は・・・

ポッキリと心がへし折れたのでゲームセット!

ちなみにダービー兄はしっかり仕込みをしていました

「いかに美しくカードを揃えるか」もまたこのゲームのルールであり競われるポイント

コールされてたら負け確定でしたね

 

 

これはこれで素晴らしい勝負だったな!

まさに「心の削り合い」だ!

こういう戦闘もあるのだな、実に興味深い!

言うまでもなくダービー兄は完全に精神崩壊してしまっており「秘密」を聞き出せない状態に・・・

まぁ「自分の心を壊してでも秘密を守った」という点は評価に値するといえるでしょう

 

・テレンス・T・ダービーの章

・DIO邸の執事

一気に時系列はとんでDIO様の御自宅アポなし突撃訪問のお時間です

人間はそれをカチコミと言う

まずはお庭です・・・手入れがされ珍しい植物が植わっています

お出迎えしたのは執事さん

彼はテレンス・T・ダービー

先のダービー兄のです

ですが、息子を殺されて復讐鬼と化したエンヤさんと異なり

彼は割り切っている様子

なおここに来るまで散々奇襲に近い攻撃を受けまくっている承太郎たちには

本体を見せてその上でスタンドを出すという

ダービー弟のやり方は新鮮な模様

大体の奴は「本体を隠してスタンドだけで攻撃を行う」奴だからな・・・

驚くべきはコレ

「スタープラチナの一撃を予測したうえで見てから回避して見せた」です!

動きを完全に読まねば不可能だ、見てから避けようとしたのでは間に合わん!

スタープラチナの速度は人体の反応速度を上回る、

それに承太郎が直接操作している以上は「避けた方向へ曲げる」事も出来る!

 

・ダービー弟のコレクション

花京院・ジョセフ・承太郎はアブドゥルたちと切り離されてしまいます

送られた先は謎の島

かなり有名人な人なので言うまでもないですが・・・

↓その「2~3人」に含まれるこの人がすごいジョーカーカード

まさに「ラスボス一歩手前の強敵」にふさわしい敵だったな

 

なかなか使える手段だということは理解しています

だ・ろ・う・な

で、彼も兄と同じく魂をコレクション、ただし「人形」に入れています

美味しそうな魂ありましたね、いくらで売ってくれるでしょうか?

まぁ、コレは解き放たん方が地球人社会にとって良さそうではあるな

 

少年にしてはガタイが良すぎないか?

ヒゲだかピアスだかみたいなのもあるし・・・

承太郎と彼↓も高校生なんで・・・ね?

殺人鬼だけ捕まえていてくれてたら評価がどうだったのか気になるところです

例えばチョコラータとか

 

それは・・・評価爆上がりだろうな

 

・vs花京院(カーレースゲーム)

ダービー弟は戦闘相手に花京院を指名します

勝負内容はテレビゲーム!

人形師としても食べていけそうですね彼は

ああ、「F-ZERO」

知っているのかクレス!?

スーパーファミコン用レースゲームだ

エビシャコの好きなミュートシティ

近未来の宇宙で、各惑星に用意されたカーレース場で選手たちが命懸けで競うというストーリーがある

懐かしいですね

お前がソレ口にするのか?(しかも画像間違えてさらりと直しただろ!)

NPCに体当たりしてコースアウトさせようとするわ

ジャンプ台の向こう側に居座って手前の谷へ相手を落とそうとするわ

地雷原にもろとも巻き込もうとするわ散々してたくせに

あのな・・・そういう遊び方するゲームじゃないだろうコレ?

と、とにかくゲームスタート!

花京院、結構このゲームやりこんでいるようですね

これが普通のプレイなんだよ!

NPCを殺すことに執念燃やしてた誰かとは違うに決まっているだろう?

殺意高いエピソードばかり出てくるな、コイツ・・・)

スタンドも出して決意表明までして気合入っています!!

(守る奴と殺す奴の違いだと思う)

さて、同時にインしたこのトンネル

スタッフの悪意がてんこ盛りのコースです

そういえば、昔のゲームって「絶対にクリアさせてやらない」に気合入った

「鬼畜ゲーム」がちらほらあるのですよね・・・

 

そして、この土壇場でダービー弟が仕掛けます

わざと体力を減らして弾かれ易くした上で

わざと弾かれてコースの先のレーンにショートカット!

ああ、「マリオカート」でもそういうテクニックが使えるコースあったな

しかし・・・

失敗すればコースアウトの諸刃の刃、おいそれと使うことはできん

花京院は敗北しました

 

・vs空条承太郎(野球ゲーム)

続いて承太郎、野球ゲームを選択します

このゲーム、選手の顔を自分でデザインできたりとかなり幅広い遊び方ができるものです

デッドボール連発して相手選手を全滅させるゲームと間違えてたのは誰だったかな?

(またか・・・)

さっきから私の黒歴史駄々洩れすぎじゃない?

事実だから仕方ないだろう

さて、こう宣言したジョセフでしたが・・・

 

どうやらぶっつけ本番のご様子

優先順位は「自分よりも友」なところが黄金の精神ですね

ところが

なんとここにきて、スタンド「アトゥム神」のもう一つの能力が発覚

選択式か、まぁ細かく読むのが可能ならば下手するとDIO以上の強敵になるわけだから妥当なところか

そしてここで・・・自慢話をダービー弟は披露

しかし承太郎は冷静に・・・

帽子を外します

ここから承太郎、怒涛の大逆転!!

まぁ・・・分かってしまえば「な~んだ」と思われてしまうトリックですが

単にジョセフが操作をしていただけでした

ダービー兄については承太郎かなり評価しています

彼にしては珍しく・・・

なるほど、ダービー弟は承太郎だけを見ていた

承太郎がイカサマを仕掛けたと分かると見逃さないためにさらに注視を強めた

だから「二人三脚」に気づくことができなかったわけだな

さて・・・・・・・・

ダービー弟はここで素直に「こっそり逃げる」を選択していればまだ良かったかもしれませんが

「背後から襲う」を選択してしまいました

まぁそうなりますよね

スタープラチナの攻撃力を考えると左だろうが右だろうが一発でも食らったら結果は変わらんと思うが・・・

 

 

・(おまけ)アラックとは?

はい、というわけで「アラック」について説明いたします

何と言っても特徴は「酒は基本禁止」である「イスラム圏」で作られているお酒と言うところでしょう

また、エジプトだけでなくイスラエルやパレスチナでも入手が可能

原材料はナツメヤシやブドウなどと言った乾燥地帯でも栽培可能かつ糖度の高い果実です

無色透明ですが水を入れると白濁するという特徴があります

今では「アラック系統」と呼ばれるほどに世界各地で様々な種類が作られています

私の好きな「アブサン」もアラックの一種です

本当に、好きな物の話になるとこいつはペラペラと・・・

 

では、今回はここまで

ではまた

 

 

 

 

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ